負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

東京新聞杯 予想 本命推奨馬を公開します。

こんにちは。
Chelseaです。

今週は東京新聞杯を特集しています。

これまでに血統や展開、騎手についていろいろなデータを調べてきましたが、今日はそのデータ分析を活かして予想したので、僕の本命馬を公開したいと思います。

人気馬についての見解

本命馬を公開する前に、人気馬血統について僕の見解を書いておこうと思います。

まず1番人気を争っているタワーオブロンドンですが、父にも母父にもサンデーサイレンスの血を持っていないことが不安。

前走は同じコースのOP特別で2着にはなっていますが、今回は重賞でメンバーレベルが1段も2段も上。

これだけ人気になるのなら、正直手は出しにくい馬なのかなと。


もう1頭の1番人気を争うインディチャンプは、父ステイゴールド×母父キングカメハメハというバリバリの主流血統ということでこちらは血統的にはありかなと思います。

ただ前走準オープンを勝ったばかりの馬が1番人気を争うのであれば、この馬も本命を打ちづらいというのが本音です。


人気馬2頭に関する僕の見解でした。

とりあえずこの人気馬2頭は馬券圏外に飛ぶ可能性もあると見ています。

そんな中僕が本命に選んだ馬はこの馬です。


本命はロジクライ

ロジクライ 牡6父:ハーツクライ
(Tサンデー系)
母父:Machiavellian
(ミスプロ系)
脚質:先行
騎手:横山典弘

父はハーツクライでTサンデー系。
母父はミスプロ系。

Tサンデー系は東京新聞杯が行われる東京芝1600mと相性の良い血統で、過去の東京新聞杯でも人気薄をもってきていることから、レース相性のいい血統でもあります。

今年の東京新聞杯は目立った逃げ馬が見当たらずスローペースになることが予想されるので、先行馬であるこの馬が有利な展開になりそう

スローペースへの対応能力もあり、先行しながらも34秒台前半の末脚を使うことも可能です。

前走のGⅠマイルチャンピオンシップでは14着と大敗しているように見えますが、勝ち馬とは0.6秒差と着順ほど負けていません。

今回はメンバーレベルが大きくダウンしていることからも、前走よりは楽にレースができることは確実です。

東京競馬場では負けたことがなく、左回りにも高い適性を持っているのは証明済み。

能力的にもメンバー中トップで、適性も高いこの馬が本命にふさわしい馬だと感じました。


対抗には先程あげたインディチャンプにしようかなと思っています。

確かに準オープンを勝ったばかりの馬ですが、血統的には合いますしまだ能力の底を見せていないのが魅力です。

正直1番人気を争う馬になるとは思っていませんでしたので買いづらくはなってしまいますが、鞍上が福永騎手ならば3着以内には持ってきそうな気がします。


穴候補にはサトノアレス・レッドオルガ・リライアブルエースの3頭。

この3頭の共通点はディープインパクト産駒であるということ。

ディープインパクト産駒は東京新聞杯で過去5年毎年馬券になっている唯一の種牡馬で、このレースが行われる東京芝1600m全体で見ても勝ち星がダントツの数字を誇っています。

適性の高さは文句なしにナンバーワンの種牡馬なので、ディープ産駒の3頭は押さえておきたいと考えました。


予想印まとめ

◎ ロジクライ
○ インディチャンプ
穴 サトノアレス
穴 レッドオルガ
穴 リライアブルエース


馬券の買い方

馬券はまず◎ロジクライの単勝を。

あとは馬連で◎-○。

本命から穴にワイドで流す。

この3種類の馬券で勝負したいと思っています。


まとめ

今週は東京新聞杯を特集してきました。

1月のブログで特集したレースは全て外してしまうという大失態さらしてしまったので、2月度一発目となる今回は必ず的中させたいと思っています。

今回はブログに書いたこと以外にもかなりレース分析も重ねてきたので、なんとか当たってほしい。

馬券には穴馬も絡めているので、最高の結果を期待したいと思っています。

このブログを読んでくださっている皆さんの力になることができれば、本当にうれしく思います。


今日はこれで以上となります。
最後までご覧いただき、ありがとうございました!