負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

'18セントウルS最終決断 馬券的中へ向けて予想と馬券の買い目

Chelseaです。

本日はセントウルS。
阪神芝1200mで行われる重賞(GⅡ)だ。

今週はセントウルSを1週間かけて
血統面
脚質面
人気馬
騎手面
と4つの記事に分けて特集してきた。

今日は1週間かけて考察してきたセントウルSの予想を書いていく。

予想のポイント

先ほども書いたが、今週は血統・脚質・騎手という3つのファクターと人気馬について考察してきた。
まずはその3つのファクターで考察してきたことを簡単にまとめておこう。

血統考察まとめ

  • 米国型の血を持つ馬が相性の良いレース。特にフォーティーナイナー系はコース適性も高い。
  • サクラバクシンオーの血を持つ馬の相性が良いレース。サクラバクシンオーはプリンスリーギフト系。この系統も要注意。
  • サンデー系は不振。割引で良し。

詳しくは↓
www.chelsea-kizuna.com

脚質考察まとめ

  • 勝ち馬は逃げ先行馬から。
  • 3着以内という観点で見れば、追込み以外の脚質成績は互角。
  • 上り3F順位が下位の馬が馬券になる消耗戦。
  • 逃げ馬を当てることが馬券的中へつながる。

詳しくは↓
www.chelsea-kizuna.com

出場騎手考察まとめ

  • 阪神芝1200mが得意な騎手は、デムーロ 福永 川田 松山 幸。
  • 調子の良い騎手は、デムーロ 北村友 和田 松山 森 武 福永。
  • 重賞実績のある騎手は、デムーロ 武 川田 福永。
  • 上記3つに全て該当する騎手は、デムーロ 福永。

詳しくは↓
www.chelsea-kizuna.com


予想と見解

ここからは私が選んだ本命馬と相手馬、そして選んだ理由を書いていく。
それでは早速本命馬から行ってみよう。

本命はラヴカンプー

父ショウナンカンプ 
母父マイネルラヴ 
前走脚質:先行 前々走脚質:逃げ 

父は好走血統のプリンスリーギフト系。母父も好走血統の米国型ミスプロ系。 
血統構成は完璧だ。 
前で競馬することが信条の馬で、今回もハナに立つことが予想される。 
脚質考察の記事でも述べたが、阪神芝1200mは逃げ馬を当てることが馬券的中への近道。 
この点はこの馬にとって有利に働くだろう。
近2走は重賞で馬券に絡んでおり、1200m戦では2-3-1-0と馬券圏内を外したことはない。 
阪神芝1200mは初めてだが、血統的にも脚質的にも適性は高そう。 
鞍上には、セントウルSが行われる条件、阪神芝1200mを得意とし、好調且つ大レースに強い三拍子揃ったミルコ・デムーロ。和田からの乗り替わりとなるが、ラブカンプーにデムーロが乗ったときの成績は2戦2着2回と、馬券圏内を外しておらず相性は抜群なので、この乗り替わりはプラスに働くだろう。
間違いなく3着以内には来ると確信したので、この馬に本命を打つことにした。

対抗はファインニードル

父アドマイヤムーン 
母父マークオブエスティーム 
前走脚質:差し 前々走脚質:先行 

父は好走血統のフォーティーナイナー系。母父は欧州型のネバーベンド系。 
今年の高松宮記念(GⅠ)勝ち馬で能力は折り紙付き。 
とにかく消耗戦に強い馬で、前走高松宮記念も所望戦での勝利。 
セントウルSも上り3Fタイムが下位の馬が馬券になるレースなので、この馬には合いそう。 
競馬相手なりに先行競馬もできれば差し競馬もできる自在性をもつ。 
昨年の当レースの覇者で、適性の高さは実証済み。 

予想印まとめ

◎ラブカンプー
○ファインニードル
▲ネロ
☆グレイトチャーター
△レジーナフォルテ
△アサクサゲンキ
△ラインスピリット
ネロは、父が好走血統の米国型の血統で、阪神芝1200mの条件が得意な好調騎手で、大レースに強い福永。
グレイトチャーターは、好走種牡馬のサクラバクシンオー産駒だ。

馬券の買い方

馬券はFプラン。
複勝◎
ワイド◎ー○
上記2点で勝負だ。