フェブラリーS予想 中波乱がおこると思います

2020年2月23日日曜日

重賞レース予想

t f B! P L

こんにちは。
チェルシーです。
いつも「おっさんず競馬 ラブが、とまらない。」をご覧いただき、ありがとうございます。

今日はフェブラリーSの予想をお送りします。
今週1週間、血統やレース展開など様々なデータを分析してきました。
それらのデータをもとに予想を行いますので、皆さんの馬券検討の参考になればと思っています。

【フェブラリーS 関連記事】
1.レース展開に関する記事
2.血統に関する記事
3.人気馬モズアスコットに関する記事
4.騎手に関する記事

上記の記事が今週やってきたフェブラリーSの展望記事となっています。
リンクをタップまたはクリックしていただきますと記事をご覧になることができますので、興味のある方は是非ともご覧いただければと思います。

簡単にまとめますとレース展開はハイペースになることが多く、それでいて速い上がり3Fタイムが求められる、スピードとスタミナの総合力が必要なレース。

サンデー系など日本の主流血統はあまり好走しておらず、米国型血統が過去に大活躍しています。

500kgを超える雄大な馬体を持つ馬が強く、ある程度の馬格は必要です。

以上のことを参考に予想を組み立ててみました。

フェブラリーS 2020 予想

それではまずチェルシーの予想印からご覧いただきましょう。

フェブラリーS 予想印

◎ インティ
△ ヴェンジェンス
△ キングズガード
△ モジアナフレーバー

本命はインティ

フェブラリーS2020の本命はインティです。

父はケイムホーム、母父はノーザンアフリートという配合で、父・母父共にミスプロ系というバリバリのアメリカン血統です。
フェブラリーSは米国型血統が活躍しますので、血統的には問題なし。
というより昨年の当レース覇者なので、レース適性の高さはすでに証明済みです。

昨年は連勝中の勢いそのままに当レースを勝利。
今年は昨年ほどの勢いを馬柱上では感じませんが、クリソライトが勝った先日のチャンピオンズカップで3着と、ダート界ではトップクラスであることを証明しています。

クリソライト・ゴールドドリームなどダート界のスターホース達が不在の今年のフェブラリーSでは、この馬が一枚板抜けているのではないでしょうか。

絶好調の鞍上「武豊」とともに、フェブラリーS連覇に期待します。

相手にはヴェンジェンス・キングズガード・モジアナフレーバーの3頭

相手には「チェルシー式穴馬指数」が高い3頭をチョイス。

ヴェンジェンスは東海Sでインティに先着。上がり上位の脚も使いましたし、直線の長い東京へのコース替わりは間違いなくプラス。

キングズガードもチャンピオンズC・東海Sで連続して掲示板を確保。格上感があるように感じますが、全く人気がないので狙ってみたいと思います。

モジアナフレーバーは東京大賞典3着の実績を評価。
末脚もありますし、一発に期待しています。

馬券の買い方

今回も予算は600円で勝負します!

ワイド

◎→△3頭 各200円

まとめ

今年のフェブラリーSは人気馬だけでの決着はないと見ています。

最近のダート界では地方競馬所属の馬も大活躍し、中央競馬所属の馬を破る馬さえ出ているほどです。

地方競馬好きのチェルシーにとって、地方馬がフェブラリーSを勝つことは非常に嬉しいことです。

馬券は中央の馬を軸に買っていますが、地方馬も一生懸命応援したいと思っています。


それではレースを楽しみましょう!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いします!
 

スポンサーリンク

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

ブログ アーカイブ

QooQ