負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

マイラーズカップ 過去のレース傾向を調べました。

こんにちは。 
Chelseaです。

先週の皐月賞は残念な結果に。
ダノンキングリーが2着なら馬連的中だったのですが。
気を取り直して頑張りたいと思います。

今週はマイラーズカップをやっていこうかなと思っています。
登録は少ないのですが、ダノンプレミアム・モズアスコット・パクスアメリカーナといった豪華メンバーが揃う当レース。
必ず馬券的中といきたいところです。

今日はこの「マイラーズカップ」の過去のレース傾向を調べていきます。

マイラーズカップ過去好走馬の血統構成 

2018年 良馬場
1着 4番人気 サングレーザー
ディープインパクト ディープ系
母父 Deputy Minister ヴァイスリージェント系
2着 2番人気 モズアスコット
Frankel サドラーズウェルズ系
母父 Hennessy ストームバード系
3着 1番人気 エアスピネル
キングカメハメハ キングマンボ系
母父 サンデーサイレンス サンデー系
2017年 良馬場
1着 2番人気 イスラボニータ
フジキセキ Pサンデー系
母父 Cozzene グレイソブリン系
2着 1番人気 エアスピネル
キングカメハメハ キングマンボ系
母父 サンデーサイレンス サンデー系
3着 7番人気 ヤングマンパワー
スニッツェル ダンチヒ系
母父 サンデーサイレンス サンデー系
2016年 良馬場
1着 3番人気 クルーガー
キングカメハメハ キングマンボ系
母父 Diktat  
2着 5番人気 ダノンシャーク
ディープインパクト ディープ系
母父 Caerleon ニジンスキー系
3着 11番人気 クラレント
ダンスインザダーク Tサンデー系
母父 ダンシングブレーヴ リファール系
2015年 良馬場
1着 8番人気 レッドアリオン
アグネスタキオン Pサンデー系
母父 ダンシングブレーヴ リファール系
2着 5番人気 サンライズメジャー
ダイワメジャー Pサンデー系
母父 Deputy Minister ヴァイスリージェント系
3着 1番人気 フィエロ
ディープインパクト ディープ系
母父 Danehill ダンチヒ系
2014年 良馬場
1着 3番人気 ワールドエース
ディープインパクト ディープ系
母父 Acatenango  
2着 1番人気 フィエロ
ディープインパクト ディープ系
母父 Danehill ダンチヒ系
3着 2番人気 エキストラエンド
ディープインパクト ディープ系
母父 Garde Royale ネヴァーベンド系

まず毎年のように馬券になっているのはディープインパクト産駒。人気薄も持ってきていることから、マイラーズカップに適正の高い種牡馬といえます。

 

その他のサンデーサイレンス系では、サンデーサイレンス系の中でもマイル以下を得意としているPサンデー系の活躍も目立っています。代表産駒はダイワメジャー・キンシャサノキセキなどが挙げられます。

 

キングマンボ系の活躍も目立ってるので、マイラーズカップは「主流血統」を狙うべきレースです。

スタミナタイプの血統構成の馬はあまり活躍できていないので、素直にマイラーっぽい血統の馬を狙うのがいいでしょう。

 

京都芝1600m(外)が得意な種牡馬

種牡馬 勝率 複勝率 単回収 複回収
アドマイヤムーン 35.0% 45.0% 114 64
クロフネ 28.6% 42.9% 82 132
ディープブリランテ 25.0% 37.5% 295 118
ディープインパクト 12.2% 43.3% 91 87

コース適性の高い種牡馬も調べておきます。

 

アドマイヤムーン、クロフネといった短距離を主戦場としている「米国型」種牡馬が強そうです。

 

ディープインパクト・ディープブリランテといった「ディープ系」種牡馬も得意としてる舞台です。

 

このことから、スピードの絶対値が重要なコースだと言えます。

 

レース展開の傾向

2018年 良馬場
着順 人気 馬名 脚質 上り3F 上り順位
1 4 サングレーザー 差し 33.2 1
2 2 モズアスコット 先行 34.2 4
3 1 エアスピネル 差し 33.9 3
Lap 12.2-10.7-11.0-11.9-11.4-11.2-11.2-11.7
2017年 良馬場
着順 人気 馬名 脚質 上り3F 上り順位
1 2 イスラボニータ 先行 32.9 2
2 1 エアスピネル 差し 32.9 2
3 7 ヤングマンパワー 先行 33.6 8
Lap 12.4-11.2-11.7-12.1-11.4-11.3-10.8-11.3
2016年 良馬場
着順 人気 馬名 脚質 上り3F 上り順位
1 3 クルーガー 追込 34.0 1
2 5 ダノンシャーク 差し 34.2 2
3 11 クラレント 先行 34.6 6
Lap 12.3-10.7-11.1-12.1-11.7-11.7-11.3-11.7
2015年 良馬場
着順 人気 馬名 脚質 上り3F 上り順位
1 8 レッドアリオン 先行 32.9 5
2 5 サンライズメジャー 逃げ 33.2 10
3 1 フィエロ 差し 32.5 2
Lap 12.3-11.0-12.0-12.4-11.7-11.1-10.8-11.3
2014年 良馬場
着順 人気 馬名 脚質 上り3F 上り順位
1 3 ワールドエース 先行 33.2 3
2 1 フィエロ 差し 33.2 3
3 2 エキストラエンド 差し 33.2 3
Lap

12.5-11.0-11.4-11.7-11.2-11.4-10.9-11.3

脚質的には逃げが苦戦傾向。

勝利が1番多いのは先行で、3着内が1番多いのは差しとなっています。

穴を狙うなら先行が良さそうです。

 

レースラップは中盤で一旦緩い流れになり、ラスト4Fから一気にペースアップする展開が多いです。

速い上がり3Fタイムを求められるレースで、最低でも33秒台後半の脚は使えないと厳しいでしょう。

 

まとめ

今日はマイラーズカップの予想に向けて、加古のレース傾向を調べてきました。

参考にしていただければと思います。

 

今年のマイラーズカップは出走頭数こそ少ないながらも、少数精鋭のレベルの高いメンバー構成となりました。

素晴らしいレースになることを期待して、週末を楽しみに待ちたいと思います。

 

本日はこれで以上となります。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!