負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

ジャパンカップ2018 レース回顧。馬券は的中。反省点はないのか。

こんにちは。
Chelseaです。

回顧記事遅くなりました。

先週はジャパンカップが行われ、題名にもあるように馬券は的中となりました。

今日は先週1週間かけてやってきたデータ分析と予想について、悪かった点と良かった点を復習しておこうと思います。

レース結果

まずはレース結果からおさらいしておきましょう。

1着 ○アーモンドアイ
2018ジャパンカップ1着アーモンドアイ


2着 ☆キセキ
2018ジャパンカップ2着キセキ


3着 ◎スワーヴリチャード
2018ジャパンカップ3着スワーヴリチャード

堅い決着となりましたが、厚い印を打った馬で馬券圏内を占める形になり、予想としては合格点です。


データ分析と結果

それではここで週中でやってきた各予想ファクターのデータ分析と結果を見比べでいきましょう。

血統データ分析と結果

  • 主流血統が活躍する。
  • 母父はスピード型が相性よし。

レース結果を見ると、馬券になった馬の血統構成は全て主流血統。

母父にはスピードタイプの血が入っており、データ分析通りの結果となりました。

2着のキセキにいたっては、父キングマンボ系・母父ディープインパクトとベタベタの主流血統という血統構成でした。

脚質データ分析と結果

  • 差し馬有利。
  • 好走馬の上がり3Fタイムは34秒台を想定。
  • レース上がり3Fタイムは34秒台後半から35秒台前半を想定。

レース結果は逃げ先行馬が馬券圏内を占める形に。

レース上がりは、34秒台前半と想定より速かったです。

好走馬の上がりは34秒台で想定どおりでした。

想定よりも瞬発力を求められるレースになった分前残りの展開となりましたが、馬券的中にはさほど影響はなかったように思います。

展開面では好走馬の上がり3Fを想定することが重要かと思いました。

騎手データ分析

  • ★3つ騎手は、モレイラ・Mデムーロ・ルメール・ムーア。
  • コース・重賞成績が優れている★2つ騎手は川田。
  • 横山典は好調、ビュイックは重賞で乗れている。

馬券になったのは★3つ騎手が2人、★2つ騎手が2人。

コース・近走・重賞成績の中でも、やはりコース成績が重要で、今までも結果を出しています。

次に重賞成績といったところで優先順位をつけるのがいいかと思いますね。


予想の結果

◎ スワーヴリチャード 3着
○ アーモンドアイ 1着
▲ サトノダイヤモンド 6着
☆ キセキ 2着
△ シュヴァルグラン 4着
△ ミッキースワロー 5着

堅い決着となると思っていたので、印を打った馬で掲示板を確保。

予想としてはいい出来だったかと思います。


馬券結果

◎複勝 的中!
◎‐○ワイド 的中!

馬券はパーフェクト的中。
複勝・ワイドのダブル取りとなりました。

回収率は168%でした。

まとめ

というわけで今日はジャパンカップカップを振り返ってきました。

馬券は5週連続的中で好調です。

この調子を維持して年間プラス収支に持っていきたいですね。


最近転職などでバタバタバタしており、満足にブログの更新ができていませんが、馬券は結果を出していけるようにいきたいと思ってます。


No Keiba , No Life.
以上Chelseaでした!