青葉賞2020の予想へ向けて 穴馬の条件とはなにか 過去の傾向をデータから分析

2020/04/30

重賞レース考察

t f B! P L

こんにちは。
チェルシーです。
いつも「おっさんず競馬 ラブが、とまらない。」をご覧いただき、ありがとうございます。

今日は今週の土曜日に行われる「青葉賞」の穴馬傾向についてデータを分析していきます。

週末の予想に活かしてください。


青葉賞過去好走穴馬の血統


まずは血統から見ていきます。

青葉賞は東京2400mという日本の「主流コース」で行われます。

主流コースで行われるということで、血統もやはり「主流血統」が活躍するようです。

活躍している種牡馬はディープインパクト・ステイゴールド・ハーツクライといったお馴染みの中距離型サンデー系種牡馬

あとルーラーシップ・ワークフォースといったキングマンボ系です。

キングマンボ系というのは他にキングカメハメハやロードカナロアといった、日本競馬で大活躍している主流血統でもあります。

父は主流血統の馬をチョイスすることが、馬券的中への近道になるでしょう。

母父は米国型ノーザンダンサー系やミスプロ系といった、スピードの持続力に長け米国血統がいいでしょう。

最後の直線が長い東京芝コースは、米国型血統の血を持つ馬が活躍するのです。

青葉賞過去好走穴馬の脚質と上がり3Fデータ


次に脚質と上がり3Fについて。

まず脚質ですが、逃げ先行有利というのが日本競馬の特徴なのですが、青葉賞に関しては完全に差し追込みが有利です。

過去9頭の穴好走馬のうち、7頭が差しもしくは追込み脚質でした。

ただし各コーナーの通過順が2桁の馬はさすがに厳しいので、そのことは頭にいれておきましょう。

上がり3Fに関しては大体34秒台が中心となっていて、そこまで極端に速い上がり3Fタイムは求められません。

青葉賞過去好走穴馬のレースローテーション


次に穴好走馬のレースローテーションです。

やはり皐月賞組は人気になりやすく、過去5年の好走馬の中には1頭もいません。

狙いは2200mか2400mを勝利している500万下(1勝クラス)を勝利してきた馬です。

このクラスから上がってきている馬は、有力馬との対戦もあまりなく未知の可能性があります。

かなり使えるデータだと思いますので、しっかりと活かしていきましょう。

その他傾向


・8枠は割引
・大きめの馬体重
・社台系生産馬(特にノーザンファーム)
・休明けは割引

青葉賞好走穴馬まとめ

・父中距離サンデー、母父米国型血統の馬
・差し追込みが有利
・上がり3Fタイムの速さは重要ではない
・前走2200mか2400mの1勝クラスを勝利
・外枠不利
・大きめの馬体重
・社台系生産馬
・休明け割引

今日お伝えしたことを週末の予想に活かしてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いします!
 

スポンサーリンク

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ