負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

'18神戸新聞杯。血統傾向を考察する。好走馬、穴馬の条件とは。

Chelseaです。

今週は神戸新聞杯。
阪神芝2400mで行われる重賞(GⅡ)だ。

今日は過去5年神戸新聞杯好走馬の血統構成と、神戸新聞杯が行われる阪神芝2400mの種牡馬別成績を見ていきたいと思う。

血統は、私が競馬予想をするに当たって最も重要視しているファクターである。
しっかりと見ていくとしよう。

過去5年R好走馬血統構成

着順 人気 父系 母父系
17 1 1 キングカメハメハ キングマンボ ロベルト
2 2 ルーラーシップ キングマンボ ディープ
3 3 ディープインパクト ディープ ダンチヒ
16 1 1 ディープインパクト ディープ ダンチヒ
2 6 キングカメハメハ キングマンボ ヌレイエフ
3 4 ゼンノロブロイ Tサンデー ネヴァーベンド
15 1 3 ゼンノロブロイ Tサンデー キングマンボ
2 1 ディープインパクト ディープ ストームバード
3 7 ハービンジャー ダンチヒ Pサンデー
14 1 1 ハーツクライ Tサンデー ヘイロー
2 8 ネオユニヴァース Dサンデー ノーザンダンサー
3 9 スペシャルウィーク Tサンデー ミスプロ
13 1 1 シンボリクリスエス ロベルト Tサンデー
2 7 ハーツクライ Tサンデー ボールドルーラー
3 2 ディープインパクト ディープ グレイソブリン

上記表は過去5年R好走馬の血統構成構成を表したもの。
この表を見てわかることをじっくりと考察していこう。

キングマンボ系の得意舞台

近二年はキングマンボ系種牡馬産駒が馬券圏内の上位を占めている。
キングカメハメハ、ルーラーシップ、ロードカナロアなどが、キングマンボ系種牡馬の代表格だ。

ディープインパクト産駒も強い

毎年のように馬券になっているのは、ディープインパクト産駒だ。
やはり最後の直線が長い、阪神芝外回りコースはディープインパクト産駒の庭。

Tサンデー系も狙える

サンデー系の中でもスタミナに特化したサンデー系である「Tサンデー系」産駒の活躍が目立つコース。
上記表以外の代表的なTサンデー系種牡馬は、ステイゴールド、マンハッタンカフェなど。


阪神芝2400m種牡馬別成績

種牡馬 複勝率 複回値 3着内数
キングカメハメハ 52.4% 110 11
ディープインパクト 50.0% 106 20
バゴ 50.0% 151 3
ワークフォース 42.9% 95 3
ルーラーシップ 41.7% 88 5
ジャングルポケット 41.7% 84 5
ゼンノロブロイ 40.0% 90 4
シンボリクリスエス 40.0% 92 2
ネオユニヴァース 37.5% 98 3
ステイゴールド 34.3% 60 12

(データは過去3年・単勝オッズ1~50倍・良馬場・出走回数5以上で抽出。複勝率順でソート)
上記データは阪神芝2400mの種牡馬別成績。
こちらもじっくりと考察していこう。

キングマンボ系強し

阪神芝2400mというカテゴリーで見てみても、キングマンボ系種牡馬がランキング上位に名を連ねる。
上記表でいうと、キングカメハメハ、ワークフォース、ルーラーシップがキングマンボ系にあたる。

やはりディープも強い

ディープインパクト産駒の3着内数がナンバーワン。複勝率も50%とかなりのハイアベレージだ。
回収率も100を超えており、安心して買える種牡馬。

欧州型種牡馬産駒が狙い目

阪神芝2400mは、ヨーロッパ系の血を引くスタミナに溢れた血統の馬が有利な条件。バゴ、ジャングルポケット、シンボリクリスエスなどがこれに当たりランクイン。
ちなみに、キングマンボ系やTサンデー系も欧州の血を引いている。

まとめ

今日は神戸新聞杯の血統傾向を過去5年神戸新聞杯好走馬からと、阪神芝2400mの種牡馬別成績という2つのデータを使用して考察してきた。
今日調べたことを簡単にまとめておこう。

  • キングカメハメハ産駒に代表されるキングマンボ系が活躍。
  • 種牡馬ではディープインパクト産駒の信頼度が非常に高い。
  • サンデー系の中でも、スタミナに特化したTサンデー系が強い。
  • 欧州型の血を持つ馬が有利。

今日調べたことをまとめるとこんな感じだ。
全体的に主流血統が活躍するコースであり、レースである。
今年も傾向通りとなる可能性が高い。

今日考察したことは、しっかりと馬券検討に活かしていきたいと思う。

次回は神戸新聞杯での脚質傾向について、じっくり考察していこうと思う。
是非ご覧になっていただきたい。