負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

菊花賞 2018はどんな展開になるのか。予想に向けて脚質・枠順データを考える。

Chelseaです。

今週は菊花賞が行われます。
京都芝3000mで行われる重賞(GⅠ)です。

前回の記事では菊花賞好走馬の血統傾向を、菊花賞過去5年のレース傾向、菊花賞の舞台である「京都芝3000mコース」でのコース傾向と2つの視点からデータを考察・分析してきました。

まだご覧になってない方は、このページの最新記事のところにリンクがあると思うので、お時間があればご覧になってみてください。


今日は菊花賞の過去データを調べ、好走馬の脚質傾向を考察・分析していきたいと思います。

データ分析を行う切り口は、過去のレース傾向過去のコース傾向の2つのポイントから考察・分析していきます。
それでは早速見ていきましょう。

過去5年菊花賞好走馬の脚質傾向

菊花賞過去脚質
上記表は過去5年菊花賞好走馬の脚質をまとめたものです。
この表を見てわかることを、どんどん挙げていきましょう。

先行・差しが有利

過去の好走馬の脚質を見てみると
逃げ 1頭
先行 7頭
差し 7頭
追込 0頭
となっています。

狙いは先行馬と差し馬ということになります。

追い込みは全く馬券になっていないので、大きな割引が必要です。


上がり3F順位は重要

毎年上がり上位の馬が3着内を占めています。

長距離戦なので上がりタイムは遅くなりますが、遅い上がりタイムで上がり3F順位が上位を取れそうな馬を狙うのがいいでしょう。



では次に菊花賞の舞台となる、京都芝3000mの脚質傾向を見ていきましょう。


過去3年京都芝3000m脚質別コース成績

菊花賞コース脚質
(データは過去3年、良馬場、単勝オッズ1〜50倍までを条件として抽出。)
上記表は秋華賞の舞台となる京都芝2000mの脚質別成績です。
このデータを見てわかることを、どんどん挙げていきましょう。


先行馬有利

5つある脚質のなかで最も複勝率が高いのは先行となっています。

先行馬全体の複勝率よりも高くなっているので、より有利になりそうな脚質です。


波乱を演出しそうなのは逃げ

次に複勝率が高いのは逃げとなっていますが、逃げ馬全体の複勝率よりも低い数字となっていますので、一概に有利とは言えないと思います。

ただ回収率が高いことから、人気薄でノーマークの逃げ馬が波乱を起こすことがありえると考えられます。

一応注意しておいたほうが良さそうですね。


上がり3F順位はかなり重要

次に上がり3Fの重要性を見てみましょう。

馬券になっているのは、ほぼ上がり3Fタイム上位の馬です。

1位と2位の複勝率は80%、3位でも60%となっています。回収率も200超えとかなり高い。


逆に上がり3Fタイムが6位以下だと馬券圏内に食い込んでくるのは難しいでしょうね。

上がり3Fタイムが上位になれる馬を選ぶことが、菊花賞の馬券を当てるためには重要です。


以上で脚質傾向の考察は終了です。

今回は枠の傾向も調べておきます。


過去5年菊花賞好走馬枠傾向

菊花賞枠順
僕自身あまり枠順は気にしないのですが、一応調べておきましょう。

上記表は過去5年菊花賞好走馬の枠と馬番をあらわしたもの。

2枠の成績が優秀だが

1番3着内数が多いのは2枠となっています。脚質との関連はあまりなさそうです。


次に多いのは7枠。
ここも脚質との関連はなさそうです。


続いて6枠、5枠と続きます。


どちらかというと外目のほうが有利な印象を受けます。

内枠なら2枠狙いで決め打ちもおもしろそうです。勝ち数も1番の多い。



まとめ

というわけで、今日は菊花賞の脚質傾向について、過去のレース傾向、コース傾向という2つの視点からデータを考察、分析してきました。

結構色々書いてしまいましたので、ここで簡単にまとめておきたいと思います。

  • 脚質を順位付けすると、先行→差し→逃げ→追込み。
  • 逃げ馬は波乱を演出する可能性あり。
  • 馬券圏内に食い込むのはほぼ上がり3F順位上位馬。
  • 2枠が有利。それ以外は外目の枠が良さそう。特に7枠。

以上の4点が今日脚質と枠の傾向を調べてきてわかったことです。

これをもとに週末の予想を行いたいと思います。


次回は今年の菊花賞で人気になることが予想される馬について、血統面を中心に考察していきたいと思います。
次回も是非ご覧になってください。


いつも見てくださってありがとうございます。

それではChelseaでした!