日経新春杯2020の予想 狙いは欧州指向の強い瞬発力タイプの馬!

2020年1月19日日曜日

重賞レース予想

t f B! P L
こんにちは!
チェルシーです。

今日は今週力を入れている「日経新春杯」の予想を書かせていただきます。

年明け名物の難解なハンデ重賞ですが、なんとしても馬券を仕留めておきたいところ。

馬券は「段取り8分、予想2部」ということで、週中は予想へ向けて展望記事を書き入念な準備をしてきました。

【参考記事】
日経新春杯2020はどういったレース展開になるのか?脚質や上がり3Fについて調べました
日経新春杯2020の注目血統とは?過去の好走馬などから分析をしました
日経新春杯2020で期待できる騎手とは?

今から書かせていただく予想の根拠は上記の記事に詰まっています。
まだ読まれていない方は一読されることをおすすめします。

狙いはサンデーの血を持つ欧州指向の強い馬。
スローペースになっても差しが有利なレースなので、速い上り3Fタイムが出せる差し馬。
こんな感じです。

今回印を打った馬は4頭です。

本命はアフリカンゴールド

父はステイゴールドで、スタミナ豊富なサンデー系種牡馬。
母父がミスプロ系なのでスピードとスタミナのバランスが取れた血統です。

33秒台の脚が使える瞬発力が持ち味で、中団から競馬をすることが得意な差し馬です。
メンバー構成を見てもスローペースになることが濃厚とチェルシー的には見ていて、この馬にアドバンテージのある展開になるでしょう。

鞍上がルメールから福永に替わるのは不安に思えますが、福永は日経新春杯の舞台である「京都芝2400m」を得意としています。
今年は調子が悪いですが、土曜日は何度も馬券に絡んでいるので復調気配です。

正直前走と比べてメンバーレベルは低いので、ここは最低でも馬券圏内を確保しておきたい馬。
人気もそこそこなので、ここが狙い時の馬と見て本命に抜擢します。

対抗はレッドジェニアル

日経新春杯でスローペースになるとキングカメハメハ産駒が活躍することが過去の傾向から見て取れます。

当馬の父はキングカメハメハなので、血統的には必ず押さえておきたい馬。
母父もTサンデー系のマンハッタンカフェなので、このレースにはピッタリです。

騎手も京都芝2400mが得意な好調騎手である「武」。
瞬発力もあるので本命でもよかったのですが、1番人気では買いづらいので対抗までとしました。

予想印まとめ

◎ アフリカンゴールド
○ レッドジェニアル
▲ サトノガーネット
☆ モズベッロ

3番手のサトノガーネットは出るレースのほとんどが上り3Fタイム順位が1位か2位と瞬発力に特化した馬で当レースにはピッタリ。
騎手も好調の坂井で京都芝2400mは経験こそ少ないが高い好走率を誇ります。
高配当を演出してほしいです。

モズベッロの池添は京都芝2400mで回収率が高く好走率も高い。
重賞に強い勝負強い騎手ですし、こちらの記事でも紹介しましたが信頼性の高い騎手です。
軽斤量のディープブリランテ産駒で一発を期待。
ただ思ったより人気になってしまいました。

最後に馬券の買い方

今回は人気が割れていることも考慮し、馬連とワイドを駆使したいと思います。

【馬連】
◎-○ 200円
◎-▲☆ 各100円
【ワイド】
◎-▲☆ 各100円

合計600円で勝負します!

ハンデ戦ということでとても難解なレースです。
高配当も期待できると思うので、なんとか的中させて回収率アップといきたい所です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

ブログ アーカイブ

QooQ