負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

マイルチャンピオンシップ2018 データ分析。血統・脚質編

こんにちは!
Chelseaです。

この記事を書いているのは火曜日。
今は昼勤務といって準夜勤をやっているのですが、今日が最終日。

明日は休みなので、色々用事を済ませたいと思っています。

転職活動も順調で、僕自身も今の会社をやめる決心がついてきました。

あとはタイミング。

この先どうしても外せない予定が2日あり、さすがに新しい職場でいきなり休むわけには行かないので、日程の調整をしていきたいと思います。

ボチボチ入社試験も受けていかないとなーなんて思っています。


さて今週はマイルチャンピオンシップ。

現在僕自身のブログ予想は3連勝中です。

この連勝記録をまだまだ伸ばしていけるように、各予想ファクターのデータ分析に力を入れ入れていきたいと思います。


今日分析するデータは血統と脚質

週末の馬券的中となるように、しっかりと見ていきましょう。

今日はこんな感じで進めていきます。

マイルチャンピオンシップ過去好走馬血統構成分析

2018マイルチャンピオンシップ血統過去

上の表はマイルチャンピオンシップ過去好走馬の血統構成を表したものです。

これを見て傾向を掴んでいきましょう。

サンデーサイレンスの血は必須

マイルチャンピオンシップ過去5年の好走馬15頭の内14頭が父か母父にサンデーサイレンスの血を持っています。

このことからマイルチャンピオンシップ
はサンデーサイレンスの血が必須であると言えます。

種牡馬ではディープインパクトがダントツ

毎年のようにディープインパクト産駒が馬券になっており、開催年によって好走馬3頭中2頭がディープインパクト産駒なんて年もあります。

母父には欧州型ノーザンダンサー系と相性がいいですが、そこまでこだわる必要はなく、ディープインパクト産駒なら買いというぐらいに思っておけばいいと思います。

Pサンデー系が活躍する

数あるサンデーサイレンス系の中でもスピードタイプに分類されるPサンデー系の活躍が目立ちます。

フジキセキ・ダイワメジャー、最近だとキンシャサノキセキがこの系統に当てはまります。



マイルチャンピオンシップ過去好走馬脚質・上がり分析

2018マイルチャンピオンシップ脚質過去

上の表はマイルチャンピオンシップ過去好走馬の脚質・上がり3F順位・上がり3Fタイムなどを表したものです。

これを見て展開面での傾向を掴んでいきましょう。

差し馬が有利なレース

過去5年好走馬15頭中8頭が差し馬と約半数を占めています。

穴馬も多く出しており、1番有利な脚質であると言えます。

次いで追込み・先行が有利となり、逃げ馬にとっては若干厳しいレースとなっています。

好走馬の上がりタイムに大きな傾向はない

開催年によってレース自体の上がり3Fタイムがバラバラで、それに伴って好相場の上がりタイムもバラバラです。

好走馬の上がり3Fタイムが33秒台前半と瞬発力勝負になる時もありますし、35秒台後半と持続力勝負となる年もあります。

メンバー構成をじっくりと分析して、展開予想をするのがいいと思います。



まとめ

というわけで今日はマイルチャンピオンシップ好走馬の血統データと、脚質データなどを見てきました。

ここで今日調べたことを簡単にまとめておきましょう。

  • サンデーサイレンスの血は必須。
  • サンデーサイレンス系の中でもディープインパクト産駒やPサンデー系産駒が強い。
  • 父ディープインパクトは母父欧州型ノーザンダンサー系と相性よし。
  • 差し馬が有利。次いで追込み・先行となり、逃げ馬を軸にするのは危険。
  • 開催年によってレース上がり3Fタイムと好走馬の上がり3Fタイムはバラバラ。

メンバー構成によって展開を判断したほうが吉。

まとめるとこんな感じになります。

週末の予想に活かしていきましょう!


最近転職活動でなかなかブログを書く時間が取れないため、今日は血統と脚質の記事をまとめて書くことになりました。

1つ1つの予想ファクターをいつものように細かく分析できていませんが、今までのデータ分析の経験を活かして、大事なところはキッチリと分析しているつもりです。

しばらくはこの形をとっていこうと思っているので、これからも変わらぬご支援のほど宜しくお願いします。


No Keiba , No Life.
以上Chelseaでした!