負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

菊花賞 2018 予想へ向けて 人気馬の血統構成を考察。買える人気馬・危険な人気馬は?

こんにちは。
Chelseaです。

今週は菊花賞が行われます。
京都芝3000mで行われる重賞競争(GⅠ)です。

今週はこの菊花賞を特集しており、これまでに2つの考察記事(血統・脚質について)をあげてきました。

まだご覧になられてない方は、ページ下の関連記事のリンクよりご覧になってください。

今日はこの2つの考察記事を基に、今年の菊花賞で人気馬になることが予想される馬たちの血統構成について、僕なりの見解を書いていきたいと思います。

それではまず今年の菊花賞で人気馬となりそうな馬たちを見てみましょう。

18秋華賞予想オッズ

菊花賞予想オッズ
以上の人気馬5頭について血統構成を中心に解説していくことにします。

エタリオウ

菊花賞エタリオウ
父は好走血統のTサンデー系のステイゴールド。

血統的には問題のない血統構成です。長距離も問題ないでしょう。


ただこの馬の欠点は追込みという脚質。

菊花賞では追込みが一番不利。

近2走はともに後方からのレースで、今回前から競馬をするとは考えにくいですね。

血統面は問題ないと思うのですが、展開面で注文が付きそうな馬です。


1番人気になるのであれば厚いシルシハ打ちにくい。

押さえまでといった評価になりそうです。


エポカドーロ

菊花賞エポカドーロ
父は好走血統のオルフェーヴル。
血統的には全く問題ないでしょう。


元々逃げ先行競馬で結果を出してきた馬なのですが、前走神戸新聞杯はスタート出遅れながらも4着と大健闘。

差し競馬もできる新たな発見があった馬です。


こう書くと買いたくなる馬ですが、出遅れを経験した馬に本命の印は打ちにくいというのが僕の見解です。

もしスタートを決めることができれば、限りなく馬券圏内に来る可能性が高い馬だと思っています。


鞍上は最近重賞での活躍が目立たない
「戸崎」というてんも不安材料の1つとなります。


ブラストワンピース

菊花賞ブラストワンピース
父ハービンジャー、母父キングカメハメハという血統構成から、とても長距離レースでスタミナが持つとは思えないです。

馬券からは外します。

ジェネラーレウーノ

菊花賞ジェネラーレウーノ
父スクリーンヒーローは好走血統のロベルト系。
母父はスピードタイプながら欧州型のダンチヒ系。

スタミナたっぷりめ血統で長距離にはもってこい。

必須条件の血統である「サンデーサイレンス」の血がないように見えますが、実は父スクリーンヒーロー自身の母父がサンデーサイレンス。

過去に母父にサンデーサイレンスの血を持たないスクリーンヒーロー産駒がこのレースで好走していることからも、血統的には全く落ち度がないと思います。


確実に先行できるところが大きな強みで、上がりのかかるレースで結果を残しているところからも菊花賞での適正の高さを伺わせます。

人気ものそこそこですし、ちょっと気が早いかもしれませんが、現時点での本命候補です。


あとは騎手と枠次第。

2枠がほしいところです。


メイショウテッコン

菊花賞メイショウテッコン
父はマンハッタンカフェで好走血統のTサンデー系。
母父も好走血統のキングマンボ系。

バリバリの主流血統で菊花賞に対する適正は高いと思います。


前走は逃げていますし一発あってもおかしくないでしょう。

印は打っておきたい1頭です。



まとめ

今日は菊花賞で人気になることが想定される馬を、血統を中心に見てきました。

色々書いてきたので、ここで現時点で評価の高い馬をまとめておきます。
予想印を打つ可能性が高い馬は次のとおりです。

  • エポカドーロ
  • ジェネラーレウーノ
  • メイショウテッコン

先程も言いましたが、本命はジェネラーレウーノに打つことになりそうです。

会社でも公言しています。(笑)

というわけで今日はここまで。

次回は騎手データを考察していきます。

騎手というファクターは思った以上に重要です。


次回も是非ご覧になってください。

いつも見ていただいてありがとうございます!

それではChelseaでした!