天皇賞秋2019は瞬発力が物を言うレースです

2019年10月23日水曜日

重賞レース考察

t f B! P L
こんにちは。
チェルシーです。

今週は皆さんご存知の通り天皇賞秋が行われますね。
例年豪華メンバーが集まるレースですが、今年も例外なく豪華メンバーとなりそうです。

前回の記事では天皇賞秋の血統について書いた記事をアップしました。
今日はレース展開と騎手についてのデータを調べましたので紹介させていただこうと思っています。

天皇賞秋はどういったレース展開になるのか、どういった騎手が活躍するのか。
しっかり調べたので参考にしていただければ幸いです。

天皇賞秋過去好走馬の脚質と上り3Fタイム&順位

2018年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1レイデオロ差し33.62
2サングレーザー差し33.41
3キセキ逃げ34.78
2017年不馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1キタサンブラック先行38.51
2サトノクラウン先行38.62
3レインボーライン差し38.74
2016年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1モーリス先行33.84
2リアルスティール差し33.51
3ステファノス追込33.51
2015年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ラブリーデイ先行33.76
2ステファノス差し33.41
3イスラボニータ差し33.64
2014年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1スピルバーグ差し33.71
2ジェンティルドンナ先行34.48
3イスラボニータ先行34.48
※馬名が赤字で表記されている馬は4番人気以下
上の表は過去5年における天皇賞秋で好走した馬の脚質と上り3Fタイムデータをまとめたものです。

天皇賞秋で有利な脚質とは

過去5年で馬券に絡んだ脚質は差しが一番多いのですが、勝ち馬に関しては先行が一歩リードしています。
特に目立った傾向はないので、メンバー関係を考慮して有利な脚質を見分けていきましょう。
ちなみに特別登録段階では逃げ先行馬が多いので、差し馬が有利なのかなと思っています。

速い上りを出せる能力が重要

不良馬場で行われた2017年以外は、好走馬の上り3Fタイムが33秒台の馬がほとんどとなっています。
直線の長い東京競馬場でのレースと言うことで、どうしても上り3Fタイムが速い馬が有利となります。
瞬発力系を狙っていきたいですね。

まとめます

天皇賞秋ではとにかく速い上り3Fタイムが使えないと勝ち負けとはなりません。
とにかく瞬発力勝負に強い馬を中心に馬券を組むのが良いでしょう。

脚質に関しては先行も差しも互角ですが人気薄は差しが多いです。
今年のメンバーを見てもペースはそこそこ速くなりそうなので、差し馬が狙い目かと思っています。

速い上りが使える差し馬。
こういった馬を狙っていくのが天皇賞秋で馬券を的中させる近道となるのではないでしょうか。

予想の参考にしてみてください!

スポンサーリンク

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

ブログ アーカイブ

QooQ