負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

ホープフルステークス 2018 血統・脚質の傾向を調べました

こんにちは。
Chelseaです。

とうとう有馬記念も終わり、年末モードとなってきました。
皆さんはどういった予定を立てておられるのでしょうか。

僕は家でゆっくりとする正月となりそうです。
できるだけ人混みは避けて、体を休めたいと思います。

今週は中央競馬ラストウイーク。
2歳チャンピオンを決めるGⅠレース「ホープフルステークスを」がおこなわれます。

開催日は金曜日なので注意が必要です。
みなさんお間違えのないように。

では今日は血統と脚質・展開についてデータ分析を行っていきましょう。

ホープフルステークス過去好走馬血統構成

2018ホープフルステークス血統過去
上の表は過去5年ホープフルステークス好走馬の血統構成を表したもの。
なお13年はOP特別。
14年〜16年はGⅡ。
17年はGⅠとなっています。

これを見てわかることを挙げていきましょう。

Tサンデー系が強い

過去の好走馬を見てみると、スタミナタイプのサンデー系に分類されるTサンデー系の血を持つ馬が強いです。
ディープインパクトもこれに含まれます。

キングカメハメハ産駒の好走も目立つ

毎年のようにキングカメハメハ産駒が馬券になっています。
キングカメハメハはキングマンボ系に分類されるので、この系統も好走してくる可能性が高いでしょう。

ロベルト系も狙い目

シンボリクリスエスに代表されるロベルト系の血を持つ馬も複数回好走しています。
近2年連続で勝っているので、注意が必要です。

サンデー系の血は必須

過去5年好走馬のほとんどが父か母父がサンデー系です。
逆に非サンデーは積極的に狙わないほうが安全です。

それでは次に脚質・展開面でのデータを見ていきましょう。


ホープフルステークス過去好走馬の脚質など

2018ホープフルステークス脚質過去
上の表は過去5年好走馬の脚質と上がり3Fをまとめたものです。

これを見てわかることを挙げていきましょう。

脚質的には差しが有利

好走馬のほとんどが差し馬で、人気薄も馬券になっています。
15年のように後傾ラップになっても差しが有利です。

上がりがかかる展開になる

好走馬の上がり3Fは35秒台後半から36秒台前半が多く、かなり上がりがかかる展開になることが多いです。
15年のように大きな後傾ラップになっても34秒はかかるので、タフな条件であると言えます。

上がり3F順位は重要

先程は上がりがかかると書きましたが、上がり順位自体は重要です。
上がりのかかる展開で上がり上位のタイムを出せる馬を狙うといいでしょう。


まとめ

というわけで今日はホープフルステークスの過去レース結果から、血統面と展開面の傾向を読み解いてきました。

ここで今日調べたことを簡単にまとめておきましょう。

血統傾向まとめ

  • サンデーの血は必須。特にTサンデー系が狙い目。
  • キングカメハメハ産駒が強い。キングマンボ系にも注意を払う必要がある。
  • ロベルト系の血を持つ馬が近2年連続で勝利している。

脚質・展開傾向まとめ

  • 差し馬が有利。
  • 上がりがかかるタフな展開になりやすい。
  • 上がりの順位重要。タフな展開であがり3F上位になりそうな馬が狙い目。

今日調べたことをまとめるとこんな感じになります。


冒頭でも言いましたが、今週は金曜日開催なので忙しい一週間となりそうです。
頑張って考察記事をあげていきますので、またご覧になってください!


No Keiba , No Life.
以上Chelseaでした!