負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

秋華賞2018 レース回顧 馬券は不的中。敗因を探っていく。

こんにちは。
Chelsea(@CHELSEA160928)です。

今日はGⅠレースである秋華賞が行われました。当ブログでも1週間かけて特集し、考察記事・予想記事を書かせてもらいました。
今日はその秋華賞の予想結果とレース内容を振り返り、良かった点悪かった点を見ていきたいと思います。

今後の馬券戦略の力をアップする為にも、自分の予想を振り返るのはとても大事です。馬券が当たったときも外れたときも、しっかりとレース回顧は行っておきましょう。


秋華賞レース結果

まずは馬券になった馬たちの血統構成と、脚質、騎手を見ていきます。
その後、先週書いてきた考察記事とレース結果を見比べて、考察が正しかったのか正しくなかったのかを見ていきたいと思います。

1着 アーモンドアイ

f:id:shishamonoatama:20181014172214p:plain

2着 ミッキーチャーム

f:id:shishamonoatama:20181014172242p:plain

3着 カンタービレ

f:id:shishamonoatama:20181014172252p:plain

これらが秋華賞で馬券に絡んだ馬の各種データです。
この結果を踏まえて、血統・脚質・騎手の3項目からスプリンターズSを振り返ってみましょう。

血統

秋華賞の血統面での傾向について、考察記事では次のように書いていました。

  • Tサンデー系やキングマンボ系といった主流派血統が走るレース。
  • 近年はハービンジャー産駒の活躍も目立ってきている。
  • ステイゴールド系は特に京都芝2000mと相性が良い。

引用元 18秋華賞 血統傾向を考察する。好走馬、穴馬の条件とは。
レース結果を見てみると、1着から3着までは全て主流血統の馬。
考察記事では主流血統がいいと書いていたので、考察がいきた形となりました。

血統面の考察方法は間違っていないので、今後もこの形を崩さないようにしていきたいですね。

脚質

秋華賞の脚質面での傾向について、考察記事では次のように書いました。

  • 過去好走馬のほとんどが差し馬となっている。
  • コース傾向的には逃げ馬が強い。一発を秘めている。
  • 上がり3Fタイムと順位は重要ではない。むしろ消耗戦に強いタイプを狙うべき。

引用元 18秋華賞で有利になる脚質は?3つの視点から考察する。

レース結果を見てみると、まさに逃げたミッキーチャームが人気薄ながら2着と大健闘でした。
馬券に絡んだ残り2頭は差し馬。

脚質面の考察もうまくいっていると思います。

騎手

秋華賞の騎手面での傾向について、考察記事では次のように書いている。

☆の数でジョッキーを評価したいと思います。
☆3 ルメール 川田 デムーロ
☆2 北村友
☆1 武 岩田 池添 戸崎 浜中

引用元 秋華賞2018 騎手データ考察。馬券的中のために分析します。

レース結果は1着から順にルメール・川田・武と全ておススメした騎手が馬券圏内を占めた。

特に☆3ジョッキーは毎度のことながらよく馬券に絡んでいる。
今後も注目です。



予想印と馬券の結果

ここからは、秋華賞で予想した馬の予想印と、購入した馬券の結果について書いておきます。

馬券で勝つには予想はもちろん1番大事な事なのですが、馬券の買い方も同じぐらい大切です。

馬券の買い方で収支が大きく変わるので、しっかりと見直しておきましょう。まずは予想印から振り返ります。

予想印と着順

馬名 着順
ラッキーライラック 9
アーモンドアイ 1
カンタービレ 3
サラキア 4
ミッキーチャーム 2
ゴージャスランチ 8
プリモシーン 7

本命のラッキーライラックは9着と、なんとも情けない結果に。

ただ馬券上位にはほとんど印が回っているので、予想自体は良い予想ができていると思います。

馬券の買い方と結果

馬券はFプラン。
複勝◎
ワイド◎-○
馬券は的中。
回収率は0%

馬券の買い方については次の記事を参考にしてください。
https://www.chelsea-kizuna.com/entry/2018/07/12/173000www.chelsea-kizuna.com



まとめ

今回各予想ファクターの考察は上手くいきました。
にも関わらず馬券が的中しなかった原因はなにか。

それは騎手の選定だと思います。

ラッキーライラックはもともと石橋騎手のお手馬ですが、落馬のケガにより北村友騎手に乗り替わりとなりました。

北村友騎手は今回☆2騎手で期待しての◎だったのですが、やはり大レースでの乗り替わりは厳しい。
今回デムーロも乗り替わりで馬券に絡めませんでしたしね。

乗り替わりの騎手が重賞でよく馬券に絡むような一流騎手ならまだしも、中堅騎手への乗り替わりの馬を本命にしたのは軽率でした。

正直カンタービレと本命を迷っていたので、やはりここは悔いが残ります。

今日のこの失敗を踏まえて、今後は同じ過ちを二度とやらないことを心に誓っておきます。

今回参考にしてくれた方、力になれず申し訳ありませんでした。


次回は菊花賞。
血統派の僕は気合が入る一戦です。

今まで予想してきた経験を活かして、必ず馬券的中を達成させたいと思います。


最後に

いつもこのブログを見てくださって本当にありがとうございます。
今後とも応援のほど宜しくお願いします。

それではChelseaでした!