負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

'18ローズS 騎手考察。阪神芝1800mが得意な騎手、好調な騎手は?

Chelseaです。
今週はローズS。
阪神芝1800mで行われる重賞(GⅡ)だ。
今週はこれまでに、ローズSに関する記事を書いてきた。

まだご覧になられていない方は上記リンクより是非ご覧になってほしい。

今日で展望記事は最後。取り上げるファクターは「騎手」だ。
騎手はレース中に唯一馬に触れることができる存在で、数ある予想ファクターの中でも、かなり重要なファクターだ。
今日はその騎手について、ローズSが行われる阪神芝1800m騎手別成績と、近走の成績からローズSでアドバンテージがありそうな騎手を考察していく。

ローズS出場騎手 C成績

騎手 複勝率 単回値 複回値 3着内シェア
川田将雅 55.7% 64 99 11.3%
ルメール 52.9% 119 93 9.5%
浜中俊 46.0% 45 95 5.9%
M.デム 45.3% 77 68 8.7%
福永祐一 44.9% 113 89 7.9%
横山典弘 40.0% 58 122 0.5%
池添謙一 36.6% 96 69 3.8%
藤岡佑介 33.3% 118 99 2.3%
藤岡康太 29.2% 31 85 1.8%
北村友一 26.9% 31 61 1.8%
和田竜二 25.4% 62 83 4.4%
松山弘平 24.4% 40 66 2.6%
太宰啓介 22.2% 0 62 0.5%
秋山真一 19.0% 22 35 1.0%

(データは単勝オッズ1~50倍、出走機会5回以上で抽出。複勝率順でソート)
上記表はローズSが行われる阪神芝1800mの騎手別成績である。これを見てわかることをピックアップしていこう。

阪神芝1800mの条件で複勝率が高いのは、川田・ルメール・浜中・デムーロ・福永・横山典。この6人は阪神芝1800mを非常に得意としているので、積極的に馬券で狙っていこう。特に3連系の馬券で勝負する人は、押さえておく必要があるだろう。
特に川田とルメールに関しては、複勝率が50%を超えるハイアベレージを誇り、複勝回収率も水準を大きく上回っているので、馬券圏内に来る可能性は非常に高いだろう。


近走成績の良い好調の騎手は

騎手 複勝率 単回値 複回値 3着内シェア
M.デム 57.1% 58 82 3.8%
ルメール 55.7% 57 78 5.3%
和田竜二 53.5% 84 120 5.1%
北村友一 44.9% 205 101 3.0%
川田将雅 44.4% 94 54 0.5%
浜中俊 40.5% 62 93 2.3%
福永祐一 40.0% 54 74 2.7%
藤岡佑介 40.0% 150 93 1.9%
松山弘平 39.3% 49 92 3.2%
藤岡康太 33.3% 204 93 1.8%
秋山真一 30.4% 93 78 0.9%
横山典弘 29.2% 60 59 0.9%
池添謙一 28.6% 113 62 1.3%
柴田善臣 20.0% 0 38 0.4%
太宰啓介 0.154 28 51 0.005

(データは単勝オッズ1~50倍で抽出。複勝率順でソート)
上記の表はローズS出場騎手の過去1ヶ月の成績を示したものである。
これを見てわかることをピックアップしていこう。

デムーロ・ルメール・和田・北村友・川田・浜中・福永・藤岡佑の8人は、近走の複勝率が40%を超えており、かなり好調な騎手たちだ。
馬の選定に迷いが生じたときは、参考にするといいだろう。


重賞実績のある格上の騎手は

騎手 複勝率 単回値 複回値 3着内シェア
M.デム 48.7% 113 98 8.1%
ルメール 46.8% 125 87 8.1%
川田将雅 40.0% 88 84 5.4%
浜中俊 38.6% 86 101 3.3%
福永祐一 35.9% 61 87 4.7%
太宰啓介 35.0% 44 119 0.6%
藤岡佑介 34.8% 138 112 1.4%
秋山真一 27.9% 96 98 1.0%
横山典弘 27.3% 49 85 2.8%
松山弘平 25.7% 73 71 1.5%
和田竜二 25.5% 134 107 2.1%
柴田善臣 22.5% 20 50 0.8%
池添謙一 22.1% 94 47 2.1%
藤岡康太 15.1% 53 36 0.7%
北村友一 12.1% 53 36 0.7%

(データは単勝オッズ1~50倍で抽出。複勝率順でソート)
上記の表はローズS出場騎手の過去3年の重賞成績を示したものである。
これを見てわかることをピックアップしていこう。

デムーロ・ルメール・川田は、過去3年での複勝率が重賞レースにて複勝率が40%を超える、大舞台に強い騎手達だ。
特にローズSは秋華賞トライアルということもあり、騎手たちにかかるプレッシャーは計り知れない。
やはり場数を踏んでいるジョッキーは強いので、このデータを参考にしてもらいたい。

まとめ

今日はローズSに出場することが決まっている騎手について、ローズSが行われる阪神芝1800mの成績・各ジョッキーの近走成績という2つの視点からデータを考察してきた。今日調べたことをもとに、ローズSに出走する騎手について、簡単に評価してみよう。

☆3 川田 デムーロ ルメール
☆2 浜中 福永
☆1 横山典 和田 北村友 藤岡祐

川田・デムーロ・ルメールの3人は、コース成績、近走成績、重賞実績が優秀な、三拍子揃った騎手なので、特に注意が必要だ。

今日調べたことは、週末の馬券検討に役立てていく。皆さんも参考にしていただけると幸いだ。