負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

18秋華賞で有利になる脚質は?3つの視点から考察する。

Chelseaです。

今週は秋華賞が行われます。
京都芝2000mで行われる重賞(GⅠ)です。

前回の記事では秋華賞好走馬の血統傾向を、秋華賞過去5年のレース傾向、秋華賞の舞台である「京都芝2000mコース」でのコース傾向と2つの視点からデータを考察・分析してきました。
まだご覧になっていない方は、下記リンクより一度ご覧になっていただきたいと思います。
www.chelsea-kizuna.com

今日は秋華賞の過去データを調べ、好走馬の脚質傾向を考察・分析していきたいと思います。

データ分析を行う切り口は、過去のレース傾向過去のコース傾向(全クラス)過去のコース傾向(オープンクラス以上)の3つのポイントから考察・分析していきます。
それでは早速見ていきましょう。


過去5年秋華賞好走馬の脚質傾向

f:id:shishamonoatama:20181010103026p:plain
上記表は過去5年秋華賞好走馬の脚質をまとめたものです。
この表を見てわかることを、どんどん挙げていきましょう。

過去5年の秋華賞好走馬を見てみると、とにかく差し馬が有利となっています。実に好走馬15頭中11頭が差し馬。
逆に逃げ先行馬には不利で、逃げ馬に関しては馬券に絡んだのはゼロです。
先行馬も2頭しかいません。
このことから前で競馬する馬にとっては厳しいレースであると言えます。

そして上がり3Fの重要度ですが、上がり3Fタイムが33秒台で好走馬している馬は2頭しかいません。
好走馬のほとんどが34秒台で、ゴール前は消耗戦になっていることがわかります。
上がり3F順位も重要ではなく、瞬発力だけで好走してきた馬は人気になりやすいので、疑ってかかっても面白いのではないでしょうか。

では次に秋華賞の舞台となる、京都芝2000mの脚質傾向を見ていきましょう。


過去3年京都芝2000m脚質別コース成績(全クラス)

f:id:shishamonoatama:20181010104330p:plain
(データは過去3年、良馬場、単勝オッズ1〜50倍までを条件として抽出。)
上記表は秋華賞の舞台となる京都芝2000mの脚質別成績です。
このデータを見てわかることを、どんどん挙げていきましょう。

秋華賞が行われる京都芝2000mの脚質別成績を見てみると、先行馬と差し馬の好走数が非常に多いことがわかります。
逃げ馬も複勝率が55%と高く、回収率も126とかなり優秀です。秋華賞のレース傾向をは相反する結果となっています。
差し馬は複勝率も水準を上回っていますし、回収率も高い。
ここでわかることは逃げ馬と差し馬は狙えるということです。

先行馬も好成績に見えますが、回収率も複勝率も水準レベル。
特に買える脚質ではないことがわかります。

ではオープンクラス以上に絞り込むとどうなるかを調べていきましょう。


過去3年京都芝2000m脚質別コース成績(OPクラス以上)

f:id:shishamonoatama:20181010104349p:plain
(データは過去3年、良馬場、単勝オッズ1〜50倍までを条件として抽出。)
上記表は秋華賞の舞台である京都芝2000mの脚質別成績です。
今回はオープンクラス以上に絞ってデータを抽出しています。

オープンクラス以上になると、逃げ馬がとても有利になります。
おそらくこれは2歳戦が混じっているからであると思われます。
好走数自体は先行馬と差し馬が多いですね。
回収率は差し馬のほうが高くなっています。

上がり3F順位が下位の馬がよく馬券に絡んでいることも見逃せません。
レース傾向でも述べたとおり、やはり消耗戦になることが多いことの表れでしょう。


まとめ

というわけで、今日は秋華賞の脚質傾向について、過去のレース傾向、コース傾向(全クラス・オープンクラス以上)という3つの視点からデータを考察、分析してきました。
結構色々書いてしまいましたので、ここで簡単にまとめておきたいと思います。

  • 過去好走馬のほとんどが差し馬となっている。
  • コース傾向的には逃げ馬が強い。一発を秘めている。
  • 上がり3Fタイムと順位は重要ではない。むしろ消耗戦に強いタイプを狙うべき。

以上の3点が今日脚質というファクターを考察してわかったことです。
これをもとに週末の予想を行いたいと思います。

次回は今年の秋華賞で人気になることが予想される馬について、血統面を中心に考察していきたいと思います。
次回も是非ご覧になってください。

それではChelseaでした!