負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

チャンピオンズカップ レース回顧。馬券は残念な結果に。敗因を探ります。

こんにちは。
Chelseaです。

先週は冬のダートGⅠ「チャンピオンズカップ」が行われました。

各予想ファクターのデータ分析を重ねて本番に望みましたが、馬券は残念な結果となってしまいました。

今日はうまくいかなかった理由を探るために、もう一度データ分析の内容とレースを振り返っておこうと思います。

レース結果の復習をすることで後々の馬券結果に大きな影響を与えます。

馬券が外れたレースを振り返るのは正直おっくうではありますが、今後のためにも頑張っていきましょう。

レース結果

1着 ○ルヴァンスレーヴ
2018チャンピオンズカップ結果1着ルヴァンスレーヴ

2着 △ウェスタールンド
2018チャンピオンズカップ結果2着ウェスタ-ルンド

3着 …サンライズソア
2018チャンピオンズカップ結果3着サンライズソア

本命のオメガパフュームは5着と掲示板まで。

最後の直線でもたついたことが敗因でしょうか。

ではここからデータ分析と結果を見比べていきましょう。


血統データ分析と結果

  • 米国型ノーザンダンサー系が強い。特にヴァイスリージェント系。
  • ミスプロ系の血を持つ馬も好走する。
  • サンデー系を狙うならDサンデー系。

予想記事より引用しています。

レース結果を見てみると、シンボリクリスエス(ロベルト系)が1着3着と欧州型血統の馬が活躍しました。

今回は米国型に照準を絞っていたので、この部分が敗因の1つです。

1着2着の馬はサンデー系の中でもダートが得意な「Dサンデー系」の馬だったので、こちらに狙いを定めていれば的中した可能性はあります。

レースの上がり3Fタイムは35.9と速めタイム。

これは2014年に近いタイムで、このときは欧州型血統の馬が好走したので、ここまで読めていれば狙えていましたね。

今後に活かせる材料が見つかりました。

血統と展開をうまく組み合わせることでいい結果が得られるかもしれません。


脚質データ分析と結果

  • 好走馬の脚質傾向はフラット。ただ勝馬に関しては差し追込みが有利。
  • 消耗戦になりやすいため、上がり順位は重要ではない。
  • 好走馬の上がり3Fタイムは36秒台の馬が中心。

予想記事より引用しています。

レース結果を見てみると、先行→追込み→差しという着順。

穴馬は追込みだったので、分析通りの結果となっています。

ただ好走馬の上がりは34秒台〜35秒台と芝並みで、消耗戦とは言い難い展開に。

この読み違いも馬券がうまくいかなかった要因の1つと考えられます。

結局は上がり3Fタイム1位2位の馬が連対したので、レース展開の読みが甘すぎました。

サンライズソアが中団で競馬をするとは。


騎手データ分析と結果

  • コース・近走・重賞成績全てにおいて優れている★3つ騎手は該当なし。
  • Mデムーロ・モレイラに関しては好調で重賞でも活躍している。
  • 小牧・四位・三浦・福永は好調。四位・福永は回収率も高く穴馬を持ってくる力もある。

予想記事より引用しています。

レース結果はMデムーロ→藤岡佑→モレイラの順。

Mデムーロとモレイラは好調で重賞でも乗れてる★2つ騎手でした。

やはり騎手は重要なファクターですね。

藤岡佑は今回好走しましたが、正直信頼性が低い騎手。

今回は本命にしないほうが先々のことを考えると正しい選択だと思います。

いつも逃げで結果を出しているサンライズソアを中団で競馬をさせたモレイラ騎手はさすがでした。

反省点はプラス材料のないCデムーロ騎手を本命にしてしまったこと。

これではデータを分析してきた意味がありません。


予想印と結果

◎オメガパヒューム 5着
○ルヴァンスレーヴ 1着
▲サンライズノヴァ 6着
☆ノンコノユメ 7着
△ウエスタンルンド 2着
△パヴェル 15着
△ミツバ 8着

ウェスタールンドは血統で拾えました。

でも本命が馬券外ではどうしようもありませんね。


まとめ

というわけで今日は馬券的中とならなかった「チャンピオンズカップ」の反省会をやってきました。

反省点をまとめておきましょう。

  • 安易に米国型血統に照準を絞ってしまった。
  • 展開の読みが甘かった。
  • プラス材料のない騎手を本命にした。

今後に活かせる点も見つかりました。

  • 近い展開になりそうな年の血統傾向を参考にする。

データの扱いはで偏った見方をしてしまうと、いい結果が得られません。

ケースバイケースでうまく使っていこうと思います。


来週は阪神JF。

馬券的中となると年間プラス収支がほぼ手中に収めることができます。

今後の戦いを楽にするためにも、絶対に馬券を的中させたいですね。


No Keiba , No Life.
以上Chelseaでした!