負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

18京都大賞典 騎手考察。京都芝2400mが得意な騎手、好調な騎手は?

Chelseaです。
今週は京都大賞典が行われます。
京都芝2400mで行われる重賞競争(GⅡ)です。
今週はこれまでに、京都大賞典に関する考察記事を2つ書いてきました。

まだご覧になられていない方は上記リンクをクリック又はタップしていただき、是非ともご覧になっていただきたいと思います。
京都大賞典 血統・脚質について
京都大賞典 人気馬について
今日で京都大賞典の考察記事は最後となります。最後に取り上げるファクターは「騎手」です。

騎手はレース中に馬に触れることができる唯一の存在で、その馬の運命さえ左右しかねない存在でもあります。
数ある予想ファクターの中でも、かなり重要なファクターです。

今日はその騎手について3つのデータから京都大賞典の騎手傾向を割り出していきたいと思います。


出走馬と出走騎手

馬名 騎手
アルバート モレイラ
ウインテンダネス 菱田裕二
ケントオー 小牧太
サトノダイヤモンド 川田将雅
サンエイゴールド 山本聡哉
シュヴァルグラン 福永祐一
スマートレイアー 浜中俊
パフォーマプロミス 岩田康誠
プラチナムバレット 幸英明
ブレスジャーニー 和田竜二
モンドインテロ 松山弘平
レッドジェノヴァ 池添謙一

全部で12頭が出走します。
乗替わりは11頭となっています。
ほとんどの馬が乗り替わり。
レースにどう影響するのか気になる所ですね。
それではデータを考察していきましょう。


京都大賞典出場騎手 京都芝2400m成績

騎手 複勝率 複回値 3着内数
川田将雅 57.1% 82 12
浜中俊 47.1% 73 8
福永祐一 40.0% 66 6
岩田康誠 36.8% 67 7
松山弘平 34.8% 82 8
幸英明 21.7% 45 5
和田竜二 20.0% 42 4
池添謙一 16.7% 25 1
小牧太 14.3% 24 2
菱田裕二 0.0% 0 0

(データは単勝オッズ1~50倍。複勝率順でソート)
上記表は京都大賞典が行われる条件である京都芝2400mの騎手別成績です。これを見てわかることをどんどん挙げていきます。

京都芝2400mの条件で好走率が高いのは川田・浜中・福永の3名。この3人に関しては馬券に絡んでくる可能性がかなり高いので、馬券には押さえておきましょう。
特に川田は複勝率が57%3着内数も多いことから、信用度の高いジョッキーであると云えます。

では次に調子がいい騎手は誰なのかを調べてみましょう。


近走成績の良い好調の騎手は

騎手 複勝率 複回値 3着内数
モレイラ 56.3% 86 9
川田将雅 52.6% 83 30
福永祐一 48.3% 97 14
浜中俊 44.4% 94 16
和田竜二 40.9% 75 27
岩田康誠 38.2% 116 13
菱田裕二 33.3% 124 3
松山弘平 30.2% 73 13
幸英明 24.5% 67 12
小牧太 21.4% 50 3
池添謙一 19.0% 68 4

(データは単勝オッズ1~50倍。複勝率順でソート)
上記の表は京都大賞典出場騎手の過去1ヶ月の成績を示したものです。
これを見てわかることをどんどん挙げていきましょう。

近走成績がよく好調なジョッキーは、モレイラ・川田・福永・浜中・和田。この5人は最近乗れてるジョッキーです。
複勝回収率も安定しています。
特に川田・和田の2人は3着内数も多いことから、最近の充実ぶりが伺えます。

では最後に今回出場する騎手の中で、重賞実績の高い騎手は誰なのかを調べてみましょう。


重賞実績のある格上の騎手は

騎手 複勝率 複回値 3着内数
川田将雅 40.1% 84 65
浜中俊 39.2% 104 38
福永祐一 35.5% 87 54
モレイラ 30.0% 38 3
岩田康誠 28.3% 71 45
松山弘平 27.1% 76 19
和田竜二 26.5% 110 27
池添謙一 21.6% 45 25
幸英明 21.2% 84 14
小牧太 20.7% 93 6
菱田裕二 13.6% 56 3

(データは単勝オッズ1~50倍。複勝率順でソート)
上記の表は京都大賞典出場騎手の過去3年の重賞成績を示したものです。
これを見てわかることをどんどん挙げていきましょう。

重賞でもいつもと変わない騎乗ができそうなのは川田。好走率・回収率・3着内数全てで優秀な数字です。
浜中も好走率はまずまずですが、回収率が100を超えているので、穴馬でも持ってこれるメンタルを備えていると思います。


まとめ

今日は京都大賞典に出場することが決まっている騎手について、京都大賞典が行われる条件である京都芝2400mの成績・近走成績・重賞成績という3つの視点からデータ調べ考察してきました。
長々と書いてきたので、ここで一度まとめておこうと思います。

  • 川田・浜中は、コース成績・近走成績・重賞成績全てにおいて優秀。
  • 福永・和田も期待値が高い。
  • 和田はかなり好調で3着内数がかなり多い。

以上の騎手たちはいずれも何らかの買う要素がある騎手です。

今日調べたことは、週末の馬券検討に大いに役立てていきたいと思います。皆さんも参考にしてください。

次回は京都大賞典の最終決断を記した予想記事を上げたいと思います。
馬券的中を目指して精一杯頑張ります。
是非次回の記事も読んでください!

それではChelseaでした!