負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

中山芝1800mコースの特徴と傾向

こんにちは。
Chelseaです。

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

今回は中山芝1800mコースの特徴と傾向について、色々調べていきたいと思います。

中山芝1800mで行われる重賞レース

【GⅠ】
該当レースなし

【GⅡ】
中山記念
スプリングS

【GⅢ】
フラワーカップ
中山牝馬S

GⅠレースはありませんが、中山記念・スプリングSなど、GⅠに直結するレースが行われる重要なコースです。

内回りコースで行われる非根幹距離ということで、特殊な能力が求められそうですね。


中山芝1800mが得意な種牡馬

では中山芝1800mを得意としている種牡馬から見ていきましょう。

【データ集計期間】
2016年〜

【データ抽出条件】
単勝オッズ1~50倍
良馬場
複勝率が高い順

1位 シンボリクリスエス
着度数 3-7-2-13/25
勝率 12.0% 複勝率 48.0%
単勝回収率 47 複勝回収率 105

2位 ステイゴールド
11-10-6-33/60
勝率 18.3% 複勝率 45.0%
単勝回収率 85 複勝回収率 130

3位 ディープインパクト
23-12-12-58/105
勝率 21.9% 複勝率 44.8%
単勝回収率 88 複勝回収率 76

4位 マンハッタンカフェ
2-4-6-15/27
勝率 7.4% 複勝率 44.4%
単勝回収率 191 複勝回収率 162

5位 ヴィクトワールピサ
6-3-3-17/29
勝率 20.7% 複勝率 41.4%
単勝回収率 287 複勝回収率 114

6位 メイショウサムソン
2-3-2-13/20
勝率 10.0% 複勝率 35.0%
単勝回収率 21 複勝回収率 55

7位 ルーラーシップ
2-5-3-23/33
勝率 6.1% 複勝率 30.3%
単勝回収率 37 複勝回収率 50

8位 キングカメハメハ
5-4-2-29/40
勝率 12.5% 複勝率 27.5%
単勝回収率 65 複勝回収率 74

9位 ハービンジャー
5-0-6-30/41
勝率 12.2% 複勝率 26.8%
単勝回収率 54 複勝回収率 86

10位 ハーツクライ
6-3-2-35/46
勝率 13.0% 複勝率 23.9%
単勝回収率 44 複勝回収率 50

全体的に欧州型の血を持つスタミナ値の高い種牡馬が上位となっています。

もう1つの特徴としては、芝ダート兼用タイプの種牡馬が多いということ。

シンボリクリスエス・キングカメハメハはダートでも活躍馬を出していますし、ヴィクトワールピサ・ルーラーシップなどは今後ダートコースでも活躍馬を出すことが予想されます。


中山芝1800mが得意な系統

先程は種牡馬別でデータを見てきましたが、今度はもう少し大きな括りで見る意味で、血統系統別で見ていきましょう。

1位 ディープ
着度数 23-12-12-58/105
勝率 21.9% 複勝率 44.8%
単勝回収率 88 複勝回収率 76

2位 Tサンデー
26-20-19-113/178
勝率 14.6% 複勝率 36.5%
単勝回収率 121 複勝回収率 104

3位 ロベルト
5-10-3-37/55
勝率 9.1% 複勝率 32.7%
単勝回収率 135 複勝回収率 80

4位 サドラーズウェルズ
3-3-5-25/36
勝率 8.3% 複勝率 30.6%
単勝回収率 78 複勝回収率 75

5位 ダンチヒ
8-2-6-37/53
勝率 15.1% 複勝率 30.2%
単勝回収率 79 複勝回収率 84

6位 ミスプロ
1-3-4-19/27
勝率 3.7% 複勝率 29.6%
単勝回収率 28 複勝回収率 117

7位 フォーティーナイナー
2-4-1-17/24
勝率 8.3% 複勝率 29.2%
単勝回収率 15 複勝回収率 55

8位 キングマンボ
10-13-7-80/110
勝率 9.1% 複勝率 27.3%
単勝回収率 86 複勝回収率 61

9位 サンデー
7-7-12-83/109
勝率 6.4% 複勝率 23.9%
単勝回収率 75 複勝回収率 94

10位 Dサンデー
1-1-2-16/20
勝率 5.0% 複勝率 20.0%
単勝回収率 35 複勝回収率 99

系統別で見ても芝中距離を得意としている、スタミナが豊富な系統が名を連ねます。

中山芝1800mコースは、距離以上にスタミナが必要であるということがわかりました。


中山芝1800mで有利脚質

では次に中山芝1800mでの脚質別成績を見ていきましょう。

【データ集計期間】
2016年〜

【データ抽出条件】
単勝オッズ1~50倍
良馬場

逃げ
着度数 10-11-12-36/69
勝率 14.5% 複勝率 47.8%
単勝回収値 202 複勝回収値 130

先行
着度数 52-45-29-135/261
勝率 19.9% 複勝率 48.3%
単勝回収値 158 複勝回収値 119

差し
着度数 27-26-32-235/320
勝率 8.4% 複勝率 26.6%
単勝回収値 67 複勝回収値 77

追込み
着度数 2-6-9-158/175
勝率 1.1% 複勝率 9.7%
単勝回収値 2 複勝回収値 29

マクリ
着度数 3-3-4-9/19
勝率 15.8% 複勝率 52.6%
単勝回収値 48 複勝回収値 172

逃げ先行の好走率が高く、中山芝1800mは競馬の基本通り前が有利な条件であることがわかります

回収率も高いので、穴馬を狙うなら逃げ先行から選んでいくと、おのずと大きな馬券を取れることが多くなるでしょう。

クラスが上がると傾向も変わるかもしれませんので、次はオープンクラス以上に絞ってデータを調べておきましょう。

【対象クラス】
オープンクラス
重賞

逃げ
着度数 1-1-3-3/8
勝率 12.5% 複勝率 62.5%
単勝回収値 36 複勝回収値 231

先行
着度数 7-2-3-22/34
勝率 20.6% 複勝率 35.3%
単勝回収値 118 複勝回収値 80

差し
着度数 5-7-4-26/42
勝率 11.9% 複勝率 38.1%
単勝回収値 78 複勝回収値 86

追込み
着度数 0-2-1-28/31
勝率 0.0% 複勝率 9.7%
単勝回収値 0 複勝回収値 14

やはりオープンクラスになると、差しの成績が一気にあがります。
複勝率で10%以上上昇しているので、オープンクラスや重賞では差し馬に注意を向けることも重要になってきます。

ただ追い込み馬の成績は凄く悪いので、余程の能力が見込まれない場合は、思い切って馬券から外すのも得策です。


その他の傾向

僕は血統と展開を主な予想の軸としていますが、補足として傾向の目立つデータを紹介しておきます。

枠番傾向

7枠
勝率 12.6% 複勝率 36.2%
単勝回収値 112 複勝回収値 103

8枠 勝率 13.0% 複勝率 39.9%
単勝回収値 67 複勝回収値 90

7枠と8枠の成績がよく、外枠が有利なコースである事がわかります。

小回りコースとしては珍しい傾向なので、外枠に入った期待馬はどんどん買っていきましょう。

前走距離

距離短縮
勝率 11.3% 複勝率 34.4%
単勝回収値 109 複勝回収値 99

通常前走距離別の成績を調べると、同距離が1番期待値が高いのですが、中山芝1800mに関しては、距離短縮の馬の成績が1番良くなってます。

距離以上にスタミナ血統が活躍するコースなので、やはりスタミナ値の高さが重要なコースであるとわかります。


まとめ

今日は中山芝芝1800mコースの特徴と傾向を調べてきました。

重賞レースだけではなく、通常の平場のレースでも使えるデータだと思うので、競馬場に行った時なんかは是非活用していただければと思っています。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!