負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

天皇賞秋2018 レース回顧。馬券は的中。データ分析からレース予想までの1週間を振り返ります。

こんにちは。
Chelseaです。

先週は天皇賞秋が行われました。

おかげさまで馬券は的中し収支もプラスとなりました。

今日はその天皇賞秋をもう一度振り返ろうと思います。

レースデータの分析はうまくいったのか。

馬券の買い方に問題はなかったのか。

反省点を探すべくレース回顧を行っていきます。

レース結果

それではまずレース結果から見ていきましょう。

1着 レイデオロ
1着レイデオロ

2着 サングレーザー
2着サングレーザー

3着 キセキ
3着キセキ

以上が今年の天皇賞秋で馬券になった馬の詳細です。

これを先週おこなってきたデータ分析と照らし合わせてみましょう。



データ分析振り返り

血統データ

  • ディープインパクト産駒がとにかく強い。特に良馬場で力を発揮する。
  • Tサンデー系も得意とするレース。
  • グレイソヴリンの血を持つ馬には注意。
  • スクリーンヒーロー産駒とハービンジャー産駒も狙い目。

レース結果を見てみると、1着と3着がともにノーマークのキングマンボ系。

確かに過去の天皇賞秋で好走馬は出ている系統ですが、そんなに多くなかったのでジュウシすることができませんでした。

土日の血統傾向を見ても特にキングマンボ系が来ていたわけではないので僕には拾えませんでした。

もちろん競馬は毎回データ通りいくとは限りません。

今回は仕方なかったということにしておいてください。


ちなみに2着のサングレーザーは好走血統のディープインパクト産駒。

ここはデータ分析が活きて、この馬に本命を打つことができましたのでヨシとしておきましょう。



脚質データ

  • 過去好走馬の脚質を見てみると、先行→差し→追込み→逃げの順で期待値が高い。
  • 逃げ馬は不利。ほぼ馬券にならないと思っていてよい。
  • 穴馬は先行馬から出そう。
  • 好走馬の上りタイムが速い決着の時と、そんなに速くない決着の時がある。メンバー次第で読んでいかなければならない。かといって35秒台のレースで好走するような消耗戦型の馬は不利。

レース結果を見てみると、馬券圏内を占めた馬の脚質はいから順に、差し→差し→逃げ。

差し馬は馬券になるとは思ってましたが、まさか逃げ馬が馬券になるとは思ってませんでした。
キセキは強い競馬をしたと思います。


連対馬のの上がりは33秒台とやはり瞬発力勝負となりましたね。

ここは読み通りでした。


やはり脚質を読むのは難しいですね。
レースは生き物なので、なかなか思い通りにならないです。


ただ上がり3Fは重要です。
速い上がりタイムになるのか、それとも上がりがかかる展開になるのか。

これが読めれば馬券的中に大きく近づくような気がします。

今回読みきれなかったのは、レイデオロが速い上がりに対応可能だったことですね。



騎手データ

  • ルメール・福永・デムーロ・川田・戸崎・モレイラ。モレイラ以外は回収率も高い。
  • 好調なのは、ルメール・モレイラ・デムーロ・武豊・戸崎・北村友・川田・横山典・福永。
  • 大レースにも強いのは、ルメール・デムーロ・川田・武豊・モレイラ・戸崎。

レース結果を見てみると、馬券になった騎手は、ルメール・モレイラ・川田。

僕は騎手データを分析するときに、コース成績・近走成績・重賞成績と3つの視点から分析をしています。

この3つの条件全てで好走率が高い騎手を☆3つ騎手と読んでいるのですが、この☆3つ騎手は本当によく馬券になりますね。

ほぼ毎回☆3つ騎手の誰かが馬券になっている状態です。

今後も予想に活かせそうです。

ちなみに今回馬券になった騎手3人は全て☆3つ騎手でした。

やはり騎手は重要です。
予想の優先順位は高めに設定しておかなければなりませんね!



予想の結果

予想結果

本命のサングレーザーは見事2着。
馬券は◎複勝と、◎‐○ワイドだったので複勝のみの的中となりました。

複勝を厚めに買っていたので収支はプラスに。
回収率は248%でした。




まとめ

正直同じディープインパクト産駒のマカヒキと本命は迷ったのですが、最後は騎手がモレイラという点をプラス材料にとりサングレーザーを本命にしたことが功を奏しました。

やはりデータは有効に使わないと意味がないですね!

ワイドも当たれば最高だったのですが、対抗にした1番人気のスワーヴリチャードがとんだことで複勝配当が高めについたことは作戦どおりです。

スワーヴリチャードが来ればワイドも的中。
飛べば複勝配当が跳ねるというのが僕の狙いだったのです。

やはり馬券の買い方は大切ですね!


今週はダートGⅠの祭典『JBCシリーズGⅠ3レース』が行われます。

当ブログでは花形となるJBCクラシックを特集します。

今週も馬券は的中となるようにベストを尽くしますので、皆さん是非ともこのブログを見てください!


No Keiba , No Life.

以上Chelseaでした!