負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

シンザン記念2019 回顧。今年初めの予想は残念な結果に。敗因を探ります。

こんにちは。
Chelseaです。

今年一発目の重賞特集はシンザン記念でした。
題名にもあるように馬券は残念な結果に。
現地でレースを観戦していたのですが、かなり悔しい思いをしました。
やっぱりテレビより生観戦の方が感情移入ができるのでいいですよね。
また行きたいと思います。

さて今日はシンザン記念の馬券が外れてしまった要因をさぐる反省会です。
なぜ馬券が外れたのか。
考察の過程でどこが悪かったのか
馬券が外れたながらも良い所はなかったのか。
じっくり見ていこうと思います。

レース結果

敗因を探る前にレース結果から見ておきましょう。
馬券になった馬の血統・騎手・脚質とパドック映像を振り返っておきましょう。

1着 … ヴァルディゼール

父系統騎手
ロードカナロアキングマンボ北村友一
母父母父系統脚質
ハーツクライTサンデー差し
19シンザン記念パドック1着ヴァンディゼール

2着 ... マイネルフラップ

父系統騎手
ヴィクトワールピサTサンデー吉田隼人
母父母父系統脚質
ロージズインメイヘイロー追込み
19シンザン記念パドック2着マイネルフラップ

3着 ミッキーブリランテ

父系統騎手
ディープブリランテディープ坂井瑠星
母父母父系統脚質
Dansiliダンチヒ差し
19シンザン記念パドック3着ミッキーブリランテ

馬券になった馬全てに印を打つことができませんでした。
今回は2頭にしか印を打っていなかったとはいえ情けない限りです。

2着のマイネルフラップが人気薄。
このパドックの姿は今後のために参考にしておきましょう。
馬体に張りがあり歩き方も堂々としていました。

それでは悪かった点と良かった点を探っていきましょう。
考察記事をもとにやっていくので記事のリンクを貼っておきます。
シンザン記念 2018 血統傾向と脚質等の傾向を考察
シンザン記念2019で期待できる騎手とは


悪かった点

今回の悪かった点の1点目は展開を読み切れなかったこと。
有利な脚質や好走馬の上り3Fタイムが過去の傾向から読み切れていませんでした。
ここはもっと突っ込んだ調査をすることが必要だと感じました。


2点目は騎手の選定方法です。
秋山騎手を本命に選んだのですが、近走の調子がいいということで選びました。
データを見返してみると確かに勝率・複勝率はいいのですが、過去1ヶ月で2勝のみと勝利数を見るととても好調とは言えない状態でした。

これはデータの分母が少なかったことが原因。
データを抽出する際に単勝オッズを1~50倍に絞っていることが影響したと思います。
データの扱い方に問題があるかもしれません。
今後見直すつもりです。


良かった点

唯一良かった点は血統分析です。

1着馬は母父に好走血統のTサンデー系。
2着馬は父が好走血統のTサンデー系。
3着馬は母父が好走血統のダンチヒ系。

全て好走血統と分析した血が内包されている馬が馬券となりました。
毎度血統分析はうまくいっているので、やはり優先順位を一番高くしておく予想ファクターは血統が良いと感じました。

この部分はこれからもブレずにやっていこうと思います。


予想印と結果

◎ ハッピーアワー 5着
○ アントリューズ 8着

本命のハッピーアワーは掲示板を確保するのがやっと。
正直なことを言えばもう少しうまく乗ってほしかった。
でもこれも予想が悪いということですね。


まとめ

何度も言いますが、今年1発目の重賞特集は残念な結果となってしまいました。
うまくいかなかったものは仕方ありません。
反省点を活かして前に進んでいこうと思います。

今日わかったことも色々あったので、トライアンドエラーを繰り返しどんどんいい予想法を構築していこうと思います。

来週は必ず馬券的中が達成できるように頑張ります。


No Keiba,No Life.
以上Chelseaでした!