負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

18秋華賞 人気馬の血統構成を考察。買える人気馬・危険な人気馬は?

こんにちは。
Chelseaです。

今週は秋華賞が行われます。
京都芝2000mで行われる重賞競争(GⅠ)となってます。

今週はこの秋華賞を特集しており、これまでに2つの考察記事をあげてきました。
まだご覧になられてない方は、是非下記リンクをクリックまたはタップしていただき、ご覧になってみてください。
18秋華賞 血統傾向を考察する。好走馬、穴馬の条件とは。 - 負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜
18秋華賞で有利になる脚質は?3つの視点から考察する。 - 負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

今日はこの2つの考察記事を基に、今年の秋華賞で人気馬になることが予想される馬たちの血統構成について、僕なりの見解を書いていきたいと思います。

それではまず今年の秋華賞で人気馬となりそうな馬たちを見てみましょう。


18秋華賞予想オッズ

f:id:shishamonoatama:20181010112456p:plain
netkeiba予想オッズより引用

以上の人気馬5頭について血統構成を中心に解説していくことにします。

アーモンドアイ

f:id:shishamonoatama:20181010112518p:plain
父は好走血統のキングマンボ系。
母父はサンデー系。
説明不要かと思いますが、牝馬3冠のかかった名馬級の馬です。
能力の高さは折り紙付きで普通に勝つ可能性は高いでしょう。
追込み一辺倒だったのですが、前走はそこそこ前で競馬できたのも大きなプラス材料です。
ただ1つケチをつけるとすれば、この馬はまた持久力戦の競馬を経験しておらず、スローの瞬発力勝負て結果を出しています。
秋華賞は持久力勝負になるので、この点がどうでるのか。
厚い印を打つことは確実ですが、競馬に絶対はないと思っています。

ラッキーライラック

f:id:shishamonoatama:20181010112539p:plain
父はオルフェーヴル。好走血統のステイゴールドが入っています。
母父はフォーティーナイナー系です。
この馬の強みは先行競馬でも差し競馬でも結果を出しているところ。
展開に左右されないのが強みです。
血統的にも持久力勝負は合いそうです。
上がりタイムも34秒台で好走している経験もありますし、秋華賞の舞台である京都芝2000mの条件はピッタリではないでしょうか。
本命候補の1角ですね。

カンタービレ

f:id:shishamonoatama:20181010112625p:plain
父は好走血統のディープインパクト。
母父はサドラーズウェルズ系。
どちらかというとスタミナ寄りの血統構成です。
この馬は先行馬なので差しが有利となる秋華賞では展開面でハンデを背負うことになるかも痴れません。
ただ上がりかかる持久力勝負の展開には強いので、ゴール前で粘り込む姿も想像できます。
ローズステークスの勝馬である点も見逃してはいけないでしょう。
鞍上次第の部分もあるのではないでしょうか。

サラキア

f:id:shishamonoatama:20181010112641p:plain
父は好走血統のディープインパクト。
母父はニジンスキー系で、この馬もスタミナ寄りの血統構成です。
常に上がり3F上位となる馬ですが、上がりタイムが34秒台で結果を出している持久力タイプの馬です。
展開面でも問題ないでしょう。
ただ夏を一発使っているのでコンディション面が気になります。
調教なんかも見てみての最終判断となりそうですね。

プリモシーン

f:id:shishamonoatama:20181010112657p:plain
父は好走血統のディープインパクト。
母父も好走血統のダンチヒ系。
人気馬の中では血統構成が最も面白いと思っている1頭です。
元々追込み脚質で、直線不利を受けることが多く、中々結果を出せなかったのですが、前走の関屋記念では中団から競馬し結果を出しました。
鋭い末脚をもっていますし、持久力戦でも結果は出せるでしょう。
前走の関屋記念と同じような位置を取ることができれば、勝ち負けもあり得る馬だと思っています。
枠は重要となってくるでしょう。


まとめ

今日は今年の秋華賞で人気となることが予想される馬について、僕なりの見解を書かせてもらいました。
現時点で厚い印を打つことになりそうな馬をここで挙げておきましょう。

  • アーモンドアイ
  • ラッキーライラック
  • カンタービレ
  • プリモシーン

上記に挙げた頭は血統的にオススメの馬です。
過去のレース動画ももう一度確認しておきたいなと思っています。

次回は騎手データを考察していきます。
騎手というファクターは思った以上に重要です。
意外と重要視している人は少ないと思いますよ!
次回も是非ご覧になってください。

以上Chelseaでした!