負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

'18神戸新聞杯 人気馬の血統構成を考察。買える人気馬・危険な人気馬は?

Chelseaです。
今週は神戸新聞杯。
阪神芝2400mで行われる重賞(GⅡ)だ。

今週はこれまでに神戸新聞杯好走馬の血統傾向と脚質傾向について考察している。
まだご覧になられてない方は、是非下記リンクよりご覧になっていただきたいいただきたい。
www.chelsea-kizuna.com
www.chelsea-kizuna.com

今日はこの考察記事を基に、今年の神戸新聞杯で人気馬になることが予想される馬たちの血統構成について、私なりの見解を書いていきたいと思う。
それではまず今年の神戸新聞杯で人気馬となりそうな馬たちを見てみよう。

'18神戸新聞杯予想オッズ

人気 馬名 オッズ
1 エポカドーロ 2.1
2 ワグネリアン 2.8
3 エタリオウ 4.5
4 ステイフーリッシュ 12.4

netkeiba予想オッズより引用

血統は馬の適正を見極めるのに、極めて優れた予想ツールである。
1頭1頭しっかりと見ていくとしよう。

エポカドーロ

父系統 前走脚質
オルフェーブル Tサンデー系 逃げ
母父 母父系統 前々走脚質
フォーティーナイナー系 フォーティーナイナー系 先行

父は好走血統のTサンデー系。
母父は米国型血統のフォーティーナイナー系。
欲を言えば、母父が欧州型の血統なら更に良かった。
脚質は逃げ先行タイプで、速い上がり勝負にも向かないタイプなので、この馬にとって展開的には向かない可能性が高い。
だがそれは前走ダービーでも同じことで、今までにも展開不利と言われたレースで、ことごとく好走してきた。
ラストの粘りは超一流。
馬券に絡む可能性は高そうだ。

ワグネリアン

父系統 前走脚質
ディープインパクト ディープ系 先行
母父 母父系統 前々走脚質
キングカメハメハ キングマンボ 追込み

父は好走種牡馬のディープインパクト。
母父は好走血統の欧州型血統のキングマンボ系。
血統構成は文句なしで、まさに阪神芝2400mを走るための血統構成だ。
もともとは中団から後方で競馬する馬だったのだが、前走は先行競馬に転じて日本ダービーを制した。
今回、前からなのか後ろからなのかが悩ましいところ。
後ろから行くのが明確ならば厚い印を打ちたいところなのだが。
福永Jの怪我の影響で鞍上は藤岡康となるのも不安材料。
血統的には買いたいが、問題が多すぎる。

エタリオウ

父系統 前走脚質
ステイゴールド Tサンデー系 追込み
母父 母父系統 前々走脚質
Cactus Ridge ストームバード 先行

父ステイゴールドは好走血統。母父は米国型ノーザンダンサー系。
血統的にはまずまずといったところ。
先行でも追込みでも結果を出しているが、前走の日本ダービーでは後方待機からの競馬で4着と好走していることから、今回も後方待機になるのではと見ている。
そうなれば、展開面での恩恵を受けることになるので、この点はプラス材料。
速い上がりも使えるので、馬券に絡んでくる可能性は十分にあるだろう。

ステイフーリッシュ

父系統 前走脚質
ステイゴールド Tサンデー系 差し
母父 母父系統 前々走脚質
キングカメハメハ キングマンボ 先行

父は好走血統のTサンデー系。
母父も好走血統のキングマンボ系。
血統的には文句なし。
ただ前走の日本ダービーでは後方待機の競馬で凡走。
この馬は先行してこそ持ち味を発揮できるタイプだと思っている。
今回は印を打ったとしても薄目の印となりそうだ。


まとめ

今日は今年の神戸新聞杯で人気馬となることが予想される馬たちの血統構成について、私なりの見解を書かせてもらった。
人気馬の中でも買える要素の高い馬を、ここでピックアップしておこう。

  • エポカドーロ
  • ワグネリアン
  • エタリオウ

以上の3頭が今年の神戸新聞杯で血統的に有利になりそうな馬たちだ。
この中から本命馬を選ぶ可能性が高い。

あとは騎手や、前日のレース傾向を加味し、本命馬の最終決断を下したいと思う。
次回は騎手についてじっくり考察をしていこうと思う。是非ご覧になっていただきたい。