負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

阪神大賞典の予想に向けて、過去のレース傾向を分析しました。

こんにちは。

Chelseaです。

 

今週の重賞はフラワーC・ファルコンS・スプリングS・阪神大賞典と4本立てで組まれています。

 

当ブログでは今週唯一の古馬重賞である阪神大賞典にスポットを当て、力を入れて予想していきたいと思います。

 

今日調べるのは阪神大賞典の過去のレース傾向です。

 

 

阪神大賞典過去好走馬の血統構成

2018年 良馬場
1着 3番人気 レインボーライン
ステイゴールド Tサンデー系
母父 フレンチデピュティ ヴァイスリージェント系
2着 4番人気 サトノクロニクル
ハーツクライ Tサンデー系
母父 Intikhab ロベルト系
3着 1番人気 クリンチャー
ディープスカイ Dサンデー系
母父 ブライアンズタイム ロベルト系
2017年 良馬場
1着 1番人気 サトノダイヤモンド
ディープインパクト ディープ系
母父 Orpen ダンチヒ系
2着 2番人気 シュヴァルグラン
ハーツクライ Tサンデー系
母父 Machiavellian ミスプロ系
3着 5番人気 トーセンバジル
ハービンジャー ダンチヒ系
母父 フジキセキ Pサンデー系
2016年 良馬場
1着 1番人気 シュヴァルグラン
ハーツクライ Tサンデー系
母父 Machiavellian ミスプロ系
2着 4番人気 タンタアレグリア
ゼンノロブロイ Tサンデー系
母父 Stuka ミスプロ系
3着 3番人気 アドマイヤデウス
アドマイヤドン ミスプロ系
母父 サンデーサイレンス サンデー系
2015年 良馬場
1着 1番人気 ゴールドシップ
ステイゴールド Tサンデー系
母父 メジロマックイーン  
2着 7番人気 デニムアンドルビー
ディープインパクト ディープ系
母父 キングカメハメハ キングマンボ系
3着 2番人気 ラストインパクト
ディープインパクト ディープ系
母父 ティンバーカントリー ミスプロ系
2014年 良馬場
1着 1番人気 ゴールドシップ
ステイゴールド Tサンデー系
母父 メジロマックイーン  
2着 5番人気 アドマイヤラクティ
ハーツクライ Tサンデー系
母父 エリシオ ノーザンダンサー系
3着 3番人気 バンデ
Authorized サドラーズウェルズ系
母父 Priolo ノーザンダンサー系

 

上の表は過去5年阪神大賞典好走馬の血統構成をまとめたものです。

 

これを見てまず気付いたのは、Tサンデー系種牡馬産駒の好走が目立つということ。

ハーツクライステイゴールドがTサンデー系に当たります。

Tサンデー系とは、サンデーサイレンスの中でも中長距離を得意としている系統で、欧州指向の強い系統です。

ディープインパクトも分類するとすればTサンデー系に当たります。

 

阪神大賞典は長距離レースなので、このTサンデー系種牡馬産駒が活躍するレースなのでしょう。

Tサンデー系が活躍するレースということは、スタミナと瞬発力が必要ということなので、父が欧州型で母父がサンデー系といった組み合わせでも活躍しそうですね。

 

 

阪神大賞典の展開について

2018 良馬場
Lap 12.8-11.4-11.7-11.8-12.4-12.3-12.6-13.3-12.8-12.3-
12.0-11.8-11.9-12.0-12.5
1着 3番人気
馬名 レインボーライン
脚質 マクリ
上り3F 35.8秒
2着 4番人気
馬名 サトノクロニクル
脚質 先行
上り3F 36.0秒
3着 1番人気
馬名 クリンチャー
脚質 先行
上り3F 36.6秒
2017 良馬場
Lap 12.8-11.8-11.6-12.7-12.6-11.5-11.7-12.5-12.4-12.3-
12.6-12.3-
11.7-11.8-12.3
1着 1番人気
馬名 サトノダイヤモンド
脚質 マクリ
上り3F 35.4秒
2着 2番人気
馬名 シュヴァルグラン
脚質 マクリ
上り3F 35.9秒
3着 5番人気
馬名 トーセンバジル
脚質 追込
上り3F 35.8秒
2016 良馬場
Lap 13.0-11.6-12.5-12.2-12.3-12.2-12.6-13.7-13.3-12.6-
12.3-11.9-11.6-11.6-12.4
1着 1番人気
馬名 シュヴァルグラン
脚質 先行
上り3F 34.9秒
2着 4番人気
馬名 タンタアレグリア
脚質 先行
上り3F 35.5秒
3着 3番人気
馬名 アドマイヤデウス
脚質 先行
上り3F 36.1秒
2015 良馬場
Lap 12.7-10.5-11.5-12.5-13.2-12.9-13.0-13.6-12.9-12.6-
12.2-12.4-12.0-11.7-12.2
1着 1番人気
馬名 ゴールドシップ
脚質 先行
上り3F 35.5秒
2着 7番人気
馬名 デニムアンドルビー
脚質 差し
上り3F 35.6秒
3着 2番人気
馬名 ラストインパクト
脚質 追込
上り3F 35.8秒
2014 良馬場
Lap 13.3-12.2-12.7-12.5-12.5-12.4-12.6-12.9-12.8-12.4-12.7-12.6-11.8-11.3-11.9
1着 1番人気
馬名 ゴールドシップ
脚質 先行
上り3F 34.5秒
2着 5番人気
馬名 アドマイヤラクティ
脚質 先行
上り3F 34.9秒
3着 3番人気
馬名 バンデ
脚質 逃げ
上り3F 35.6秒


上の表は過去5年阪神大賞典好走馬の脚質や上がり3Fタイムをまとめたもの。

 

まずレースラップの傾向ですが、長距離戦らしくレース前半~中盤は落ち着いた展開になりやすいです。スローペースで流れます。

勝負所はラスト1000mあたりから。

ここからゴールまでの超ロングスパート戦となるので、スピードとスタミナの持続力が必要です。

 

脚質的には先行有利ですが、マクリの馬の好走も多い事から、最後の直線でいかに先団につけれているかが重要。

差し追込みは苦戦傾向にあるので、割り引いて考えてもよさそうです。

 

長距離戦ということでもちろん上りはかかるのですが、それでも長距離戦ながら35秒台、時には34秒台の上りの脚が使えないと、馬券に絡むのは厳しくなってくるでしょう。

 

 

まとめ

今日は阪神大賞典の過去のレース傾向について調べてきました。

予想の参考になれば幸いです。

 

今日調べたことを簡単にまとめておきます。

 

血統的にはTサンデー系の血を持つ馬が狙い目です。

Tサンデー系とはサンデーサイレンス系の中でも、中長距離戦を主戦場とする系統です。

スタミナと瞬発力の豊富さが大きな特徴となっています。

 

展開面では最後の直線の入り口で、先団につけていることが好走するには重要です。

ラスト1000mからのロングスパート勝負となるので、スピードとスタミナの持続力を持ち合わせている馬が好走すると考えています。

そこそこの末脚を使えることも好走の条件です。

 

以上の事を参考に予想を組み立てていきたいと思います。

 

今日はこれで以上となります。

最後までご覧いただき、ありがとうござました!