オークス(優駿牝馬)2020予想にむけて 血統傾向について考察

2020/05/19

血統講座 重賞レース考察

t f B! P L

こんにちは。
チェルシーです。
いつも「おっさんず競馬 ラブが、とまらない。」をご覧いただき、ありがとうございます。

不振を極めています。

先週のヴィクトリアマイルも残念な結果に。

今週はオークス

気合いを入れて考察していきます。

今日はチェルシーの予想の軸である血統について、過去の傾向を見ていくのでよろしくお願いします。

過去5年オークス好走馬血統能力バランス

まずは過去5年オークスで馬券になった馬の血統能力バランスを見ていきます。

着順人気馬名瞬発SPST

2019
11ラヴズオンリーユー231
212カレンブーケドール231
32クロノジェネシス042

2018
11アーモンドアイ222
24リリーノーブル132
32ラッキーライラック231

2017
11ソウルスターリング042
26モズカッチャン132
32アドマイヤミヤビ231

2016
11シンハライト204
22チェッキーノ222
35ビッシュ222

2015
13ミッキークイーン231
21ルージュバック231
36クルミナル213

上の表を見てわかるのは、SP値が一番重要であるということ。

オークスはラスト4Fのロングスパート勝負になりやすいので、スピードの持続力勝負に長けた馬が好走しやすいのでしょう。

ただ2016年のようにラスト3F勝負になったときは最低でも瞬発値が2以上欲しいところですが、基本的にはロングスパート勝負に強いSP値が高い馬を狙いたいですね。

穴馬の傾向としてもSP値が3以上の馬がほとんどなので、この傾向は頭に入れておいた方がいいです。

過去5年好走馬の血統構成

着順人気父馬母父馬

19年
11ディープインパクトStorm Cat
212ディープインパクトScat Daddy
32バゴクロフネ

18年
11ロードカナロアサンデーサイレンス
24ルーラーシップクロフネ
32オルフェーヴルFlower Alley

17年
11FrankelMonsun
26ハービンジャーキングカメハメハ
32ハーツクライクロフネ

16年
11ディープインパクトSingspiel
22キングカメハメハサンデーサイレンス
35ディープインパクトAcatenango

15年
13ディープインパクトGold Away
21マンハッタンカフェAwesome Again
36ディープインパクトCandy Stripes

ではどんな血統を狙えばいいのかですが

SP値が高いのは基本的に米国型血統です。

上の表ですと、水色と緑色で記されている種牡馬です。

特に水色の米国型ノーザンダンサー系が強いですね。

父はディープインパクトが圧倒的に馬券になっています。

キングカメハメハ・ルーラーシップ・ロードカナロアといったキングマンボ系も良い成績を収めています。

父はベタに日本競馬の主流血統を狙っておけば問題なさそうです。

まとめ

  • 血統能力バランスはSP値が高い馬に注目
  • 血統的にSP値が高い米国型血統が狙い目
  • 特に米国型ノーザンダンサー系が相性よし
  • 父ディープインパクトが得意としているレース
  • 主流血統が強い

次回はオークス2020の有力馬について見ていきます。
またご覧ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
少しでもランキングを上げて、たくさんの人に読んでいただきたいと思っています。
よろしければ応援の意味もこめてワンクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

ブログ アーカイブ

QooQ