負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

JBC2018 騎手データを分析。買えるジョッキー調べてみました。

こんにちは。
Chelseaです。

今日はとうとう金曜日。
やっとお楽しみの競馬タイムが近づいてきました。

明日もし体調が良ければ、2歳の息子と阪神競馬場に遊びに行こうと思っています。

ただ最近心労が激しいので、その気にならなければ家でゆっくりもいいかなと思っています。ゆっくりするのも大切ですよね。

さて今日は今週特集させてもらっている「JBCクラシック」の騎手データを分析していこうと思っています。

騎手というのはとても大事な予想ファクターで、騎手を分析するだけで馬券が当たるほどです。

しっかりと分析していきましょう!

出場騎手

2018JBCクラシック騎手

上の表は今年のJBCクラシックに出場する馬と騎手です。

*マークは乗替わりであることを表しています。

出走頭数は16頭で8頭が乗替わりとなっています。

それではデータを調べていきましょう。



騎手別コース成績

2018JBCクラシック騎手コース

上記の表は今年のJBCクラシックが行われる舞台である「京都ダート1900m」の騎手別成績となっています。
抽出条件は過去3年、単勝オッズ1~50倍としています。

この中で好走率が高いのは、武豊・戸崎・Cデムーロ・Mデムーロ・ルメールとなっています。

特に武豊は3着内数もナンバーワンで、複勝回収率が120を超えていることから、かなり信頼できるデータであると言えますね。

手広くいく人は武豊を押さえておきましょう。


好調なのは騎手は?

2018JBCクラシック騎手近走

上記表はJBCクラシックに出場する騎手の過去1ヶ月の成績です。
抽出条件は単勝オッズ1~50倍としています。

近走の好走率が高く好調であると言える騎手は、ルメール・Mデムーロ・武豊・戸崎・岩田・幸となっています。

ルメールは複勝率66%と驚異的な数字。3着内数もナンバーワンで回収率も高く、まさに今乗れてる騎手ではないでしょうか。

武豊にも注目で高い複勝率を誇りながらも回収率が123と高くかなり乗れてると思います。

ルメール・武豊は絶好調です。


大レースでも頼りになるのは?

2018JBCクラシック騎手重賞

上記表はJBCクラシック出場騎手の重賞成績を表したものです。
データは過去3年・単勝オッズ1~50倍を条件に抽出しています。

重賞でも変わらず力を発揮できる頼れる騎手は、ルメール・Cデムーロ・Mデムーロ・武豊。

とくにルメール・デムーロの3着内数は圧倒的です。

やはり外国人騎手は頼りになるようです。

武豊は昔ほどいい馬が回ってきていない印象ですが、さすが重賞では存在感を見せてくれています。



まとめ

というわけで今日はJBCクラシックに出場する騎手のデータを分析してきました。

ここで今日わかったことを簡単にまとめておきましょう。

  • コース・近走・重賞成績全ての好走率が高い★三つ騎手は、ルメール・Mデムーロ・武豊。
  • 短期免許騎手だが、Cデムーロも買える騎手。
  • 戸崎はコース・近走成績がよく買える騎手だが、重賞では乗れていない。
  • 他の買える要素がある騎手は、岩田・幸。二人とも好調。

以上まとめてみました。

今週特集してきたJBCクラシックの展望記事もこれで最後となります。

明日はブログ更新をおやすみさせていただいて、日曜日の朝には最終決断を書いた記事を公開したいと思います。

明日から競馬思い切り楽しみましょう。


No Keiba , No Life.

以上Chelseaでした!