天皇賞春の予想に役立つ 穴馬の傾向を分析

2020/04/29

重賞レース考察 重賞レース予想

t f B! P L
こんにちは。
チェルシーです。
いつも「おっさんず競馬 ラブが、とまらない。」をご覧いただき、ありがとうございます。



今日は今週日曜日に行われるGⅠ「天皇賞春」の穴馬傾向を調べておこうと思います。

いつも言うのですが穴馬の傾向・特徴を掴んでおくことで、人気馬の取捨選択にも役立てることができます。

馬券検討のお役にたてれば幸いです。

天皇賞春穴馬の血統傾向

父は全てサンデー系種牡馬

軽い芝の京都で行われるということで、瞬発力勝負に強いサンデーサイレンスの血を持っていることが、人気薄で穴をあける必須条件となっています。

母父米国型血統でスピードを補完

サンデー系種牡馬と相性抜群なのは、ミスプロ系・エーピーインディー系といった米国型血統です。
京都のような軽い芝では米国型血統の特徴である「スピードの持続力」が重要になってくるからです。

天皇賞春穴馬の脚質と上がり3F

器用さが求められるレース

逃げ追込みといった極端な脚質の馬は、過去5年人気薄の好走はありません。
長距離戦なので効率の良いポジションでレースができる器用さが求められます。

瞬発力が求められるレース

先ほども申し上げましたが、京都の軽い芝で行われるレースなので、速い上がりが出せる能力は重要です。
瞬発力タイプの馬をチョイスしたいですね。

天皇賞春穴馬のレースローテーション

前走長距離戦で掲示板を確保していることが重要

阪神大賞典やダイヤモンドSで前走掲示板を確保していることが、天皇賞春で穴をあけるためには重要な要素です。

その他の傾向

【天皇賞春人気薄好走馬ポイント その他】
・外枠は割引き(特に8枠)
・大型馬は不利 馬体重470kg以下が基準
・ノーザンファーム生産馬

今日調べたことを活かし、予想を組み立てていきます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
少しでもランキングをあげてたくさんの人に読んでもらいたいです。
よろしければ応援のワンクリックお願いします!
 

スポンサーリンク

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ