負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

'18セントウルS 人気馬の血統構成を考察。買える人気馬・危険な人気馬は?

Chelseaです。
今週はセントウルS。
阪神芝1200mで行われる重賞(GⅡ)だ。

今週はこれまでにセントウルSの血統についての考察記事と、脚質についての考察記事を書かせてもらった。
まだご覧になられてない方は、是非下記リンクよりご覧になっていただきたいいただきたい。
'18セントウルS。血統傾向を考察する。好走馬、穴馬の条件とは。 - 負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜
セントウルSで有利になる脚質は?様々な角度から考察する。 - 負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜
今日はこの考察記事を基に、今年のセントウルSで人気馬になることが予想される馬たちの血統構成について、私なりの見解を書いていきたいと思う。
それではまず今年のセントウルSで人気馬となりそうな馬たちを見てみよう。

'18セントウルS予想オッズ

1番人気 ファインニードル
2番人気 ラブカンプー
3番人気 ダイアナヘイロー
4番人気 アサクサゲンキ
netkeiba予想オッズより引用

血統は馬の適正を見極めるのに、極めて優れた予想ツールである。
1頭1頭しっかりと見ていくとしよう。

ファインニードル

父アドマイヤムーン
母父マークオブエスティーム
前走脚質:差し 前々走脚質:先行

父は好走血統のフォーティーナイナー系。母父は欧州型のネバーベンド系。
今年の高松宮記念(GⅠ)勝ち馬で能力は折り紙付き。
とにかく消耗戦に強い馬で、前走高松宮記念も所望戦での勝利。
セントウルSも上り3Fタイムが下位の馬が馬券になるレースなので、この馬には合いそう。
競馬相手なりに先行競馬もできれば差し競馬もできる自在性をもつ。
昨年の当レースの覇者で、適性の高さは実証済み。
大崩れはなさそうで、厚い印を打つことになりそうな馬だ。

ラブカンプー

父ショウナンカンプ
母父マイネルラヴ
前走脚質:先行 前々走脚質:逃げ

父は好走血統のプリンスリーギフト系。母父も好走血統の米国型ミスプロ系。
血統構成は完璧だ。
前で競馬することが信条の馬で、今回もハナに立つことが予想される。
脚質考察の記事でも述べたが、阪神芝1200mは逃げ馬を当てることが馬券的中への近道。
この点はこの馬にとって有利に働くだろう。
近2走は重賞で馬券に絡んでおり、1200m戦では2-3-1-0と馬券圏内を外したことはない。
阪神芝1200mは初めてだが、血統的にも脚質的にも適性は高そう。
騎手次第ではあるが、この馬にも厚い印を打つことになりそうだ。

ダイアナヘイロー

父キングヘイロー
母父グラスワンダー

前走脚質:先行 前々走脚質:差し
父は欧州型のリファール系。母父も欧州型のロベルト系。
セントウルSは米国型血統にアドバンテージがあるので、血統面ではマイナス評価だ。
確かに阪神芝1200mの条件では2戦2勝と相性は良いが、共に条件戦でのもの。正直重賞ではどうかと思う。
近走成績も安定していないし、予想オッズ通りの人気になるのならば、全く妙味のない馬だ。
跨る騎手にもよるが、今のところ厚い印を打つ予定もなく、人気馬の中では消し候補となるだろう。

アサクサゲンキ

父ストーミーアトランティック
母父ディキシーランドバンド
前走脚質:追込 前々走脚質:追込

父は米国型のストームバード系で好走血統。母父は欧州系のノーザンダンサー系。
血統的には特に大きな欠点が見当たらない。
ただ近走は追込み競馬となっており、最低でも中団につけておきたいセントウルSでは厳しい印象がある。
ペースが以上に速くなれば別だが、展開的には厳しい馬となるだろう。
ただ血統的にはなかなかのものなので、一応印は打つつもりだ。


まとめ

今日は今年のセントウルSで人気馬となることが予想される馬たちの血統構成について、私なりの見解を書かせてもらった。
人気馬の中でも買える要素の高い馬を、ここでピックアップしておこう。

  • ファインニードル
  • ラブカンプー

以上の2頭が今年のセントウルSで血統的に有利になりそうな馬たちだ。
この中から本命馬を選ぶ可能性が高い。

あとは騎手や、前日のレース傾向を加味し、本命馬の最終決断を下したいと思う。
次回は騎手についてじっくり考察をしていこうと思う。是非ご覧になっていただきたい。