負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

有馬記念2018 血統傾向を調べました

こんにちは。
Chelseaです。

さあ今週は今年1年の競馬を締めくくる有馬記念がおこなわれます。

もちろん当ブログでも特集していきます。

有馬記念といえば、ゴールドシップが引退する年の有馬記念を阪神競馬場に観戦に行ったのですが、それはそれはすごい人でした。

今年はメンバーも手薄なこともあり、その時ほど人は多くないのでしょうか。

アーモンドアイなどが回避ということで、寂しいメンバー構成になってしまいましたが、馬券的にはすごく面白そうなメンバーですね。

今のところガチガチの人気どころで決まるレースではないと思っています。

というわけで今日から考察をやっていきます。

今回は血統についてです。

有馬記念過去好走馬血統構成

2018有馬記念血統過去
まずはじめに過去の有馬記念で好走した馬の血統を調べておきましょう。

上の表は過去5年有馬記念の血統構成を表したもの。

これを見てわかることを書いていきます。

主流血統が活躍する

有馬記念の舞台である「中山芝2500m」はトリッキーな条件というイメージですが、好走馬の大半が主流血統です。
主流血統とはTサンデー系やキングマンボ系を指します。

母系にはスピードタイプがいい

過去5年好走馬のほとんどが、母系にスピードタイプの血を持ちます。
プリンスリーギフト系やミスプロ系といったスプリント血統が目立ちますね。

では次に種牡馬についても調べておきましょう。


中山芝2500m種牡馬別成績

2018有馬記念血統コース
上の表は過去3年の中山芝2500mの種牡馬別成績です。

データは良馬場・単勝オッズ1~50倍を条件に抽出。3着内数順にソートしています。
これを見てわかることを挙げていきましょう。

ステイゴールドがダントツの好走数

ステイゴールド産駒の3着内数が20と2位ハーツクライの倍。
複勝率・回収率も優秀で、非常に信頼のできる種牡馬です。

ロベルト系も得意なコース
シンボリクリスエス産駒の複勝率は40%、回収率は121。
スクリーンヒーロー産駒の複勝率は75%、回収率は182。
この2頭の共通点はロベルト系。
ロベルト系は中山芝2500mを得意としていると言えるでしょう。



まとめ

というわけで今日は有馬記念の血統について考察してきました。

今日は血統について色々なデータを分析してきましたので、ここで一旦まとめておきましょう。

  • 主流血統が活躍するレース。
  • 母系にはスピードタイプが相性よし。
  • 信頼できる種牡馬はステイゴールド。
  • ロベルト系種牡馬は好走率・回収率共に秀逸。

まとめるとこんな感じです。

毎週思うのですが、この血統分析はなかなか正確で、イチオシにしている血統の馬が1頭は馬券に絡んでいます。

先週の朝日杯フューチュリティステークスは展開に重きをおいて大失敗をしてしまったので、ここは血統派としてもう一度血統を重視して予想をしていかなければならないと思います。

それでは今週も頑張っていきましょう。


No Keiba , No Life.
以上Chelseaでした!