ホープフルS2019はどんなレース展開になるのか 分析してみました

2019年12月26日木曜日

重賞レース考察

t f B! P L
こんにちは。
チェルシーです。

いつもは仕事の都合で行くことのできない「金杯」ですが、来年は行けそうな感じです。

金杯の日はJRAが記念品を配ってくれるはずなので、京都まで足を伸ばそうと思います。

阪神競馬場も好きですが、京都競馬場もおすすめです。

なぜかと言うととにかく「見やすい」ことに尽きます。
パドックも円形でとても見やすいですし、阪神競馬場のパドックのような馬が見にくくなる位置にラチもありません。

馬場側でレースを見る際も地面が程よい傾斜で、前に人が来ても結構見えます。

ただ食事に関しては、阪神競馬場のほうが僕は好みです。

行かれたことのない方は、是非一度行ってみてはいかがでしょうか。

駐車場も十分な広さで車で行きやすいので、いいドライブにもなりますよ!

さて今日は2019年最後のGⅠとなる「ホープフルS」のレース展開について、データを漁っていきたいと思います。

ホープフルS過去好走馬の脚質と上がり3Fデータ


2018年良馬場Sペース
着順馬名脚質上り3F上り順位
1サートゥルナーリア先行35.31
2アドマイヤジャスタ先行35.65
3ニシノデイジー追込35.31
2017年良馬場Hペース
着順馬名脚質上り3F上り順位
1タイムフライヤー差し35.51
2ジャンダルム先行36.23
3ステイフーリッシュ差し35.92
2016年良馬場Hペース
着順馬名脚質上り3F上り順位
1レイデオロ差し35.71
2マイネルスフェーン差し36.02
3グローブシアター差し36.25
2015年良馬場Sペース
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ハートレー差し34.32
2ロードクエスト差し34.11
3バティスティーニ差し35.14
2014年良馬場Mペース
着順馬名脚質上り3F上り順位
1シャイニングレイ先行35.68
2コメート先行35.810
3ブラックバゴ差し34.93
※馬名が赤字の馬は4番人気以下の人気薄

脚質に関してはスローペースなら先行有利、ハイペースなら差し有利となっていて、セオリー通りの見方で問題ないでしょう。
ただ逃げや追込みといった極端な脚質は不利です。
多少の器用さが求められるレースで、競馬が上手い馬が有利。

上がりはとにかくかかるレースで、瞬発力一辺倒で好走してきた馬は面食らうかもしれませんね。
タフな展開が得意な馬をチョイスしましょう。

最近の中山芝2000mのレース展開は


2019.12.21良馬場Sペース
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ウインマリリン先行35.42
2ベリンダアン差し35.53
3バインドウィード先行35.74
2019.12.21良馬場Hペース
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ロードオマージュ逃げ35.81
2ブラックマジック差し36.12
3トーセンワンダー先行36.44
2019.12.14良馬場Hペース
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ゼノヴァース先行35.31
2ヤシャマル先行35.94
3インテリジェンス差し35.53
2019.12.8稍馬場Sペース
着順馬名脚質上り3F上り順位
1クロスセル先行35.95
2スペースシップ差し35.41
3ウインアルカンナ先行35.83
2019.12.7稍馬場Mペース
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ジャコマル逃げ35.25
2シークレットラン先行34.92
3エトワール先行35.04
※馬名が赤字の馬は4番人気以下の人気薄

ホープフルSの傾向とは違って、最近の中山芝2000mは「逃げ・先行」が有利となっています。
好走馬の大半が道中前のポジションから競馬をした馬です。
ハイペースになっても逃げ先行が好走しているので、この傾向は躊躇です。

上がり3Fタイムに関しては、過去のレース傾向と同様遅いタイムとなっています。
コース特性上、速い上がり3Fタイムの重要性は低いと見て間違いないでしょう。

ホープフルSレース展開まとめ

脚質に関してはレース傾向で見ると、スローペースなら先行有利、ハイペースなら差し有利とオーソドックスな見方でいいと思いますが、今の馬場だと芝2000mは逃げ先行有利と見ます。

上がりがかかるレースでありコースでもあるので、スタミナ勝負に強い馬をチョイスしたいと思います。

予想の参考にしてください!

スポンサーリンク

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

ブログ アーカイブ

QooQ