阪急杯の予想へ向けて 血統とレース展開のデータを考察

2020年2月27日木曜日

重賞レース考察

t f B! P L

こんにちは。
チェルシーです。
いつも「おっさんず競馬 ラブが、とまらない。」をご覧いただき、ありがとうございます。


スポンサーリンク


今日は今週の日曜日に行われる「阪急杯」の血統とレース展開データを紹介させていただきます。

馬券的中のヒントにしてみてください。

阪急杯で活躍してきた血統とは

2019年父(父系統)母父(母父系統)
1
スマートオーディン
ダノンシャンティAlzao
Pサンデー系リファール系
2
レッツゴードンキ
キングカメハメハマーベラスサンデー
キングマンボ系サンデー系
3
ロジクライ
ハーツクライMachiavellian
Tサンデー系ミスプロ系
2018年父(父系統)母父(母父系統)
1
ダイアナヘイロー
キングヘイローグラスワンダー
リファール系ロベルト系
2
モズアスコット
FrankelHennessy
サドラーズウェルズ系ストームバード系
3
レッドファルクス
スウェプトオーヴァーボードサンデーサイレンス
フォーティーナイナー系サンデー系
2017年父(父系統)母父(母父系統)
1
トーキングドラム
キングカメハメハサンデーサイレンス
キングマンボ系サンデー系
2
ヒルノデイバロー
マンハッタンカフェGo for Gin
Tサンデー系
3
ナガラオリオン
アドマイヤマックストワイニング
Pサンデー系フォーティーナイナー系
2016年父(父系統)母父(母父系統)
1
ミッキーアイル
ディープインパクトRock of Gibraltar
ディープ系ダンジグ系
2
オメガヴェンデッタ
ゼンノロブロイホワイトマズル
Tサンデー系リファール系
3
ブラヴィッシモ
Fastnet RockSadler's Wells
ダンジグ系サドラーズウェルズ系
2015年父(父系統)母父(母父系統)
1
ダイワマッジョーレ
ダイワメジャーLaw Society
Pサンデー系
2
ミッキーアイル
ディープインパクトRock of Gibraltar
ディープ系ダンジグ系
3
ローブティサージュ
ウォーエンブレムSingspiel
ミスプロ系サドラーズウェルズ系

上の表は過去5年における阪急杯で3着以内に入った馬の血統構成をまとめたものです。
馬名が赤字になっている馬は4番人気以下の人気薄となっています。

阪急杯で好走するには欧州の血を持っているかどうかが重要となります。

サンデー系ならスタミナ型のTサンデー系。
あとは欧州型ノーザンダンサー系であるサドラーズウェルズ系・リファール系。
キングカメハメハ・ルーラーシップ・ロードカナロアに代表されるキングマンボ系も欧州血統です。

サンデーの血もあったほうが有効。

阪急杯の血統的ポイントは「欧州の血」と「サンデーの血」を持っていることです。

阪急杯のレース傾向は?

2019年良馬場Mペース
着順馬名脚質上り3F上り順位
1スマートオーディン追込33.41
2レッツゴードンキ先行34.67
3ロジクライ差し34.55
2018年良馬場Mペース
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ダイアナヘイロー逃げ34.616
2モズアスコット差し33.73
3レッドファルクス追込33.41
2017年良馬場Hペース
着順馬名脚質上り3F上り順位
1トーキングドラム差し35.31
2ヒルノデイバロー差し35.31
3ナガラオリオン追込35.31
2016年良馬場Hペース
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ミッキーアイル逃げ34.712
2オメガヴェンデッタ差し34.37
3ブラヴィッシモ先行34.48
2015年不馬場Hペース
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ダイワマッジョーレ追込36.11
2ミッキーアイル先行36.53
3ローブティサージュ差し36.32

上の表は過去5年における阪急杯のレース展開に関するデータをまとめたものです。

阪急杯のレース展開データを見ての第一印象は、差し馬が有利であることです。
レースはハイペースになることがほとんどで、上がりがかかるレース展開になりやすいようです。
そのことが差し有利になる要因として考えられます。

スピード能力よりもタフなレースに耐えうるスタミナが重要なレースであることを表していて、欧州血統が活躍することとリンクしています。

阪急杯データ考察まとめ

今日阪急杯についてわかったことは、短距離線ながらスタミナがより重要なレースであるということです。

上がりもかかりますし、とにかくタフなレースで実績のある馬や、スタミナ豊富な血統の馬を狙うことが馬券的中への近道であると思います。

中山記念データ考察記事


同じ日に行われる中山記念のデータ考察記事もアップしています。
興味のある方はこちらもお読みいただければと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いします!
 

スポンサーリンク

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

ブログ アーカイブ

QooQ