天皇賞春の予想を公開 波乱を演出する馬は?

2020/05/03

重賞レース予想

t f B! P L

こんにちは。
チェルシーです。
いつも「おっさんず競馬 ラブが、とまらない。」をご覧いただき、ありがとうございます。

今日は天皇賞春の予想をお送りしたいと思います。

今年の天皇賞春は小粒なメンバー構成となってしまいましたが、馬券的にはすごく妙味のあるレースだと思っています。

馬券をしっかりと的中させて、春のGⅠ戦線に勢いをつけていきたいと思います。

予想印

まずは予想印から。

◎モズベッロ
◎トーセンカンビーナ
△ダンビュライト
△メロディーレーン
△フィエールマン

本命は人気薄のモズベッロトーセンカンビーナから入ることにします。

それではなぜこの2頭が本命なのかを説明させていただきます。

本命1 モズベッロ


本命馬1頭目はモズベッロです。

モズベッロの血統構成は父ディープブリランテ、母父が米国型血統のストームバード系、母母父がヘイロー系とスピードに特化した血統構成となっています。
天皇賞春は3200m戦で長距離レースなのですが、京都の芝コースは馬場が軽いので求められる能力はスタミナでなくスピードです。

例としてモズベッロの京都芝コースの成績は3-1-0-1
前々走は京都芝コースで行われる日経新春杯で勝利するなど、卓越した京都芝コースの適性を持っています。

もちろん速い上りにも対応可能ですので、能力適性面で抜群の相性であるモズベッロを本命馬の1頭目に指名します。

本命2 トーセンカンビーナ


本命馬2頭目はトーセンカンビーナです。

トーセンカンビーナの血統構成は父ディープインパクト・母父ミスプロ系で、天皇賞春の好走血統ド真ん中です。
先程も申し上げましたが、天皇賞春で好走するために重要な要素となるのはスピード。
ディープ×米国型のミスプロ系ならピッタリです。

昨年6番人気2着となったグローリーヴェイズもディープ×ミスプロ系という血統構成で天皇賞春の波乱を演出してくれています。

枠順も最高で相性の良い社台系生産馬でもありますし、鋭い瞬発力も魅力的なトーセンカンビーナを本命馬2頭目に抜擢します。

△1 ダンビュライト

相手1頭目はダンビュライトです。

この馬の好走パターンは休み明け京都芝コースでのレースです。

休み明け成績は1-2-1-4と好走率が高く、前走京都大賞典で3着になったときも長期休養明けでの2着でした。

気性に問題があると思われるからだと思いますが、今回は去勢してのレースに臨みますし、大きな変わり身が期待できるとして相手に抑えることにしました。

△2 メロディーレーン

相手2頭目はメロディーレーンです。

この馬はとにかく長距離レースでの安定感が抜群です。

GⅠ菊花賞とGⅡ阪神大賞典でも掲示板を確保していてることからも、長距離レースが得意であるというのが証明されています。

馬体重が350kgを切る超小型馬ですが、天皇賞春は馬体重が重いより軽い馬が有利なレースです。

牝馬で馬体重が軽い事から、今回外枠に入ることが出来たのも大きなプラスになると考え、相手におさえることにします。

△3 フィエールマン

相手3頭目はフィエールマンです。

今回ダントツの1番人気になりそうで、チェルシーも本命にすることをかんがえたのですが、やはり大外枠を引いてしまった事は気になります。

しかし過去のレースを見ると外枠は苦にしていませんし、昨年の当レースでも7枠10番という外枠からのレースで勝利しています。

はっきり言ってメンバー中戦ってきた相手も違うと思いますので、相手に抑えておくことにしました。

予想の根拠

今回の予想の根拠について詳しく知りたい方は、下記リンクをクリックもしくはタップしていただくとチェルシーの考えを書いた記事を見ることができます。
是非参考にしてください。

消した人気馬 キセキ ユーキャンスマイル

今回は人気馬で印を打たなかった馬についても触れておきます。

キセキ

キセキはやはり最近の出遅れ癖が気になります。

チェルシーの経験上出遅れ癖がついてしまった馬はなかなか元には戻れないと思っています。

父ルーラーシップの現役時代もこんな感じでしたし、ルーラーシップと違ってキセキは逃げてこその馬。

今回も出遅れると致命的だと思うので印は打ちませんでした。

ユーキャンスマイル

ユーキャンスマイルも印を打ちませんでした。

理由としては、この馬は少し間隔をあけてレースを使った方がいい傾向があるからです。

特に大きなレースで好走しているときは、ほぼ休み明けです。

今回は間隔も詰まっていますし、鞍上も急遽変更となったことから、あまりにもマイナス要因が多すぎます

昨年の天皇賞でも馬券に絡めていませんし、今回は印を打つのをやめておくことにします。

馬券の買い方

馬券は最近多用している「穴馬2頭軸ワイドフォーメーション」です。

◎◎→△△△

計6点で勝負します。

本命馬同士の組み合わせを買わない特殊な買い方となっていますが、その意図は下記の記事に書いてあります。
非常に有効な買い方なので、お時間のあるかたは是非覗いて見てください。

最後に

今年の天皇賞春は波乱がおこるとの見立てで予想しました。

予想を公開させていただいている身として、ブログに書いた予想は是非的中させておきたいところです。

今日書いた記事がお役に立つことが出来れば、本当にうれしいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いします!
 

スポンサーリンク

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

ブログ アーカイブ

QooQ