負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

フェブラリーS 予想 ゴールドアリュール産駒で勝負!

おはようございます。
Chelseaです。

今週は2019年初のGⅠであるフェブラリーSを特集してきましたが、今日がレース本番です。

藤田菜七子騎手が初めてGⅠレースに参戦するなど、話題の尽きない今年のフェブラリーSなので、どんなレースになるのか非常に楽しみな一戦であります。

今日はそのフェブラリーSの予想を公開しますので、参考にしていただければ嬉しいです。

データ分析のおさらい

予想に行くまえに、週中で行ってきた各予想ファクターのデータ分析を、簡単にではありますが振り返っておきましょう。


血統的にはサンデー系以外の反主流血統を狙うべきです。

大きな括りで言うと、ミスタープロスペクター系やボールドルーラー系がそれにあたります。

ただサンデー系の中でもゴールドアリュール産駒だけは別で、フェブラリーSでは何度も好走していることから注意が必要です。


展開面ではダート戦では珍しく差しや追込みといった、中団又は後方で競馬をした馬が有利です。

これはラストの直線が長いことと、芝スタートでダッシュがつきやすく、序盤からペースが速くなることが要因かと思います。

逃げで好走するには相当な能力が必要で、積極的には狙いにくいといったところです。

速い上がり3Fタイムは必須なので、末脚自慢の馬を狙えば、馬券的中に近付けると考えています。


簡単にまとめてみましたが、より詳しく知りたい方は、下記リンクよりデータ分析記事に飛ぶことができるので、ご覧になってみてください。

こちらの記事もCheckフェブラリーS 血統データ分析
フェブラリーS 展開データ分析
フェブラリーS 騎手データ分析

フェブラリーS予想

というわけでここまでは、各予想ファクターのデータ分析をおさらいしてきました。

このデータ分析を根拠に予想を組み立ててましたので、まずは本命馬から発表させていただきたいと思います。

本命はゴールドドリーム

ゴールドドリーム 牡6父:ゴールドアリュール
(Dサンデー系)
母父:フレンチデピュティ
(ヴァイスリージェント系)
脚質:差し
騎手:ルメール

本命はゴールドドリームにしました。

ゴールドドリームの父であるゴールドアリュールは、コパノリッキーやエスポワールシチーの父でもあり、過去のフェブラリーSで何度も活躍馬を排出しています。

ゴールドドリーム自身も昨年のフェブラリーSで2着、一昨年は勝利と適性があることは証明済みです。


レーススタイルは道中中団で脚を溜め、ラストの直線で勝負するタイプ。

速い上がり3Fタイムも使うことが可能で、展開面でも恩恵を受けることができるでしょう。


鞍上に昨年のリーディングジョッキーであるルメールが引き続き騎乗。

ルメール自身、東京ダートコースを得意としていて、更にフェブラリーSの舞台となる東京ダート1600mも得意としています。

近走成績も良く好調で、安心して見ていられるジョッキーです。


ゆったりとしたレースローテーションにも好感が持てますし、能力・適性・鞍上全てにおいてスキがありません。


万全の態勢で臨むことができるゴールドドリームに本命を打つことにしました。

フェブラリーS 予想印

◎ ゴールドドリーム
○ インティ
▲ オメガパフューム
☆ノンコノユメ
△コパノキッキング

対抗のインティは前走東海Sでスローペースながら、逃げて上がり3Fタイム35秒台をマーク。
能力の高さは認めますが、GⅠのハイペースでどうなるかは未知なので対抗までに留めました。

▲☆△は末脚自慢で、反主流血統である米国型の馬で揃えてみました。

オメガパフュームはいい枠を引きましたし、ノンコノユメは昨年の覇者。

コパノキッキングは競馬を盛り上げてくれるDr.コパさんと藤田菜七子騎手への応援も込めて印を打ちました。

馬券の買い方

単勝 ◎
馬連 ◎→○▲
ワイド ◎→☆△

堅く収まるのではないかというのが僕の見解です。

ゴールドドリームは1番人気ではないので、1着となればプラス収支になる可能性は高まります。

馬連・ワイドのダブル的中となれば御の字ですね。


まとめ

今日はフェブラリーSの予想をお送りしてきましたが、皆さん参考になりましたでしょうか?

予想ももちろんですが、そこに至るプロセスも参考にしていただければよいかと思います。

レースは京都競馬場に出向いてのパブリックビューイングで、他の競馬ファンと共に盛り上がりたいと思っているので、今から非常に楽しみです。

良い結果となって、気分よく帰路につければ最高ですよね。


本日はこれで以上となります。
最後までご覧いただき、ありがとうございました!