菊花賞は単純に長距離血統を狙えばいいとは限らない

2019年10月15日火曜日

重賞レース考察

t f B! P L
こんにちは。
チェルシーです。

先週予想させていただいた秋華賞はなんとか的中。
穴予想をした府中牝馬Sでも本命にしたスカーレットカラーが1着(結果的には人気になりましたが)。
月曜日にはドライブがてらに京都競馬場にいき力試しをしてきましたが、現地でも回収率約400%と絶好調の週となりました。
今週の菊花賞もこの調子を維持し良い結果となるように頑張ってデータ分析をしていきます。

今日はその菊花賞の血統データについて分析をし傾向をつかんでいきたいと思っています。

菊花賞過去好走馬の血統構成

2018年父(父系統)母父(母父系統)

1

フィエールマン
ディープインパクトGreen Tune
ディープ系ニジンスキー系

2

エタリオウ
ステイゴールドCactus Ridge
Tサンデー系ストームバード系

3

ユーキャンスマイル
キングカメハメハダンスインザダーク
キングマンボ系Tサンデー系
2017年父(父系統)母父(母父系統)

1

キセキ
ルーラーシップディープインパクト
キングマンボ系ディープ系

2

クリンチャー
ディープスカイブライアンズタイム
Dサンデー系ロベルト系

3

ポポカテペトル
ディープインパクトMr. Greeley
ディープ系ミスプロ系
2016年父(父系統)母父(母父系統)

1

サトノダイヤモンド
ディープインパクトOrpen
ディープ系ダンジグ系

2

レインボーライン
ステイゴールドフレンチデピュティ
Tサンデー系ヴァイスリージェント系

3

エアスピネル
キングカメハメハサンデーサイレンス
キングマンボ系サンデー系
2015年父(父系統)母父(母父系統)

1

キタサンブラック
ブラックタイドサクラバクシンオー
Tサンデー系プリンスリーギフト系

2

リアルスティール
ディープインパクトStorm Cat
ディープ系ストームバード系

3

リアファル
ゼンノロブロイエルコンドルパサー
Tサンデー系キングマンボ系
2014年父(父系統)母父(母父系統)

1

トーホウジャッカル
スペシャルウィークUnbridled's Song
Tサンデー系ミスプロ系

2

サウンズオブアース
ネオユニヴァースDixieland Band
Dサンデー系ノーザンダンサー系

3

ゴールドアクター
スクリーンヒーローキョウワアリシバ
ロベルト系ネイティヴダンサー系
馬名が赤字の馬は4番人気以下の人気薄

上の表は過去5年における菊花賞で3着以内となった馬の血統構成をまとめたものです。
このデータを参考にしてわかったことを紹介させていただきます。

父はとにかく主流血統を狙う

過去5年の好走馬のほとんでが父が中距離型のサンデーサイレンス系かキングマンボ系です。
この2つの系統は日本競馬における主流血統の代表的な存在となっています。
父は中距離サンデー系かキングマンボ系の馬を中心に狙いたいです。
ちなみに勝ち馬に関しては中距離サンデー系がリードしています

ベタベタのスタミナ血統が活躍するわけではない

3000mで行われる長距離戦である菊花賞ですが、以外にもスタミナ一辺倒の血統の馬が活躍するわけではありません。
先程父は主流血統の馬が活躍すると紹介させていただきましたが、母父はスピード自慢の米国型血統などの馬が多く活躍しています。
上の表で言うとストームバード系・ヴァイスリージェント系・ダンジグ系・ミスプロ系・フプリンスリーギフト系がそれにあたります。
なぜこういった現象が起こるのかというと、菊花賞というレースは道中のペースがかなり緩み上り勝負となるレースとなるからです。
そのため米国型血統のようなスピードタイプの血が必要となってきます。

サンデーサイレンスの血は絶対に必要

過去好走馬15頭全ての馬の血統表にサンデーサイレンスの血があります。
サンデー率100%です。
非サンデーサイレンスの馬は大きく割引が必要。
菊花賞はサンデーサイレンスの血が必須です。

まとめます

今日は過去の菊花賞好走馬の血統データから好走血統の傾向を探ってきました。
色々書いてきましたので端的にまとめておきます。

今日のポイント!

  1. 中距離サンデー系やキングマンボ系といった主流血統が活躍するレース
  2. 主流血統と相性がいいのは米国型のようなスピードタイプの血統
  3. 菊花賞においてサンデーサイレンスの血は必須

以上の3点を重視し予想を組み立てていきます。
参考にしてみてください!

スポンサーリンク

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

ブログ アーカイブ

QooQ