東海S2020の予想を公開 インティは信頼に値するのか?

2020年1月25日土曜日

重賞レース予想

t f B! P L
こんにちは。
チェルシーです。
いつも「おっさんず競馬 ラブが、とまらない」をご覧いただきありがとうございます。

今週はAJCCに力を入れて入れているのですが、今日は東海Sの予想をしてみたいと思います。

東海S2020の1番人気は武豊騎乗のインティになると思うのですが、このインティが少し怪しいかなと思ったので予想をしてみようと思いました。

インティのどこが怪しいのか

わたくしチェルシーがインティの事を怪しい人気馬かなと感じたのは、インティが左回りで最もパフォーマンスを高める馬だと思ったかからです。

成績を見比べると

ダート右回り 4-0-0-3
ダート左回り 3-1-1-0

と右回り左回り関係なく走るように思うのですが、オープンクラス以上の成績に絞って見てみると

ダート右回り 0-0-0-2
ダート左回り 2-1-1-0

と明らかに右回りを苦手としていることがわかります。

実力差の少ない上級クラスでこそ適性の差が明確に出ます。
つまり右回りの4勝は全て下級クラスで勝利したもの。

この馬は東海Sで勝利していますが、それは左回りでおこなわれた中京ダートコースでのもの。
今年は右回りの京都です。

実際に2走前の京都で行われたみやこSでは1番人気に推されながら15着と人気を大きく裏切る形となっています。

以上のことからインティは危険な人気馬だと、わたくしチェルシーは判断しました。

では本命はどの馬から入るかなのですが、チェルシーが本命に推奨したい馬は幸騎手騎乗の「ヴェンジェンス」です。

本命にヴェンジェンスを選んだ理由

ヴェンジェンスを本命に選んだ理由を述べさせていただきます。

まずヴェンジェンスは「カジノドライヴ産駒」であるということです。
カジノドライヴ産駒は京都ダート1800mをかなり得意としていて、実力差のない上位クラスでもたびたび馬券に絡んでいます。
カジノドライヴはエーピーインディ系に属するのですが、この系統自体が京都ダート1800mが得意です。
母父スペシャルウィークということで、ダート1800mをもたせるスタミナもあることがわかります。
この馬自身が得意コースとしていますし、京都ダートコース自体が距離関係なく相性がいいです。

前走のGⅠチャンピオンズカップこそ馬券に絡めませんでしたが、今回と同条件で行われたみやこSは勝利しています。
得意条件にもどる今回、人気を落とすようであればヴェンジェンスは買いだと判断しました。

東海S2020の予想印

◎ ヴェンジェンス
○ スマハマ
▲ アングライフェン
穴 キングズガード

対抗にはスマハマ。
コース相性のいいネオユニヴァース産駒ということと、ハナにいけそうであるという点を評価。
ただインティも逃げるので、展開的に不利かもしれません。

単穴はアングライフェン。
血統的に相性がいいとは言えませんが、みやこS4着という実績と先行脚質でデムーロ騎乗というのが魅力的に映ります。

穴にはキングズガード。
この馬の父はシニスターミニスター産駒で、コース相性のいいエーピーインディ系。
GⅠチャンピオンズカップで掲示板を確保し、2走前のみやこSでも2着という実力の持ち主。
末脚に期待です。

馬券の買い方

馬券はワイドで。
◎→○▲穴
オッズによっては馬連も買うかもしれません。

ワイド中心なのでインティは切ることにしました。

予想の参考にしてみてください!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

ブログ アーカイブ

QooQ