毎日王冠2019 レース展開と騎手データを分析します

2019年10月4日金曜日

重賞レース考察

t f B! P L

こんにちは。
チェルシーです。

わたくしチェルシーが1番重視している予想ファクターは「血統」なのですが、次に重視している予想ファクターは「展開」と「騎手」です。

今日はこの2つのファクターの傾向を紹介させていただこうと思います。

毎日王冠の展開

天皇賞秋・マイルチャンピオンシップへと繋がる重要なレースである毎日王冠。
どんなレース展開になるのでしょうか。

毎日王冠好走馬の脚質傾向

着順人気馬名脚質
18年良
11アエロリット逃げ
23ステルヴィオ差し
36キセキ先行
17年良
13リアルスティール差し
25サトノアラジン差し
34グレーターロンドン追込
16年稍
11ルージュバック追込
23アンビシャス追込
311ヒストリカル追込
15年良
11エイシンヒカリ逃げ
24ディサイファ差し
37イスラボニータ差し
14年良
18エアソミュール差し
211サンレイレーザー逃げ
35スピルバーグ差し

毎日王冠は馬場の良い開幕週に行われるにもかかわらず差し追込が馬券の中心です。
人気薄好走馬もほとんとが差し追込。
ただ昨年は逃げ先行が1着3着となっていますので、馬場傾向の読みは必要です。

毎日王冠好走馬の上がり3Fタイム

着順人気馬名上3F
18年良
11アエロリット33.8
23ステルヴィオ33.2
36キセキ33.9
17年良
13リアルスティール32.8
25サトノアラジン32.6
34グレーターロンドン32.6
16年稍
11ルージュバック33.4
23アンビシャス33.6
311ヒストリカル33.6
15年良
11エイシンヒカリ34.0
24ディサイファ33.6
37イスラボニータ33.7
14年良
18エアソミュール33.3
211サンレイレーザー34.3
35スピルバーグ33.2

先程も申し上げましたが、毎日王冠は開幕週に行われるため速い上がり3Fタイムへの対応力が必要です。
上の表を見ていただければわかりますが、好走馬のほとんどが33秒台の上がり3Fタイムを使っており、時には32秒台と究極の上がり勝負となることもあります。
瞬発力が必須のレースです。

騎手について

馬を動かすことのできる唯一の存在である「騎手」。
とても重要な予想ファクターです。
騎手データは「コース成績」と「近走成績」の2点を紹介させていただきます。

東京芝1800mが得意な騎手とは

騎手着度数勝率複率単回複回
戸崎圭太19-12-13-4322%51%134112
津村明秀3- 4- 2-1314%41%132144
福永祐一3- 3- 3-2010%31%2051
北村宏司7- 3- 6-3614%31%13265
柴田大知2- 7- 8-453%27%1475
内田博幸4- 3- 6-437%23%2044
幸英明0- 0- 0- 10%0%00
※データ条件:過去3年 単勝オッズ1~50 レース数6戦以上
東京芝1800mは戸崎と津村に注目です。
二人とも高い好走率と回収値を誇っています。
特に戸崎は複勝率が51%と2回に1回は馬券になる計算。
馬券には入れておいたほうが良さそうですね。

好調な騎手は

騎手着度数勝率複率単回複回
戸崎圭太2- 3- 3- 713%53%3884
岩田望来2- 0- 0- 433%33%33580
福永祐一1- 1- 1- 89%27%3460
幸英明1- 0- 0- 517%17%13353
北村宏司0- 0- 1- 80%11%016
内田博幸0- 0- 1- 90%10%035
※データ条件:過去7日間 単勝オッズ1~50 6レース以上騎乗
先週の競馬では戸崎騎手が好調でした。
勝利数こそ少ないものの高い複勝率で馬券を買う私達を喜ばせてくれた存在です。
勢いに乗っている可能性がありますので、今週は注意が必要です。

まとめます

今日はレース展開と騎手についてデータ分析を行い傾向を読み解いてきました。
簡単にですがまとめておきます。
  • 基本差し追込が有利だが近年は先行が有利になっている。馬場状態の見極めが必要。
  • 上がり3Fタイム33秒台の脚が使える瞬発力が必要。
  • 1番のオススメ騎手は戸崎。津村は東京芝1800mが得意。
以上の3点を重視して予想をしていきたいと思います。
参考にしてみてください!

スポンサーリンク

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

ブログ アーカイブ

QooQ