負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

ジャパンカップ2018 血統と脚質データを分析します

こんにちは。
Chelseaです。

最近は昼間でも肌寒く、もうそろそろ冬なのかなということを伺わせます。

皆さんも風邪などをひかぬよう、お正月に向かって頑張っていきましょう。

先日久しぶりに園田競馬場に行ってきたのですが、馬券の結果は散々なことになりました。

地方競馬は中央競馬ほど過去のデータがなく、なかなか掴みどころがないですね。

出走頭数も少ないので当たりやすいはずなのですが、その分オッズが全体的に低くなるので、馬券の買い方が非常に難しくなります。

かなり悔しい思いをしたので、これからボチボチ園田を研究していきたいとおもいました。

さて今週はGⅠジャパンカップが行われます。

毎年豪華メンバーが揃う当レースですが、今年は牝馬3冠レースを制したアーモンドアイが出走してくることで注目を集めています。

週末の馬券的中となるように、今週もしっかりとデータ分析していきましょう。

今日は血統と展開面についてデータを集めましたので、分析していきましょう。

今日はこんな感じでやっていきます。

血統データ分析

2018ジャパンカップ血統過去
上の表はカコ5年ジャパンカップ好走馬の血統構成を表したものです。

この表を見てわかることを挙げていきましょう。

とにかくディープ祭りである

過去5年の好走馬を見てみると、毎年のようにディープインパクト産駒が馬券になっています。

ブラックタイド産駒も2年連続で馬券になっていますが、ブラックタイドとディープインパクトは全く同じ血統です。

とにかくディープ系には注意を払っておきましょう。

主流血統が強い

東京芝2400mは日本の主流コースで、ジャパンカップで活躍する馬も主流血統です。

日本の主流血統とは先述したディープインパクト・Tサンデー系やキングマンボ系

この3つの系統にはチェックが必要です。

主流血統と相性がいいのはスピードタイプ

父がディープインパクト・Tサンデー系・キングマンボ系といった主流血統の場合は、母父がスピードタイプの血統との相性がいいです。


展開データ分析

2018ジャパンカップ脚質過去

上の表はジャパンカップ過去5年好走馬の脚質、上がり3Fタイム・順位を表したものです。

この表を見てみてわかることを挙げていきましょう。

差し馬が有利

レースがスローペース気味でも差し馬が馬券になるほど差し馬有利なレースです。

逃げ馬が2年連続で馬券になっていますが、この馬はキタサンブラック

よほどの能力がないと逃げ馬には厳しいレースと言えるでしょう。

スピードとスタミナのバランスが重要

過去好走馬のほとんどが上がり3Fタイムが34秒台で推移しています。

これは瞬発力と持続力のバランスが重要であることを示しています。

どちらかに特化している馬が好走するのは厳しいかもしれません。

レース上がりが34秒台後半から35秒台前半になるレースて好走歴のある馬が狙い目です。



まとめ

というわけで今日はジャパンカップ展望第一弾として、血統と展開のデータを分析してきました。

色々なことを書きましたので、ここで一度まとめておこうと思います。

血統分析まとめ

  • ディープインパクト産駒強い。
  • Tサンデー系やキングマンボ系といった主流血統が活躍する。
  • 父主流血統と相性のいい母父はスピードタイプの種牡馬。

展開データまとめ

  • 差し馬有利
  • 過去好走馬の上がり3Fタイムはほとんどが34秒台。瞬発力と持続力のバランスが重要。
  • レース自体の上がり3Fタイムは34秒台後半から35秒台前半。


まとめるとこんな感じになります。

週末の予想にガッツリ活かしていきましょう。


次回はジャパンカップの人気馬を見ていく予定です。

最近転職活動が忙しく、ブログ更新が不定期になってしまっていますが、記事の質はできるだけ落とさないように心掛けているつもりです。

しっかりとやっていきますので、これからも応援よろしくお願いします。


No Keiba , No Life.
以上Chelseaでした!