菊花賞2019データ考察 レース展開と騎手データを分析 菊花賞は瞬発力勝負になる

2019年10月16日水曜日

重賞レース考察

t f B! P L
こんにちは。
チェルシーです。

今週は牡馬3冠レースのラストを飾る「菊花賞」です。
前回の記事では菊花賞の血統に関する記事を書かせていただきました。

競馬予想において僕が1番重視している予想ファクターは血統なのですが、今回はその次に重要視している「レース展開」と「ジョッキー」について過去のデータを調べましたので紹介させていただきます。

必ず週末の予想に役立つデータを提供できていると思いますので、最後までご覧になっていただければと思っています。

菊花賞過去好走馬の脚質

着順人気馬名脚質
19年良
17フィエールマン差し
22エタリオウ差し
310ユーキャンスマイル差し
18年不
11キセキ差し
210クリンチャー先行
313ポポカテペトル先行
17年良
11サトノダイヤモンド差し
29レインボーライン差し
36エアスピネル差し
16年良
15キタサンブラック差し
22リアルスティール差し
31リアファル先行
15年良
13トーホウジャッカル先行
24サウンズオブアース先行
37ゴールドアクター差し

上の表は過去5年における菊花賞で馬券になった馬の脚質をまとめたものです。

過去5年のデータを見てわかることですが、菊花賞で有利な脚質は基本「差し」です。
勝ち馬も4年連続で脚質が差しとなっています。

不良馬場で行われた2017年のみ先行が馬券圏内3頭中2頭を占めましたが、良馬場なると基本差しが有利です。

次に先行が有利となります。
最近の競馬で勝つには先行できる馬を押さえておくのがコツなので、菊花賞でも例外なく注意しておかなければならない脚質です。

逃げや追込みといった極端な脚質は菊花賞に向きません。
やはり3000mという長丁場のレースなので、番手で競馬ができる器用さと気性の良さが重要となることが要因だと考えられます。

今年の菊花賞でも差しもしくは先行を狙っていくのが馬券的中への近道となるでしょう。

菊花賞過去好走馬の上がり3Fタイム

着順人気馬名上3F
19年良
17フィエールマン33.9
22エタリオウ33.9
310ユーキャンスマイル33.9
18年不
11キセキ39.6
210クリンチャー40.2
313ポポカテペトル40.1
17年良
11サトノダイヤモンド34.1
29レインボーライン34.2
36エアスピネル34.6
16年良
15キタサンブラック35.0
22リアルスティール35.1
31リアファル35.3
15年良
13トーホウジャッカル34.5
24サウンズオブアース34.4
37ゴールドアクター35.0

上の表は過去5年における菊花賞で馬券圏内に入った馬の上がり3Fタイムをまとめたものです。

過去のデータを見てわかることは、菊花賞は3000mという長距離レースながら、過去好走馬の上がり3Fタイムが比較的速いということです。

特に昨年の菊花賞は馬券となった3頭全て上がり3Fタイムが34秒台を切っています

菊花賞は長距離レースを初めて経験する馬ばかりが集まります。
そうなるとどうしても各馬慎重になってしまうので、道中のペースが遅くなりがちです。
そうなると余った脚をラスト3Fもしくは4Fで使う瞬発力勝負になるので、どうしても上がり3Fタイムが速くなります。

菊花賞は瞬発力勝負に強い馬を狙うことが馬券的中への近道です。
好走馬の血統傾向にもそれが見て取れます。

では次にジョッキーについて見ていきます。

京都芝長距離が得意な騎手

騎手着度数勝率複率単回複回
ルメール8- 3- 3- 640%70%158114
武豊6- 1- 3- 833%56%145125
M.デム5- 4- 7-1417%53%4676
川田将雅6- 2- 4-1225%50%17063
高倉稜1- 1- 1- 317%50%35121
荻野極1- 0- 5- 78%46%16105
古川吉洋0- 4- 0- 50%44%0120
※データ条件:過去3年 単勝オッズ1~50 レース数6戦以上

上の表は京都芝2400m以上のコースを得意としている騎手です。
3000mに絞るとデータ数が少なすぎるので、京都芝長距離という括りでデータを抽出しています。

ルメール・武・デムーロ・川田・高倉の複勝率が50%を超えていて、京都の長距離戦は大変得意としています。
特にルメールは勝率40%・複勝率70%で回収率も単複共に100を超えているので絶対に抑えておくべき騎手です。

荻野と古川は複勝率こそまあまあといったところですが、回収率が高めなので1発があるかもしれませんので注意が必要です。

好調な騎手


騎手着度数勝率複率単回複回
川田将雅5- 4- 2- 5/1631%69%10090
北村友一3- 0- 3- 5/1127%55%304144
ルメール4- 1- 2- 7/1429%50%13580
石橋脩2- 1- 1- 4/ 825%50%200131
藤岡康太1- 2- 1- 4/ 813%50%5276
田辺裕信1- 1- 1- 3/ 617%50%11085
松若風馬0- 3- 1- 4/ 80%50%0171
津村明秀0- 2- 1- 3/ 60%50%0123
幸英明3- 1- 2- 7/1323%46%571171
藤田菜七1- 2- 1- 5/ 911%44%188107
団野大成0- 1- 2- 4/ 70%43%077
武豊5- 2- 2-13/2223%41%5359
福永祐一2- 4- 3-13/229%41%1454
和田竜二2- 2- 2- 9/1513%40%206132
M.デム1- 2- 3- 9/157%40%1387
※データ条件:過去7日間 単勝オッズ1~50 6レース以上騎乗
上の表は先週の競馬で好走率が高かった好調と言える騎手です。

まず複勝率が50%を超える絶好調な騎手を紹介します。
  • 川田
  • 北村友
  • ルメール
  • 石橋脩
  • 藤岡康
  • 田辺
  • 松若
  • 津村
この中から誰が菊花賞に出場してくるかはわかりませんが、上記8人が菊花賞に出てきたときは要チェックです。
この8人以外で表に名前が挙がっている騎手も十分な高好走率となっていますので、気になる馬に騎乗してきたときは積極的に狙っていきましょう。

赤字で表記している川田・ルメールの両騎手は、京都芝長距離コースも得意としている騎手です。
手広く三連複などを買われる方は、最低でも相手に抑えておきましょう。

まとめます

最後までご覧いただきありがとうございます。
長文となってしまいましたので簡単にまとめておきます。

レース展開について

  • 脚質的には差しが有利。逃げや追込みといった極端な脚質は×。
  • レースはスローな展開になるので、速い上り3Fタイムを出せる馬が狙い目。

騎手について

  • ルメール川田が京都長距離コースが得意&絶好調。
  • デムーロも狙い目。

今日調べたことは必ず馬券的中に役立つと思います。
あなたの予想のスパイスに加えてみてはいかがでしょうか。
参考にしてみてください!

スポンサーリンク

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

ブログ アーカイブ

QooQ