負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

阪神ジュベナイルフィリーズ2018 回顧。馬券は的中したが反省点はないのか?

こんにちは。
Chelseaです。

昨日は2歳牝馬チャンピオンを決める1戦「阪神ジュベナイルフィリーズ」が行われました。

題名にもあるように、おかげさまで馬券は的中となり、年間プラス収支が確定しました。ありがとうございます。

というわけで今日は阪神ジュベナイルフィリーズをもう一度振り返っておこうと思います。

馬券は的中となりましたが反省点などはないのか。

しっかりと見ておこうと思います。

レース結果

まずはレースの結果から振り返っておきましょう。

1着 ○ダノンファンタジー
父:ディープインパクト(ディープ系)
母父:Not For Sale(グレイソブリン系)
騎手:Cデムーロ
脚質:追込
上り3F:34.0秒 2位

2着 ▲クロノジェネシス
父:バゴ(レッドゴッド系)
母父:クロフネ(ヴァイスリージェント系)
騎手:北村友一
脚質:追込
上り3F:33.9秒 1位

3着 ◎ビーチサンバ
父:クロフネ(ヴァイスリージェント系)
母父:サンデーサイレンス(サンデー系)
騎手:福永祐一
脚質:差し
上り3F:34.5秒 4位

印通りの結果に。
出来すぎです。



血統データ分析と結果

それではまずは血統データをどのように分析していたかを見ておきましょう。

  • サンデーサイレンスの血は必須。
  • サンデー系の中でも特にTサンデー系が強い。
  • 父サンデー系と相性がいいのは米国型に代表されるスピードタイプ。米国型以外ではダンチヒ系やプリンスリーギフト系もいい。

1着のダノンファンタジーは好走血統のディープインパクト産駒。3着のビーチサンバの血統構成はサンデー系×米国型。

ともにデータ分析を活かした予想ができました。

2着のクロノジェネシスは血統面で推せる馬ではありませんが、母父が米国型のヴァイスリージェント系。

今年の阪神ジュベナイルフィリーズは米国型の血に着目できたところが勝因ではないかと思っています。



脚質データ分析と結果

次に脚質データを見ていきましょう。

  • 圧倒的に差し有利
  • 好走馬の上り3Fタイムは33秒台後半~34秒台前半とそこそこの瞬発力が求められる。
  • 上り順位は重要。5位以内で走れる馬を見つけることが馬券的中への近道。

レース結果を見てみると好走馬3頭全てが道中2桁番手を走っていました。
このことから差し馬が有利なレースだったことがわかります。

好走馬の上がり3Fタイムも33秒台後半から34秒台前半、上がり3F順位が1位2位の馬が1・2着、3着馬は上がり4位とデータ分析通りの結果となりました。



騎手データ分析と結果

騎手データ分析についてもおさらいしておきましょう。

  • コース・近走・重賞成績が全て優れている★3つの騎手はいない。 
  • 阪神芝1600mを得意とし好調な★2つ騎手は福永。回収率も高い。 
  • 重賞でも信頼できるのは武豊。 
  • 四位・古川・Cデムーロは阪神芝1600mが得意コース。 
  • 好調な騎手は藤岡佑・北村宏・北村友。 

レース結果はCデムーロ→北村友→福永の順。

いずれも何かしら買える要素のある騎手でした。

本命に唯一の★2つ騎手である福永の馬を選べたのは今回の良かった点ではないでしょうか。

4番人気を本命にできたので、高い回収率を得ることができた要因の1つではないかと思っています。

唯一重賞で信頼性の高い武豊も4着だったので、騎手の重要性が再認識できました。



予想印と結果

◎ ビーチサンバ 3着
○ ダノンファンタジー 1着
▲ クロノジェネシス 2着
☆ シェーングランツ 4着
△ レッドアネモス 9着
△ メイショウショウブ 6着
△ トロシュナ 10着

厚い印を打った4頭が上位を独占。
堅い決着とはいえ良い予想ができたと思っています。



馬券の買い方と結果

複勝◎ 的中!
ワイド◎‐○ 的中!

馬券はダブル的中。
回収率は192%でした。


まとめ

というわけで今日は先週行われた阪神ジュベナイルフィリーズのレースを振り返ってきました。

今回は珍しく反省点らしい反省点もなく、考察から予想までほぼ完璧な流れではないかと思います。

やはり僕の予想は血統・騎手・展開が柱。
これで上手くいっているので、ブレずにこれからもやっていこうと思います。

今週も2歳GⅠの朝日杯フューチュリティステークス。

しっかりと分析し、いい結果を得られるように頑張っていきましょう!


No Keiba , No Life.
以上Chelseaでした!