負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

チャンピオンズカップ2018 血統データ・脚質データを分析。

こんにちは。
Chelseaです。

寒くなったと思えばまた暖かくなってきましたね。

先日京都競馬場に行ってきたのですが、とても過ごしやすい気候でした。

馬券は全く当たりませんでしたが、競馬を楽しむことができました。

ジャパンカップの裏開催ということで、そんなに人はいないだろうと思い競馬場に向かったのですが、アーモンドアイ効果なのでしょうか凄い人で車で行ってたこととあり帰りはかなりの渋滞に巻き込まれました。

今後はGⅠの裏開催でも混んでいる事を想定して競馬場に向かいたいと思います。

そういう意味では最終レースはやらないほうがいいかもせれまんね!

さて今週は冬のダートGⅠレース、「チャンピオンズカップ」が行われます。

平日はいつものように各予想ファクターのデータ分析を行っていきます。

今日は第一弾として血統と脚質のデータについて色々調べていきます。


チャンピオンズカップ過去好走馬血統分析

2018チャンピオンズカップ血統過去

上の表は過去4年におけるチャンピオンズカップ好走馬の血統構成を表したものです。

これを見てわかることを挙げていきましょう。

米国型のノーザンダンサー系が強い

毎年のように米国型ノーザンダンサー系の血を持つ馬が馬券になっていますね。

特にクロフネやフレンチデピュティに第評されるヴァイスリージェント系の血を持つ馬には注目です。

ミスプロ系にも注目

ミスタープロスペクター系の血を持っている馬も毎年のように馬券になっています。

ミスプロ系も米国型なので、USAには注目です。

サンデー系を狙うならDサンデー系

正直サンデー系はあまり馬券にからんでいませんが、唯一勝負できるのはDサンデー系。

Dサンデー系とはサンデー系の中でもダートタイプに分類される種牡馬のこと。

代表的な種牡馬はゴールドアリュールです。

続いては脚質データも見ておきましょう。


チャンピオンズカップ過去好走馬脚質分析

2018チャンピオンズカップ脚質過去

上の表は過去4年においてチャンピオンズカップ好走馬の脚質や上がり3Fを表したものです。

これを見てわかることを挙げていきます。

脚質に傾向なし

好走馬の脚質に傾向はなく、逃げも追込みも勝負になります。

ただ勝ちに関しては差し追込み馬が若干ですが有利となります。

上がり順位は重要ではない

上がり最速馬が馬券になったのは過去4年で2回となっています。

上がり順位自体はそれほど重要ではありません。

ラストゴール前はスタミナ勝負になるという見方もできます。

好走馬の上がり3Fタイムの傾向は

過去4年好走馬の上がりタイムを見ると、36秒台の馬が大半を占めます

近走で上がり3Fタイムが36秒台で好走歴のある馬を狙っていきましょう。



まとめ

というわけで今日はチャンピオンズカップのデータ分析記事第一弾として血統と脚質データを見てきました。

ここで簡単にまとめておきましょう。

血統データ分析まとめ

  • 米国型ノーザンダンサー系が強い。特にヴァイスリージェント系。
  • ミスプロ系の血を持つ馬も好走する。
  • サンデー系を狙うならDサンデー系。

脚質データまとめ

  • 好走馬の脚質傾向はフラット。ただ勝馬に関しては差し追込みが有利。
  • 消耗戦になりやすいため、上がり順位は重要ではない。
  • 好走馬の上がり3Fタイムは36秒台の馬が中心。

以上が今日データ分析をしてみてわかったことです。

週松の予想には大いに活かしていきましょう。


次回は人気馬について見ていきます。
ご期待ください!


No Keiba , No Life.
以上Chelseaでした!