オークス(優駿牝馬)予想|登録馬考察① デアリングタクト デゼル クラヴァシュドール

2020/05/20

重賞レース考察

t f B! P L
こんにちは。
チェルシーです。
いつも「おっさんず競馬 ラブが、とまらない。」をご覧いただき、ありがとうございます。

今日はオークスの有力馬について、考察していきます!

オークス(優駿牝馬)有力馬考察

デアリングタクト

父:エピファネイア 母父:キングカメハメハ
瞬発:1 SP:2 ST:3

桜花賞では重馬場も苦にせず、上がり最速の36.6秒の脚で豪快に勝利しました。

このレースの上がり3Fタイム2位はクラヴァシュドールの37.1秒。

上がり3Fタイムで0.5秒の差をつけていることから、能力の違いを見せつけたことがわかります。

ただこの時の馬場状態は重馬場。

父エピファネイアという点からもオークスのポイントとなる速い上がり3Fタイムが良馬場で出せるかは疑問です。

馬券的には押さえることになりますが、1番人気になるでしょうし、本命にはしづらい印象です。

デゼル

父:ディープインパクト 母父:Le Havre 
瞬発:2 SP:1 ST:3

前走スイートピーSでは上がり32秒台の豪脚で勝利。

ディープインパクト産駒らしい瞬発力を見せてくれました。

ただ母父が欧州型ナスルーラー系なので、血統能力バランスとしては少しスタミナに寄っています。

大幅に相手強化となりますので、通用するかどうかはやってみないとわからないところがあります。

鞍上がレーンということで人気しそうなので、今のところ本命にはしづらいというのが正直なところです。

クラヴァシュドール

父:ハーツクライ 母父:Giant's Causeway
瞬発:2 SP:3 ST:1

前走の桜花賞では4着と馬券圏内とはいきませんでしたが、最後の直線で不利な内をついたことが敗因であることはハッキリしています。

それでいて上がり3Fタイムは2位でしたので、外から差すことができていれば、間違いなく勝ち負けだったでしょう。

血統的にもSP3・瞬発2でオークスにはピッタリ。

重賞実績馬ですし、初重賞制覇がオークスになる可能性は十分にあると思います。

調子のいいデムーロが引き続き鞍上である点も心強いですね。

登録馬考察まとめ

デアリングタクトは良馬場になってどうなのかが問題。
血統的にもタフな馬場が良さそうなので、疑ってかかってみたい。

デゼルは重賞を経験していない点と、レーン人気になりそうな点が不安材料。

ということで人気どころで狙ってみたいのはクラヴァシュドールです。

デムーロが勝つ所が見たい!

参考記事

オークスの血統については、上記記事が参考になります。
一度ご覧ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
少しでもランキングを上げて、たくさんの人に読んでいただきたいと思っています。
よろしければ応援の意味もこめてワンクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

ブログ アーカイブ

QooQ