負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

'18セントウルS。血統傾向を考察する。好走馬、穴馬の条件とは。

Chelseaです。

今週はセントウルS。阪神芝1200mで行われる重賞(GⅡ)だ。

今日は過去5年セントウルS好走馬の血統構成と、セントウルSが行われる阪神芝1200mの種牡馬別成績を見ていきたいと思う。

血統は、私が競馬予想をするに当たって最も重要視しているファクターである。しっかりと見ていくとしよう。

 

過去5年セントウルS好走馬血統構成

着順 人気 馬名 種牡馬 父系統 母父馬 母父系統 馬場状態
17 1 ファインニードル アドマイヤムーン フォーティーナイナー Mark of Esteem ネヴァーベンド欧
17 6 ラインミーティア メイショウボーラー ヘイロー オース ノーザンダンサー
17 4 ダンスディレクター アルデバラン2 ミスプロ サンデーサイレンス サンデー
16 1 ビッグアーサー サクラバクシンオー プリンスリーギフト日 Kingmambo キングマンボ
16 2 ネロ ヨハネスブルグ ストームバード米 サンデーサイレンス サンデー
16 9 ラヴァーズポイント マイネルラヴ ミスプロ タマモクロス グレイソブリン欧
15 10 アクティブミノル スタチューオブリバティ ストームバード米 アグネスタキオン Pサンデー
15 1 ウリウリ ディープインパクト ディープ フレンチデピュティ ヴァイスリージェント米
15 5 バーバラ ディープインパクト ディープ Dixieland Band ノーザンダンサー
14 4 リトルゲルダ Closing Argument   Buddha ミスプロ
14 1 ハクサンムーン アドマイヤムーン フォーティーナイナー サクラバクシンオー プリンスリーギフト日
14 2 エピセアローム ダイワメジャー Pサンデー Cozzene グレイソブリン欧
13 2 ハクサンムーン アドマイヤムーン フォーティーナイナー サクラバクシンオー プリンスリーギフト日
13 1 ロードカナロア キングカメハメハ キングマンボ Storm Cat ストームバード米
13 3 ドリームバレンチノ ロージズインメイ ヘイロー マイネルラヴ ミスプロ

集計期間:2013. 9. 8 ~ 2017. 9.10

上記表は過去5年セントウルS好走馬の血統構成構成を表したもの。この表を見てわかることをじっくりと考察していこう。

 

米国型血統が強い

過去5年の好走馬を見てみると、好走馬15頭中11頭が父か母父に米国型の血を持っている。上記表でいうと、ミスプロ系、フォーティーナイナー系、ストームバード系、ヴァイスリージェント系などがこれに当たる。

 

サンデー系は不振

サンデー系種牡馬がほとんど馬券になっていない。大きく割引が必要だろう。

 

サクラバクシンオーの台頭

父か母父にサクラバクシンオーの血を持つ馬が好成績をあげている。サクラバクシンオーはプリンスリーギフト系。この系統にも注意を払っておこう。

 

阪神芝1200m種牡馬別成績

種牡馬 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 3内数
スウェプトオーヴァーボード 16.7% 33.3% 50.0% 155 203 1.8%
アドマイヤムーン 24.3% 40.5% 45.9% 120 84 10.2%
サクラバクシンオー 17.6% 29.4% 41.2% 70 73 4.2%
ロードカナロア 27.3% 36.4% 36.4% 140 50 2.4%
ヨハネスブルグ 9.1% 27.3% 36.4% 39 90 2.4%
キングヘイロー 11.1% 22.2% 22.2% 18 26 1.2%
ステイゴールド 0.0% 11.1% 22.2% 0 108 1.2%
ショウナンカンプ 0.0% 20.0% 20.0% 0 124 0.6%
ハーツクライ 12.5% 12.5% 12.5% 55 18 0.6%

集計期間:2015. 9.13 ~ 2018. 6.23
(データは過去3年・単勝オッズ1~50倍・良馬場・出走回数5以上で抽出。複勝率順でソート)

上記データは阪神芝1200mの種牡馬別成績。こちらもじっくりと考察していこう。

 

フォーティーナイナー系が強い

種牡馬別の複勝率1位と2位は共にフォーティーナイナー系。スウェプトオーヴァーボードとアドマイヤムーン以外のフォーティーナイナー系種牡馬にも注意しておこう。

 

プリンスリーギフト系も相性良し

サクラバクシンオーやショウナンカンプといったプリンスリーギフト系の好走率と回収率が高いコース。やはり短距離戦らしく、スピードが求められるのだろう。

 

まとめ

今日はセントウルSの血統傾向を、過去5年セントウルS好走馬からと、阪神芝1200mの種牡馬別成績という2つのデータを使用して考察してきた。今日調べたことを簡単にまとめておこう。

  • 米国型の血を持つ馬が相性の良いレース。特にフォーティーナイナー系はコース適性も高い。
  • サクラバクシンオーの血を持つ馬の相性が良いレース。サクラバクシンオーはプリンスリーギフト系。この系統も要注意。
  • サンデー系は不振。割引で良し。

今日調べたことをまとめるとこんな感じだ。しっかりと馬券検討に活かしていきたいと思う。

次回はセントウルSでの脚質傾向について、じっくり考察していこうと思う。是非ご覧になっていただきたい。