フェブラリーS モズアスコットを考える

2020年2月20日木曜日

重賞レース考察

t f B! P L

こんにちは。
チェルシーです。
いつも「おっさんず競馬 ラブが、とまらない。」をご覧いただき、ありがとうございます。

今週はフェブラリーSに力をいれてやってきていますが、今日は人気馬を考察します。
いつもなら一番人気を取り上げるのですが、今回は芝短距離戦線からダート戦線に乗りこみ、前走の根岸S(G3)を初ダートながら制した「モズアスコット」について見ていきたいと思います。

【フェブラリーS 関連記事】
1.レース展開に関する記事
2.血統に関する記事

今日紹介させていただくモズアスコットに関するチェルシー的見解は、上記記事をもとに分析しています。
まだご覧になられていない方は一読していただくことで、より理解が深まるかと思います。
是非ご覧になってみてください。

モズアスコット 基本データ

馬名モズアスコット
騎乗騎手ルメール
Frankel(サドラーズウェルズ系)
India
母父Hennessy(ストームバード系)
馬主キャピタル・システム
生産者Summer Wind Farm
戦績総合戦績6-5-0-9
重賞成績
根岸S(G3)1着 安田記念(G1)1着
スワンS(G2)2着 マイラーズC(G2)2着

モズアスコットの特徴

モズアスコットは父フランケル・母父ヘネシーという欧州型×米国型の血統配合のお馬さんです。
芝短距離戦線で大活躍してきた馬で、2018年連闘で臨んだ安田記念を制したことで有名です。
その他重賞でも何度も好走してきた実力馬で能力の高さは間違いありません。

ただ最近は絶頂時の安定感がなくなりダートレースに転戦。
初ダートで臨んだ根岸S(G3)を制し、今年のフェブラリーSで一躍有力馬となっています。

モズアスコットはフェブラリーSで活躍できるのか

結論から申し上げますと、モズアスコットは今年のフェブラリーSで人気馬にふさわしくないと、チェルシー的には思っています。

フェブラリーSはスピードだけでなくスタミナも問われるタフなレースです。
ダート経験が少なく距離延長ローテで臨む臨戦過程は、間違いなくこの馬にとってキツイ状況となるでしょう。

父フランケルは欧州型の種牡馬で、自身のキャリアでも芝1600m、1400mで全勝した名馬です。
サドラーズウェルズ系で自身の母父もダンジグ系であることから、ダートに対する適性は低いという見解です。
母父は米国型ノーザンダンサー系ですが、チェルシーが適性を測るときは父を重視しますので血統的な評価はあまり高くありません。

名手ルメールが騎乗しますが、さすがにここは厳しいのではないでしょうか。

差し脚質ということで展開は向きそうですが、一番人気を争うほどの人気となると正直手を出しにくいかなというのが正直なところです。

三連複・三連単を買うなら必ず印を回しておきたいところですが、複勝・ワイドといったシンプルな馬券で勝負するチェルシーなら、馬券的には消しという選択肢も頭の中に入れています。

以上が今年のフェブラリーSで、皆さんの頭を悩ませている「モズアスコット」に関するチェルシー的見解でした。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!


ブログランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いします!
 

スポンサーリンク

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

ブログ アーカイブ

QooQ