負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

桜花賞 過去のレース傾向を考察。馬券的中へ向けて。

こんにちは。

Chelseaです。

 

本当に今年は馬券の調子が悪いです。

少し予想の方向性を見直さないといけないのかなと思っています。

 

血統のデータ分析はうまくいっているので、その他の予想ファクターを修正していこうと考えています。

 

ブログを書いているため、レース前日や当日の傾向を活かすのは時間的に厳しいという理由であまりやってこなかったのですが、もうそうは言ってられないなと。

 

最近思うのは、馬場の傾向を読んで予想に活かすことが効果的かなと考えているので、いい方法がないかを模索していこうと思います。

 

さて今週は3歳牝馬GⅠの「桜花賞」がおこなわれます。

もちろん当ブログでも力を入れて予想していくので、よかったら参考にしてみてください。

 

今日は桜花賞の過去の傾向について調べていこうと思います。

 

 

桜花賞過去好走馬の血統

 

2018年 良馬場
1着 2番人気 アーモンドアイ
ロードカナロア キングマンボ系
母父 サンデーサイレンス サンデー系
2着 1番人気 ラッキーライラック
オルフェーヴル サンデー系
母父 Flower Alley フォーティーナイナー系
3着 3番人気 リリーノーブル
ルーラーシップ キングマンボ系
母父 クロフネ ヴァイスリージェント系
2017年 稍馬場
1着 8番人気 レーヌミノル
ダイワメジャー Pサンデー系
母父 タイキシャトル ヘイロー系
2着 3番人気 リスグラシュー
ハーツクライ Tサンデー系
母父 American Post ネイティヴダンサー系系
3着 1番人気 ソウルスターリング
Frankel サドラーズウェルズ系
母父 Monsun  
2016年 良馬場
1着 3番人気 ジュエラー
ヴィクトワールピサ Tサンデー系
母父 Pistolet Bleu  
2着 2番人気 シンハライト
ディープインパクト ディープ系
母父 Singspiel サドラーズウェルズ系
3着 6番人気 アットザシーサイド
キングカメハメハ キングマンボ系
母父 アグネスタキオン Pサンデー系
2015年 良馬場
1着 5番人気 レッツゴードンキ
キングカメハメハ キングマンボ系
母父 マーベラスサンデー サンデー系
2着 7番人気 クルミナル
ディープインパクト ディープ系
母父 Candy Stripes レッドゴッド系
3着 8番人気 コンテッサトゥーレ
ディープインパクト ディープ系
母父 トニービン グレイソブリン系
2014年 良馬場
1着 1番人気 ハープスター
ディープインパクト ディープ系
母父 ファルブラヴ ノーザンダンサー系
2着 2番人気 レッドリヴェール
ステイゴールド Tサンデー系
母父 Dixieland Band ノーザンダンサー系
3着 5番人気 ヌーヴォレコルト
ハーツクライ Tサンデー系
母父 スピニングワールド ヌレイエフ系

上の表は過去5年桜花賞好走馬の血統構成を表したもの。

 

まず大事なのは、サンデーサイレンスの血が必須であるということ。

過去5年で連対した馬全てに、サンデーサイレンスの血が入っています。

サンデーサイレンスの血を持たない馬は今まで3着止まりとなっていますから、サンデーサイレンスの血を持つ馬から馬券を組み立てたいところです。 

 

サンデーサイレンス系の中でも特におすすめなのは、中距離路線で活躍するサンデー系種牡馬です。

ディープインパクト・ステイゴールド・ハーツクライなどがそれに当たります。

桜花賞はマイル戦ですが、GⅠということで厳しいレース展開になりやすいということから、距離適性がマイルよりも長めの種牡馬が活躍するのでしょう。

 

サンデーサイレンス系以外ではキングマンボ系にも注目です。

昨年の桜花賞はロードカナロア・ルーラーシップキングマンボ系種牡馬産駒が2頭も馬券に絡みました。

この系統も活躍する可能性があるので、注意しておきましょう。

 

 

桜花賞レース展開の傾向

 

2018年 良馬場
着順 人気 馬名 脚質 上り3F 上り順位
1 2 アーモンドアイ 追込 33.2 1
2 1 ラッキーライラック 先行 34.5 8
3 3 リリーノーブル 差し 34.3 3
Lap 12.3-10.7-11.5-12.1-12.1-11.5-11.3-11.6
2017年 稍馬場
着順 人気 馬名 脚質 上り3F 上り順位
1 8 レーヌミノル 先行 35.4 5
2 3 リスグラシュー 差し 35.3 4
3 1 ソウルスターリング 差し 35.4 5
Lap 12.7-10.9-11.1-11.8-11.8-11.5-11.9-12.8
2016年 良馬場
着順 人気 馬名 脚質 上り3F 上り順位
1 3 ジュエラー 追込 33.0 1
2 2 シンハライト 差し 33.7 3
3 6 アットザシーサイド 差し 33.9 4
Lap 12.4-10.7-11.7-12.3-12.0-11.4-11.3-11.6
2015年 良馬場
着順 人気 馬名 脚質 上り3F 上り順位
1 5 レッツゴードンキ 逃げ 33.5 4
2 7 クルミナル 追込 33.4 2
3 8 コンテッサトゥーレ 差し 33.6 5
Lap 12.7-11.7-12.7-12.9-12.5-11.3-10.7-11.5
2014年 良馬場
着順 人気 馬名 脚質 上り3F 上り順位
1 1 ハープスター 追込 32.9 1
2 2 レッドリヴェール 追込 33.4 2
3 5 ヌーヴォレコルト 差し 33.8 3
Lap 11.9-10.5-11.4-11.5-11.7-11.4-12.8-12.1

上の表は桜花賞過去好走馬の脚質・上がり3Fデータと、レースラップを表したものです。

 

まずレースラップですが、前傾ラップになるときもあれば、後傾ラップになることもあります。

この辺りは、出走メンバーなどから読み取っていかなければなと思っています。

 

脚質的には圧倒的に差しが有利。

逃げ先行で好走しようと思えば、展開の利を受けるか、余程の実力がないと厳しい。

 

上がり3Fタイムは33秒台が必要です。

阪神芝1600mコースはラストの直線が長いため、かなりの瞬発力が要求されるコースです。コーナーワークのうまさでごまかす事はできません。

 

 

まとめ

 

今日は桜花賞のレース傾向を「血統」と「レース展開」のいった、2つの予想ファクターから調べてきました。

 

とにかく実力通りに決まるコースなのですが、レース自体は荒れることもあります。

これは3歳牝馬ということで、まだ馬の実力がはっきりしていないことが原因でしょう。

 

今年はどんな桜花賞になるのか。

非常に楽しみな一戦です。

馬券もバッチリと的中できるように、必死に予想をしていこうと思います。