高松宮記念 予想考察 米国血統が狙い目

2020年3月23日月曜日

重賞レース考察

t f B! P L

こんにちは。
チェルシーです。
いつも「おっさんず競馬 ラブが、とまらない。」をご覧いただき、ありがとうございます。

先週の阪神大賞典ですが、本命に抜擢した「キセキ」が出遅れの末凡走。

馬券は残念ながらハズレてしまいました。

最近ブログやTwitterで紹介させていただいている予想の調子がかなり悪くなってきています。

個人的にやっている馬券のほうはそこまで調子は悪くないのですが。

そろそろ予想方法を根本的に見直す時期が来ているのかもしれません。

今まで得てきた教訓を活かし、修正を加えていきたいと思っています。



スポンサーリンク

さて今週は春のスプリントG1である「高松宮記念」が行われます。

例のごとく過去のレースから好走の可能性が高い血統を探していきますので、よろしくお願いします。

高松宮記念過去好走馬 血統的特徴とは


高松宮記念は普通に短距離血統が活躍する

高松宮記念はとにかく「ベタな短距離血統」の馬を狙っていくのが有効です。

上の表を見ると、ストームバード系・フォーティーナイナー系・プリンスリーギフト系・ヴァイスリージェント系・ボールドルーラー系といった、米国血統の好走ばかりです。

米国型血統はとにかく短距離が得意なことが特徴です。

高松宮記念も例外ではなく、ベタに短距離血統を狙っていくと馬券的中への近道となるでしょう。

日本の主流血統には厳しいレース

日本の競馬は「サンデーサイレンスの血」を色濃く持つ馬が活躍するのですが、高松宮記念に限ってはそうではありません。

過去5年の高松宮記念で、父か母父がサンデー系の馬が連対したのはのべ3頭のみ。

サンデー系は割引と考えた方が馬券的妙味は高いです。

注目血統No. 1はフォーティーナイナー系

一番の注目血統は「フォーティーナイナー系」です。

過去5年でのべ4頭が連対していて、高松宮記念と非常に相性がいい血統です。

相手にはナスルーラ系と相性がよく、高松宮記念ではニックスとなっていますので、おぼえておいたほうがよさそうです。

高松宮記念血統傾向まとめ

最後に今日紹介させていただいたことを簡単にまとめておきましょう。

  • 米国血統のようなベタな短距離血統が狙い目。
  • 父か母父がサンデー系である主流血統は割引。
  • フォーティーナイナー系の血を持つ馬が過去5年で4頭連対している。


以上のことを踏まえて、現時点でチェルシーが注目している馬をあげておきます。

その馬は
セイウンコウセイです。

幾度となく高松宮記念で好走している馬。
2017年の勝ち馬です。

父はアドマイヤムーンでフォーティーナイナー系。
母父はナスルーラ系です。
先ほどの申し上げた、高松宮記念でのニックス配合です。

とにかく高松宮記念が得意で、前走凡走し人気を落として波乱を演出することがパターンとなっています。

本命にはしにくいですが、馬券のヒモにはおさえておいたほうがいいかもしれませんね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いします!
 

スポンサーリンク

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ