負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

菊花賞2018予想へむけて 騎手データを分析します。

こんにちは。
Chelseaです。


今週は牡馬クラシック最後のレースである菊花賞が行われます。

京都芝3000mで行われる重賞GⅠレースです。


今週はこの菊花賞を特集しています。

これまでに菊花賞の考察記事を3つあげてきました。

まだご覧になっていない方は、この記事下の関連記事のリンクよりご覧ください。

今日は菊花賞に出現する騎手について調べていきます。

この記事で菊花賞の考察記事は最後です。


予想に活かしていくために、しっかりとデータを考察、分析していきたいと思います。


菊花賞は長距離レースということで、騎手の手腕が大きく影響するレースです。

好走する可能性の高い騎手をピックアップしていきますので、最後までご覧になってください。

出走馬と出場騎手

それではまず出走馬と出走馬騎手を見てみましょう。
菊花賞出場騎手
乗替わりは8頭。

長距離レースなので、乗替わりはマイナス材料です。


あと一流どころは人気薄に乗っていることが多いですね。

この点がレースにどう影響するのでしょうか。


ではそろそろデータを見ていきましょう。

京都芝3000m騎手別成績

菊花賞コース騎手
(データは過去3年、単勝オッズ1~50倍で抽出。複勝率順にソートしています。)

上の表は菊花賞の舞台となる京都芝3000mの騎手別成績を表したものです。

データが少ないので信憑性は低いのですが好走率が高いのは、福永・デムーロ・ルメールの3人。

この3人は京都芝3000mを得意としているので狙える騎手であると言えます。


他は3着内数が1回以下なので、数字は参考になりません。


では次に近走調子のいい騎手を調べていきます。



出場騎手近走成績

菊花賞近走騎手
(データは過去1ヶ月、単勝オッズ1~50倍で抽出。複勝率順にソート。)

近走成績が良い好調な騎手はルメール・モレイラ・デムーロ・武・浜中・戸崎・岩田・国分恭・北村宏

特に武豊は複勝率・複勝回収率共に高く、とても信頼のおける騎手です。

最近はGⅠで人気薄をもってくることが多いので、馬券に入れておいて損はないかもしれませんね。


では最後に菊花賞出場騎手の重賞成績を見てみましょう。



出場騎手重賞成績

菊花賞重賞騎手
(データは過去3年、単勝オッズ1~50倍、重賞のみで抽出。複勝率順にソート。)

重賞でも信頼できる成績を残しているのは、ルメール・デムーロ・武豊・浜中

この4人は重賞でもいつも通りの騎乗ができるでしょう。

特にデムーロは回収率も高く、重賞でとても期待値が高い騎手であると言えます。


モレイラも好走率はそこそこですが、複勝回収率が低いです。

人気薄のモレイラは買いではないことがわかります。



まとめ

今日は今週の日曜日に行われるGⅠ競争菊花賞に出場する騎手について見てきました。

結構色々書いてきましたので、ここて一度まとめておくことにします。

  • 菊花賞の舞台「京都芝3000m」を得意としているのは福永・デムーロ・ルメール。
  • 好調な騎手はルメール・モレイラ・デムーロ・武・浜中・戸崎・岩田・国分恭・北村宏。中でも武豊は絶好調。
  • 重賞でも信頼のおける騎手はルメール・デムーロ・武豊・浜中。特に武豊は最近GⅠでも人気薄をもってきている。

まとめるとこんな感じになります。

今日名前があがった騎手が乗る馬の中から好走馬が出る可能性が高いので注意しておきましょう。


冒頭でも言いましたが、これで菊花賞の考察記事は最後です。

あとはじっくりと予想に時間を費やしたいと思っています。


次回はその予想記事を公開します。

明日土曜日は予想に専念したいのでブログ更新はお休み。

日曜日の朝に予想記事をアップしたいと思っていますので、是非ごらんになってください!


それでは頑張っていきましょー!
Chelseaでした(๑•̀ㅂ•́)و✧