負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

18毎日王冠と京都大賞典のレース回顧。馬券は的中ならず。敗因を探る。

こんにちは。
Chelseaです。

先週は毎日王冠と京都大賞典が行われました。
初めての試みとして両重賞共に特集しましたが、残念ながら馬券的中とはなりませんでした。

今日はもう一度レースを振り返り、馬券的中とならなかった原因を探っていきたいと思います。

それではまず毎日王冠から見てみましょう。

毎日王冠レース回顧

まずはレース結果を見てみましょう。
週中は血統・脚質・騎手について考察してきましたが、果たして結果はどうなったのでしょうか。
馬券になった馬を1着馬から順に見ていきましょう。

アエロリット

父系統 騎手
クロフネ ヴァイスリージェント米系 モレイラ
母父 母父系統 脚質
ネオユニヴァース Dサンデー系 逃げ

ステルヴィオ

父系統 騎手
ロードカナロア キングマンボ系 ルメール
母父 母父系統 脚質
ファルブラヴ ノーザンダンサー系 差し

キセキ

父系統 騎手
ルーラーシップ キングマンボ系 川田将雅
母父 母父系統 脚質
ディープインパクト ディープ系 先行

以上の馬が今年の毎日王冠で馬券に絡んだ馬です。
それでは週中に書いた考察記事との相違を見ていきましょう。

血統考察まとめ

  • 過去好走馬はディープインパクト産駒が半数以上を占める。相性の良い母父は米国型ノーザンダンサー系やミスプロ系。
  • 欧州型の血統構成の馬が中心。
  • 父がスピード型なら母父は欧州型の方がよい。
  • ルーラーシップに代表されるキングマンボ系が得意とするコース。
  • ダノンシャンティ産駒が得意とするコースなので、フジキセキ系には注意が必要。

1着のアエロリットは父がヴァイスリージェント系と非主流血統。
さすがに血統的に推せる部分はなく、この馬の能力の高さを証明するレースになったと思います。
2・3着は考察通りとなったので良いデータ分析ができたと思います。

脚質考察まとめ

  • とにかく差し馬が強い。
  • 追込みもきく。
  • 逃げ馬は苦戦傾向。
  • 上り3Fタイムは重要。瞬発力のある馬にアドバンテージがある。

レース結果は前残りとなってしまいました。
差し馬有利と書いていたのでデータ分析が上手くいきませんでした。
ただ逃げて買ったアエロリットは強すぎる内容であったと思います。

出場騎手考察まとめ

  • ルメールはコース成績・近走成績・重賞成績が全て優れている三拍子揃ったジョッキー。
  • モレイラと川田も期待値の高い騎手。
  • 福永・松山・池添・戸崎にも注意が必要。
  • 重賞でよく穴をあけるのは藤岡祐

騎手は3人とも期待値の高い騎手。
考察は上手くいったと思います。
2着のルメールはコース成績・近走成績・重賞成績が全て優れている三拍子揃ったジョッキー。
こういう騎手はいつも重賞で馬券に絡みますね。
後述しますが、今回の敗因はここにあると思っています。

予想印と着順

それでは次に予想印と着順を見ていきましょう。

馬名 着順
ケイアイノーテック 5着
サトノアーサー 6着
ステルヴィオ 2着
ダイワキャグニー 7着
アエロリット 1着
ステファノス 4着
サンマルティン 10着

本命のケイアイノーティックは5着と残念な結果に。
鞍上の藤岡祐を信用しすぎたのが間違いでした。
考察記事では重賞で穴をあけている騎手と書きましたが、今回は人気馬に乗っていたので上手くいかなかったのかなと思います。
こういう騎手は人気薄の馬で気楽に乗れるときに狙うべきですね。
今回のような人気馬では荷が重いのでしょう。
ここが今回の大きな敗因です。

それでは次に京都大賞典の回顧を行っていきましょう。


京都大賞典レース回顧

まずはレース結果を見てみましょう。
週中は血統・脚質・騎手について考察してきましたが、果たして結果はどうなったのでしょうか。
馬券になった馬を1着馬から順に見ていきましょう。

サトノダイヤモンド

父系統 騎手
ディープインパクト ディープ系 川田将雅
母父 母父系統 脚質
Orpen ダンチヒ欧系 先行

レッドジェノヴァ

父系統 騎手
シンボリクリスエス ロベルト系 池添謙一
母父 母父系統 脚質
ホワイトマズル リファール欧系 追込

アルバート

父系統 騎手
アドマイヤドン ミスプロ系 モレイラ
母父 母父系統 脚質
ダンスインザダーク Tサンデー系 差し

以上が今年の京都大賞典で馬券に絡んだ馬です。
では次に週中に書いた考察記事とレース結果見比べていきましょう。

血統考察まとめ

  • とにかく主流血統が活躍するレース。
  • 主流血統のなかでも、ステイゴールド産駒やハーツクライ産駒の活躍が目立つ。
  • サンデー系の血は必須。
  • 主流血統以外ではハービンジャー産駒が強い。

馬券に絡んだ主流血統の馬は1着のサトノダイヤモンドぐらいです。
データ分析をもっとしっかり行わないといけませんね。

脚質考察まとめ

  • 先行馬が有利なレース。ただ逃げ馬は苦戦傾向。
  • 上りタイムは重要で、先行馬でも33秒台を出せる能力が必要。
  • 差し馬も先行馬に匹敵する成績を収めているが、穴馬は先行馬から多く出ている。

レース結果を見てみると差し馬が馬券圏内を占める結果に。
ちと先行有利ということに考えが偏ってしまったかもしれませんね。
先行馬と差し馬は好走率がほとんど同じだったのですが、回収率の高い先行馬優先しすぎてしまいました。

出場騎手考察

  • 川田・浜中は、コース成績・近走成績・重賞成績全てにおいて優秀。
  • 福永・和田も期待値が高い。
  • 和田はかなり好調で3着内数がかなり多い。

1着はコース成績・近走成績・重賞成績全てにおいて優秀な川田。
さすがこういった騎手は良く馬券に絡みます。
今後も要注意ですね。

それでは京都大賞典も予想印と着順を見ていきましょう。

馬名 着順
スマートレイアイー 8着
シュヴァルグラン 4着
アルバート 3着
プラチナムバレット 11着
サトノダイヤモンド 1着
ブレスジャーニー 5着
レッドジェノヴァ 2着

本命のスマートレイアーは残念な結果に。
8歳牝馬を本命にすること自体リスクが高かったと思います。
今後は同じ過ちを犯さないようにしないといけません。
京都大賞典に関しては全てにおいて上手くいきませんでした。

まとめ

先週は毎日王冠と京都大賞典の2本だてでお送りしてきました。
正直言いまして2本立ては非常にしんどかったです。
ブログの更新が忙しすぎて、予想が甘くなってしまってのかと思います。
今週の一番の反省点はここですね。
やはり重賞一本に絞って、じっくりと予想していくべきだと感じました。
僕の記事を参考にしてくださった方には本当に申し訳なく思っています。

今週はGⅠの秋華賞。
とにかく気合を入れなおして、週末には笑っていられるようにしたいと思います。

それではChelseaでした!