AJCC2020 予想オッズ1番人気の「ブラストワンピース」を考える

2020年1月23日木曜日

重賞レース考察

t f B! P L
こんにちは。
チェルシーです。
いつも「おっさんず競馬 ラブが、とまらない」をご覧いただきありがとうございます。

今週はAJCCに力をいれています。

これまでにレース展開と血統についての記事をあげてきました。

今日は上記記事を参考に、ブラストワンピースについて考えていきたいと思います。

ブラストワンピースは今年のAJCCて1番人気になることが予想されます。

馬券を買う上で1番人気馬の取捨選択はとても大切です。

チェルシーなりの見解を述べさせていただきますので宜しくお願いします。

ブラストワンピース基本データ

馬名︰ブラストワンピース
父︰ハービンジャー(ダンジグ系)
母︰ツルマルワンピース
母父︰キングカメハメハ(キングマンボ系)
馬主︰シルクホースレーシング
生産者︰ノーザンファーム
戦績︰11戦6勝(6-0-0-4)
主な勝鞍︰有馬記念(GⅠ)・札幌記念(GⅡ)・新潟記念(GⅢ)・毎日杯(GⅢ)

ブラストワンピースの戦績

ブラストワンピースは新馬戦デビューから2連勝を飾り、続く重賞毎日杯も勝利。
次走の日本ダービーでは2番人気に支持されるも、5着と競馬ファンを裏切る形となりました。
その年の菊花賞では1番人気に支持されましたが4着とまたも馬券に絡むことができませんでした。
その後の有馬記念では3番人気と人気を落としましたが見事勝利。グランプリホースとなりました。
ですが次の年の大阪杯が6着、目黒記念で8着(いずれも1番人気)と馬券には絡めず。
次走人気を3番人気に落とした札幌記念で勝利。

とにかく最近は人気になる馬券圏内を外し、人気を落とすと馬券圏内に来るという、数多くの競馬ファンを惑わせているお馬さんです。

チェルシー自身もこの馬の馬券的扱いには非常に苦労しているイメージがあります。

馬券に絡むときは1着のみ。
勝つか負けるかがはっきりしているというのも、この馬の大きな特徴です。

ブラストワンピースは今年のAJCCで有力なのか?

こちらの記事でAJCCは基本的に上がりがかかるレースであると書きました。

ブラストワンピースは上がりがかかるレースで好走してきているので、そういった意味では今年のAJCCで馬券になる可能性は高いと思います。

ですが今年のメンバー構成で見るとスローペースになることが濃厚で、そうなると多少のスピード要素も求められるとも書きました。
そういった点で捉えると、ブラストワンピースには不向きなレース展開になると言えるでしょう。

血統的にもダンジグ系のハービンジャー×キングカメハメハという配合なので、もう少し欧州型のような重厚感がほしいところ。

例年のような上がりのかかるレースであれば厚い印を打つのはアリかと思いますが、昨年のようなスローペースになると押さえまでといったところでしょう。

勝つか馬券外かというはっきりとした馬なので、単複やワイドを買う方は消しでもいいかもしれませんね。

結論的にはチェルシー的なブラストワンピースの評価は「軽視もしくは消し」ということで締めさせていただこうと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

ブログ アーカイブ

QooQ