負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

菊花賞 2018 予想へ向けて血統データを分析する。

こんにちは。
Chelseaです。

今週は菊花賞が行われます。
京都芝3000mで行われる重賞(GⅠ)のレースとなっています。

牡馬クラシック3冠レースの最後を飾る長距離レースで、力と力のぶつかり合いとなるとても楽しみなレースです。

今週はこの菊花賞の馬券的中へ向けて、週末までに色々なデータを集め考察していきたいと思います。

今日は考察第一弾として血統について考察。

菊花賞は長距離レースなので血統がすごく影響してくるレースだと思っています。

しっかりと分析して少しでも馬券的中に近づけるように頑張っていきます。

過去5年菊花賞好走馬血統構成

それではまず過去5年好走馬の血統がどうなっているかを見ていきましょう。
菊花賞過去血統
上記表は過去5年秋華賞好走馬の血統構成をまとめたものです。見えにくい方は、スマホを横向きにしていただくとみえやすくなります。
これを見てわかることをどんどん挙げていきたいと思います。

サンデーサイレンスの血は必須条件

過去5年好走馬15頭中13頭が父か母父にサンデーサイレンスの血が入っています。

かなり大きな傾向なので、予想には十分活かしていきましょう。

サンデー系の中でもTサンデー系が強い

先程はサンデーサイレンスの血があったほうがよいと書きましたが、そのサンデーサイレンス系の中でもスタミナに特化したタイプの『Tサンデー系』の血を持つ馬馬がより期待が持てます。

ステイゴールドやハーツクライ、ディープインパクトなんかもTサンデー系に分類されます。

ロベルト系も得意なレース

シンボリクリスエスやスクリーンヒーローに代表される『ロベルト系』の馬の好走がチラホラあります。

母父がロベルト系でも好走歴がありますね。

ロベルト系の特徴はとにかくスタミナが豊富なこと。

やはり長距離戦というだけあって、スタミナは重要そうですね。

キングマンボの血を持つ馬にも要注意

キングカメハメハに代表される『キングマンボ系』も活躍が目立っています。

父でも母父でもキングマンボの血が入るといいようですね。

キングマンボ系は他に『ルーラーシップ』や『ロードカナロア』といった種牡馬がいます。

ただ長距離適正にはやや不安があるので、相手にはスタミナの豊富な血がほしいところです。


過去のレース傾向を見てみて気付いた点は以上となります。

次は秋華賞が行われる、京都芝3000mの種牡馬別成績を見てみましょう。



京都芝3000m種牡馬別成績

菊花賞種牡馬
(データは過去3年・単勝オッズ1~50倍・良馬場・出走回数2回以上で抽出。複勝率順でソート)
上記データは京都芝3000mの種牡馬別成績です。
こちらを見てみて気付いたことをどんどん挙げていきましょう。

データ数が少ないのであまり参考にはならないかもしれませんが、上の表で名前が上がっている種牡馬は全て主流血統。

とにかく日本の馬場に合う普通に日本で活躍している種牡馬を狙うのが、馬券的中への近道ではないでしょうか。

まとめ

というわけで今日は菊花賞の血統傾向について、レース傾向とコース傾向といった2つの視点からデータを考察・分析を行ってきました。

長々と書いてきたので、ここで一旦簡単にまとめておきましょう。

  • サンデーサイレンスの血が必須。
  • サンデーサイレンス系の中でもスタミナタイプにあたる『Tサンデー系』がより期待できる。
  • ロベルト系の血をもつ馬も得意なレース。父・母父は問わない。
  • キングマンボ系も活躍が目立つ。父・母父は問わないが、スタミナに不安があるので相手方からの補完が必要。
  • 種牡馬的には主流血統の種牡馬が強い。

今日考察・分析したことを簡単にまとめてみました。
この事を週末の予想に活かしていきたいと思います。


次回は菊花賞での脚質傾向について考察・分析を行っていにます。
是非ご覧になってください。

いつもこのブログをご覧になっていただき、本当にありがとうございます。