負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

桜花賞の予想を公開。混戦を制するのディープ産駒のこの馬。

こんにちは。

Chelseaです。

 

今週は桜花賞を特集してきました。

はやりクラシック初戦というだけあって、ほとんどの馬にチャンスがあるレースだと思います。

 

今日は1週間かけて考えてきた桜花賞の予想を公開させていただこうと思います。

 

 

データおさらい

予想にいく前に、週中で行ってきた各予想ファクターのデータ分析のおさらいからやっておこうと思います。

 

血統

まず血統的に言えることは、桜花賞過去好走馬のほとんどが父か母父がサンデーサイレンス系だということ。

本命馬を選ぶ際は必ず確認しておかなければなりません。

特にサンデー系のなかでも中距離レースに強い「Tサンデー系」の種牡馬産駒が活躍する傾向にあります。

 

サンデー系以外ではキングマンボ系も近年活躍が目立っています。

キングマンボ系の代表的な種牡馬は「キングカメハメハ」「ロードカナロア」「ルーラーシップ」です。

 

レース展開傾向

脚質的には差し追込みが有利。

過去勝ち馬のほとんどが中団より後ろで競馬をした馬です。

 

上り3Fタイムは33秒台を出せることが条件。

瞬発力の高さが求められます。

 

予想

ここまでは各予想ファクターのデータについておさらいをしてきました。

このデータをもとに予想をしましたので、参考にしていただければなと思っています。

それでは本命馬から発表します。

 

 本命

グランアレグリア
ディープインパクト ディープ
母父 Tapit エーピーインディ
脚質 先行 騎手 ルメール

本命はグランアレグリアです。

父ディープインパクトは過去の桜花賞で何度も好走馬を出している種牡馬ということで血統的な問題はありません。

番手で競馬ができる器用さもこの馬の持ち味で、4枠8馬という枠もかなり良いと思います。

土曜日の競馬を見ていても、阪神芝コースはまだまだ先行有利な馬場でしたので、この点はこの馬に有利に働いてくれると思います。

前走朝日杯FSは牡馬に混じりながらも馬券圏内を確保。サウジアラビアRCでも勝っています。

今回人気になる「ダノンファンタジー」に唯一土をつけている馬なので、能力はメンバーの中でナンバーワンかもしれません。

鞍上にはルメールを確保。

昨年のリーディングジョッキーなら必ずや勝利に導いてくれるはずです。

 

対抗

2番手には「ダノンファンタジー」を指名。

ディープインパクトに欧州型の母父ということで、血統的にはこの馬の方が推せます。

脚質に自在性があり、どんなレース展開になっても対応可能なのが強みの馬です。

本命にしたかったのですが、外枠を引いてしまったということで、対抗までとしました。

 

予想印まとめ

◎ グランアレグリア

○ ダノンファンタジー

▲ シゲルピンクダイヤ

穴にはシゲルピンクダイヤを指名。

シゲル〇〇という馬たちは「森中蕃」という馬主の馬なのですが、馬名にシゲルとつくだけで人気を落とす傾向にあります。

前走チューリップ賞でダノンファンタジーと差のない競馬をしているにも関わらず人気にならないのであれば、ここは狙い時ではないかと思います。

 

馬券の買い方

複勝 ◎

馬連  ◎-○

ワイド ◎-▲

 

まとめ

本日は桜花賞の予想を書かせていただきました。

参考にしていただければと思います。

今日は僕自身の体調不良のため、記事が簡単なものになってしまったことをお許しください。

桜花賞のレースが始まるころには体調が良くなっていることを願い、今日は早めに寝ようと思います。(この記事を書いているのは土曜の夜です。)

最後までご覧いただき、ありがとうございました!